ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2018/06/09

NEWS01
NEWS02
NEWS03

森友・財務省調査 佐川氏事実上改ざん指示を認定

(記者)
「大臣!本省からの指示はあったんですか!」
「大臣!責任はどのように考えていますか!」

決裁文書の改ざん発覚から3か月…

今週、ついに財務省の調査に結論が出た。

(麻生財務相)
「当時の理財局長が、方向性を決定づけ、
 そのもとで総務課長が関係者に方針を伝達するなど
 中核的な役割を担い、担当課長、担当室長が深く関与したと
 認定させて頂いております」

当時の佐川理財局長が事実上改ざんを指示したと認定。
停職3か月の懲戒処分に相当するとして、
退職金およそ5000万円から513万円を減額するという。

(安倍首相・去年2月17日)
「私や妻が関係していたということになれば
 総理大臣も国会議員も辞めるということははっきりと申し上げておきたい」

去年2月17日の安倍総理の発言。
報告書には、この答弁以降に昭恵夫人の名前が入った書類がないか
確認がなされたと記されている。

野党側は、この点を厳しく追及。

(国民民主党・今井雅人議員)
「「私と妻が関わっていたら辞める」という話ですね。
 この答弁以降、色んな協議がされて、
 改ざんが行われたと書いてありますから、改ざんは
 安倍総理の発言がきっかけだったということですね」

(麻生財務相)
「安倍総理の発言をきっかけとしてそういうことになったという
 事実は認められておりません」

(国民民主党・今井雅人議員)
「いや、そんな風には読めませんよ」

では、なぜ改ざんは行われたのか?

(調査報告書の内容より)
「国会審議において森友学園案件が大きく取り上げられる中で、
 更なる質問につながり得る材料を極力少なくすることが、
 主たる目的であったと認められる」

去年2月の安倍総理の答弁以降
財務省理財局と近畿財務局の幹部らは相談を重ね
文書の廃棄や改ざんに手を染めていく。

(調査報告書の内容より)
「応接録の取り扱いは文書管理のルールに従って適切に行われるものである」

総務課長は佐川氏から示されたこの考えを
“廃棄するよう指示されたもの”と受け止めたという。

国会では、国有地売却をめぐる文書を提出するように求められていたが、
これについて佐川氏は「このままでは外に出せない」と発言。

部下の間では、文書を書き直す必要があるとの認識が共有されたという。


一方、報告書からは改ざんをめぐり近畿財務局で
かなりの反発があったことがうかがえる。

(調査報告書の内容より)
「決裁文書の改ざんにも多くの職員が反発していたが、
 本省理財局の立場を慮って作業に協力したのが実態だと認められる」

(記者)
「なぜ財務省の方々はそこまでやらなくてはいけなかったのか?」

(麻生財務相)
「それが分れば苦労せんのですよ。分らないね。
 正直、俺たちから見てもどうしてそうなっちゃったのか、よく分りません」

安倍総理に対する忖度はあったのか…。
調査報告書に具体的な記述はなかった。

財務省の調査報告に対し与党自民党からは…

(竹下総務会長)
「当事者だけで作った調査報告書は信用できない。
 誰がどう指示し、動機は何だったのか?ストンと落ちない」

さらに野党は麻生大臣の辞任を求める集会を開いた。

(立憲民主・福山哲郎幹事長)
「麻生大臣が未だに大臣の椅子に居座って、
 まだあのような無責任な答弁を繰り返している。
 納得も理解もできないと言わざるを得ない」

(記者)
「野党からはなお、進退を問う声も上がっていますが…」

(麻生財務相)
「文書改ざんなどの問題はこれは極めてゆゆしき問題で、
 誠に遺憾だということを申し上げております。
 大臣の職責を果たして参りたいと考えており、
 進退については考えておりません」

(司会者)
「すみません、国会があるので以上にさせてください」

会見はわずか1分。これには記者からも…

(記者)
「会見やる意味ないでしょ」

安倍総理も麻生大臣の続投を改めて強調した。

(安倍首相)
「麻生副総理には先頭に立って責任を果たしていただきたい。
 責任を全うしていただきたい。このように考えております。」

(記者)
「総理!政治責任はどこにあるんですか!?」

(安倍首相)
「政治責任とは
 まさに、こうしたことが二度と起こらないように
 対策を徹底して講じていくことであろうとこのように思います」



NEWS04
NEWS05

BACK NUMBER

btnTop