ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2018/06/30

NEWS01
NEWS02
NEWS03

薄氷の決勝トーナメント!賛否両論 西野采配

日本代表の運命を決めるポーランド戦。
会場となった
ロシア南部ボルゴグラードの気温は36度の猛暑に。
前回のセネガル戦から中3日、
選手たちの疲労が懸念される中、西野監督が大胆な決断を下す。
大幅な選手の入れ替えだ。

(西野監督)
「この3戦目で目に見えない疲弊ダメージがある
 出てない選手を起用したいという気持ちだけでメンバー変更したわけではない」

これまで2試合の
スターティングメンバーのうち、半数以上の6人を替えた。
主将の長谷部やこれまで得点した香川や大迫らがベンチスタートに。
代わってベテラン岡崎、
ワールドカップ初出場の武藤らが先発。

対するポーランド。FIFAランキング8位と
日本より格上だが連敗し、グループリーグ敗退が決まっている。
しかし「誇りのために戦う」として、勝利への意欲を示す。

前半12分、日本にチャンスが。

(実況)
「武藤から長友へ。岡崎がヘディングシュート」

(日本応援団)
「ああ~」

♪実況
「ミドルシュートもあります武藤がシュート」

攻撃をたたみかけるも得点を奪えない日本。

一方、ポーランドに決定的なチャンスが。

(実況)
「グロシツキがシュート、川島が止めた」

キーパー川島がゴールライン上
ぎりぎりのところで、スーパーセーブ。

ゲームキャプテンを託された川島。
これまでの2試合では、悔いの残るプレーが。

月曜日のセネガル戦。

川島がパンチングしてはじき出そうとしたボールが、
相手選手にあたり得点を許してしまう。


初戦コロンビアとの試合では…

相手の直接フリーキックの場面で、
ボールに手が触れながら抑えきれず。
国内外から
「川島を交代させるべき」との批判があふれた。
しかし、西野監督は3戦目も川島を起用。
試合前に並んで会見した。

(川島選手)
「日本代表としてプレーする中で批判されることに対して
 覚悟がなければこの場所にいないですし
 前の試合はチームメートに助けられたので、
 今度は自分がチームを助けられるように良いプレーをしたい」

その川島が、ポーランド戦で、汚名を返上。

ファインセーブでチームを救う。
しかし、後半14分。
ポーランドのセットプレーで試合が動く。

(実況)
「フリーキックからベドナルクがあーっと、
 先制点はポーランド」

日本はポーランドに
痛い先制ゴールを許してしまう。

一方、同じ時刻に別の場所で行われていた
コロンビア・セネガル戦は、0対0。
それぞれが勝ち点1を得た場合、
日本のグループリーグ敗退が決まることに。

日本に危機感が漂う。

(実況)
「コーナーキック柴崎、吉田ヘディング 外れた」

日本が自力で突破するためには、同点以上が必要だ。
その1点が、遠い。

こうした中…

コロンビアがセネガルから、一点を先制。
この瞬間、コロンビアがグループ1位に。

日本は2位に浮上。セネガルと勝ち点4で並ぶが、
警告などの少なさで日本が上回るためだ。
このまま試合を終えれば
日本のグループリーグ突破が決まる。

そこで西野監督が“覚悟の采配"。
後半36分、守りの要、長谷部を投入。
0対1の現状を維持し、
“このまま負けても良い”とする
コロンビア頼みの“他力作戦”に出たのだ。

結果にこだわる日本が時間稼ぎのボール回しを始めると、
地鳴りのようなブーイングが。

(実況)
「時間を使いますポーランドはもう来ません」

(ホイッスル)
「ピーッ」

日本は試合に敗れたものの、辛くも2大会ぶり3度目の
決勝トーナメント進出を決めた。

(西野監督)
「負けている状況をキープする自分、
 チームは非常に納得いかず、本意ではない
 ただ状況がそういう状況であり自分の中のプランになかった選択を迫られた中で、
 自分が選んだのが他力だった」

(日本主将・長谷部選手)
「最後は、見てくださる方にもどかしいゲームになった。
 これが勝負の世界なので。次のベスト16へ向けてやっていきたい」

3試合で、日本代表が見せた、執念。

(3試合の名場面)

西野ジャパンは日本時間の
来月3日未明決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦する。
これに勝てば、日本代表史上初の
ワールドカップベスト8入りが決まる。

NEWS04

BACK NUMBER

btnTop