ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2018/06/02

NEWS01

米朝首脳会談、来月12日に再設定!

きょう未明、トランプ大統領は、
キムジョンウン委員長の親書を携えた、
キムヨンチョル統一戦線部長とワシントンで会談。

当初の予定通り米朝首脳会談を、
今月12日シンガポールで開催すると表明した。

(トランプ大統領)
「我々は6月12日にシンガポールで会談を待つ。
 私は1回の会談で終わるとは言っていない。
 これは一つのプロセスで米朝関係はとても前向きだ
 12日は何かにサインすることはない
 これはまだプロセスの始まりに過ぎない」

開催決定までには、
米朝による激しい駆け引きがあった。

水曜日の北京空港。
会談の行方を左右する北朝鮮高官の姿が。

キム委員長の最側近、キム・ヨンチョル統一戦線部長だ。

(キム・ヨンチョル統一戦線部長)
Q首脳会談は6月12日に?
「・・・(手で払いのける)」

これまで、2度の南北首脳会談に同席。
アメリカのポンペオ国務長官を出迎えるなど、
キム委員長の腹心として、対話攻勢を仕掛けるキーマンだ。

キム・ヨンチョル氏は、ニューヨークで2日間に渡り、
ポンペオ国務長官と事前協議を行った。

北朝鮮の高官が、アメリカを訪れたのは18年ぶり。
米朝首脳会談を何としてでも実現させたいという、
北朝鮮側の意気込みが透けて見える。


会談実現への期待は、金委員長も口にしていた。
トランプ大統領による中止発表から2日後、
板門店で急きょ行われた南北首脳会談で―

(金委員長の発言)
「できるかぎり最善の努力をはたして結果を出したい。
 アメリカと国際社会の環境、
 声が合わさってこそ南北関係の問題も解決でき、
 うまく進めていけるだろうから」

(韓国・文大統領の発言)
「金委員長はわが韓国でも、とても人気が高くなりまして
 とても期待が高まっています」

キム委員長の呼びかけで行われた南北首脳会談。
冒頭、金委員長には笑顔が浮かんでいたが、
焦りもにじませていたという。

(韓国 文大統領の発言)
「金委員長は、北朝鮮が非核化をした場合
 アメリカが体制の安全を保障してくれるのか心配している」

米朝トップの側近同士による会談では、
北朝鮮の「体制の保証」や「非核化の方法」などについて
詰めの話し合いが行われた。

会談を終えたポンペオ国務長官は―。

(ポンペオ国務長官)
「この72時間で大きな進展があった。
 米朝は正しい方向に進んでいる」

その一方、「やるべき仕事が残っている」とも述べ、
「非核化」を巡る双方の溝が埋まっていないことを示唆した。

「非核化」をめぐっては、段階的に進め、
同時に経済的な見返りを得たい北朝鮮に対し、
アメリカは、完全に核を放棄するまで見返りを与えないと主張、
ぎりぎりの交渉が続いている。

会談の開催が決まれば、舞台はシンガポールに。
その準備は、着々と進んでいる。

米朝の実務者らが話し合い、
四方を海に囲まれたリゾート・セントーサ島を会場とすることで最終調整に入った。

おととい、一緒に島のホテルの設備などを点検している様子が確認された。
島は、橋を遮断すれば警備しやすい利点があり、
北朝鮮側が推していた。

米朝首脳会談が現実味を増す中、各国の動きも加速。
おととい、ロシアのラブロフ外相が訪朝し、金委員長と会談した。

(金委員長の発言)
「我々は米国の覇権主義に対抗する情勢を築いていく上で
 ロシアと綿密な意見交換をする準備ができている」

キム委員長がロシアの外相と会談するのは初めてのこと。
ラブロフ外相は、
「非核化は段階を踏まなければいけない」と述べ、
北朝鮮を支持する立場を示した。

背景には朝鮮半島問題での"ロシア外し"に危機感を募らせているとの見方もある。

一方の日本政府。
安倍首相は今週、拉致被害者家族と面会した。

(安倍首相)
「近々日米の電話会談を行う予定です。
 そこでも改めて拉致問題解決の重要性について伝えたい」

(拉致被害者家族会 飯塚代表)
「われわれは今しかないという覚悟でおります。
 後はないという覚悟でおります。」

有本さん夫妻の最愛の娘、有本恵子さんが
ロンドン留学中に拉致されてから35年が経った。

(有本嘉代子さん)
「私の生存中に(娘に)帰ってきてもらわないと困ります」

これは恵子さんが行方不明になってから5年後、
同じ拉致被害者の石岡亨さんから家族のもとに突如、届いた手紙。

そこには「恵子さんと平壌で暮らしてる」という内容が綴られていた。

(有本嘉代子さん)
「ああよかった、生きてたわと思いました。
 これを(日本)政府に申し出たら、
 すぐ必ず向こうのトップと話して
(娘を)返してくれると・・・これが最後です。
 本当に拉致問題にとっては最後のチャンス。
 これを逃したら拉致問題はダメです」

安倍総理は今月7日にトランプ大統領と会談する。
米朝首脳会談が実現すれば拉致問題を取り上げるよう、
直接、要請する構えだ。

さらに、北朝鮮との直接対話について、
政府は―

(菅官房長官)
 Q日朝外相会談を模索して北朝鮮側に開催を打診したという報道があるが?
「報道は承知しているが
 現時点で何ら決まっていません」


NEWS02
NEWS03
NEWS04

BACK NUMBER

btnTop