夢色パティシエール読売テレビ・日本テレビ系 毎週日曜日 朝7:00〜7:30放送
#04

「ケーキなんか大嫌いだ!」

2009年10月25日(日)7:00〜7:30
バックナンバーリストへ

高等部の生徒だけで運営されているサロン・ド・マリーで、生徒会長を務める校内一の天才・天王寺麻里と出会ういちご。
しかも、天王寺はアンリ先生の愛弟子である事を聞き、憧れの眼差しを送るいちごは、自分もお店で働きたいと言い出す。
そんないちごに、花房は安堂の実家の手伝いを提案。安堂の実家は『夢月』という和菓子屋をやっていて、週末はいつも手伝いに帰っていたのだった。

そして当日、樫野や花房とも一緒に『夢月』を手伝ういちごだったが、そこで安堂の弟・一太が何かと突っかかってきては、パティシエを目指すいちごたちに「帰れ」と言う。
安堂も同じ夢を持つのに、なぜそんなことを言うのか一太に聞くいちご。
ふと寂しげな表情を見せる一太だが、そこへ来た安堂を一瞥すると「ケーキなんか大嫌いだ」と叫び、走り去っていくのだった。
いちごは一太がケーキを頑なに嫌うのには何か理由があるはずと感じ、二人きりになって話をする。
そして、安堂の夢を知らない事が原因だと分かったいちごは、一太の為にスイーツを作ろうとする。

監修 / 青木定治(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ  オーナーシェフ) 協力 / 社団法人 日本洋菓子協会連合会 (C)松本夏実 / 集英社・夢色パティシエール製作委員会 2009