ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2018/06/09

NEWS01

皇太子ご夫妻 ご成婚から25年

きょう、ご成婚から25年の銀婚式を迎えられた皇太子さまと雅子さま。
記者からの質問に答える形でコメントを発表されました。

お互いの点数について聞かれると―

(皇太子さま)
「点数を付けるのは難しいですが、
 今回は結婚10年の折の『努力賞』と『感謝賞』の
 ダブル受賞に加えて、
 銀婚式に因んで銀メダルも贈りたいと思います」

(雅子さま)
「今回、殿下からは、身に余る賞や『銀メダル』までいただけると仰って下さり、
 その寛大なお気持ちを大変ありがたく思いますとともに、
 金婚式に『金メダル』をいただけますかどうかは心許なく感じますが、
 これからも温かい家庭を築いていくことができますよう、
 私のできます限り努力していきたいと思っております」

(1993年6月9日結婚の儀)
「雅子さま~!きれい!」

25年前、誰もが魅了された、プリンセス スマイル。
         
しかし、この25年間、笑顔が曇るときもありました。

(雅子さま)
「伝統的な皇太子妃の在り方というものと 
 それから自分らしさというものをどのように調和なり
 バランスの良い接点というものを見出していくか その時々で苦心もいたします」

皇室という環境に「適応」する難しさなどから、
体調を崩された雅子さま。

皇太子さまは、常に気遣いを見せられました。

(皇太子さま)
「それまでの雅子のキャリアや
 そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」

そうした中、長女 愛子さまが誕生。

(雅子さま)
「本当に生まれてきてありがとうといういう気持ちで
 いっぱいになりました…生命の誕生」


(CM)

きょう銀婚式を迎えられた、皇太子さまと、雅子さま。
記者から家族とはどのような存在か問われたところ…

(皇太子さま)
「近年、インターネットやSNSの発達などもあり、
 スマートフォンといった電子機器を介してのつながりが広がる一方で、
 お互いに顔の見える人間関係が希薄になりつつあるといわれており、
 人と人とのつながりがこれまで以上に大切な時代になっていると思います。
 そして、私はそうした人と人とのつながりの基礎となるものが、
 家族、家庭なのではないかと思います」

(雅子さま)
「この25年の間、殿下と愛子と過ごしてきた日々を振り返りますと、
 私にとりまして家族とは、日々の楽しみを分かち合うことは元より、
 大変なことがある時には支え合い、
 また、うれしいことがある時には喜びを分かち合える、
 かけがえのない存在であると思います」

来年、天皇に即位される
皇太子さま。その抱負について―

(皇太子さま)
「次の時代の皇室の在り方については、
 両陛下も大事にされてきた皇室の長く続いた伝統を継承しながら、
 現行憲法で規定されている『象徴』としての天皇の役割を
 しっかりと果たしていくことが大切だと考えています。
 そして、象徴としての在り方を求めていく中で、
 社会の変化に応じた形で、それに対応した務めを考え、
 行動していくことも重要だと思います」

NEWS02
NEWS03
NEWS04
NEWS05

BACK NUMBER

btnTop