ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2018/04/28

NEWS01
NEWS02
NEWS03
NEWS04

財務省突然の会見 福田氏のセクハラ認定

(麻生財務相)
「審議が止まるとか、また財務省の信頼を落としたとか
 その点に関して処分させていただく」

記者へのセクハラ問題で辞任した財務省の福田前事務次官。
きのうの朝、
麻生大臣はセクハラ行為の認定について言及していなかったのだが夕方には。

(財務省担当者)
「財務省といたしましてはセクハラ行為があったと判断し
 処分を行うことにいたしました。
 関係者のみなさまに深くおわびを申し上げます」

財務省は、テレビ朝日の会見に対する福田氏から明確な反証が無いとして
セクハラはあったと判断。
減給20%、6か月の懲戒処分を決めた。
福田氏が受け取る予定の退職金およそ5300万円から141万円を差し引くという。

この問題をめぐっては今週、
自民党の下村議員の問題発言も明らかに。

(下村議員の講演テープ)
「そんなの隠しテープでとっておいてね、
 テレビ局の人がですね、
 週刊誌にうるっていうこと自体がはめられてますよね。
 ある意味で犯罪だと思うけど」

下村議員は
「『ある意味犯罪』と述べたのは表現が不適切だった」と発言を撤回し謝罪した。

文書改ざんにセクハラと問題が相次ぐ財務省。
野党は麻生大臣の任命責任を追及しているが。

(記者)
「首相とどういう話をしましたか?」
(麻生財務相)
「・・・」

(記者)
「福田前次官の話はでましたか?」
(麻生財務相)
「・・・」

(記者)
「ご自身の進退に関する話は出ましたか?」
(麻生財務相)
「・・・」

自身の進退について記者の問いかけには応じなかった。

今週から始まった国会の集中審議。
安倍総理が重要法案と位置づける、働き方改革法案の審議だが野党6党は欠席。
 
(立憲・辻元国対委)
「野党の要求を拒否したまま
(審議入りを)強行するということ。 
 ちょっと信じられないですね」

野党の要求とは麻生大臣の辞任や元総理秘書官・柳瀬氏の証人喚問など。

与野党の攻防が激しくなる中、与党幹部からはこんな発言も。

(森山国対委)
「内閣不信任が出されれば、
 解散も一つの内閣の選択肢なのだろうなと思います」

国対委員長が突然、口にした解散の2文字。
翌日、安倍総理はこれを強く否定した。

(安倍総理)
「解散総選挙については
 私の頭の中にはまったくございません。
 これははっきりと申し上げておきたい」

一方で、野党再編の動きも…。
民進党と希望の党が新党・国民民主党を結成することに合意。
しかし合流しない議員も多く、
衆議院ではおよそ40人規模で立憲民主党には及ばず野党第2党となる見通しだ。

ゴールデンウィークを前に立憲民主党の枝野代表は。

(枝野代表)
「もし(解散という)暴挙に出ても、
 しっかりと勝ち抜いてこれるような
 1週間(ゴールデン・ウィーク)にしていただきたい」

国際情勢が目まぐるしく動くなか
国会正常化の糸口は見えないままだ。

BACK NUMBER

btnTop