ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2018/08/11

NEWS01

沖縄県・翁長知事 死去

アメリカ軍普天間基地の
辺野古移設反対を貫いた翁長知事。
きのう通夜が営まれた。

(菅官房長官)
「普天間飛行場辺野古移設について、
 意見は分かれていましたけど、
 沖縄の振興策について話し合ってきた。思い出深い。」

今年4月、膵がんであることを公表した翁長知事。
腫瘍の摘出手術を行い、治療を続けながら公務に復帰したが、
その後、容態が悪化。今週水曜日に亡くなった。

2014年の沖縄県知事選挙。
辺野古移設反対を掲げた翁長氏と、
移設推進を掲げた現職、仲井真氏との対決。
およそ10万票の差をつけて翁長氏が勝利した。

あれから4年。
移転を推し進める政府の方針に真っ向から反対しつづけてきた。

(安倍首相)
「辺野古への移転が唯一の解決策であると
 こう考えているところでござまして」

(翁長知事)
「世界一危険だから、沖縄が負担せよ、
 嫌なら代替案を出せと言うこんな理不尽なことはないと思います」

最高裁までもつれる法廷闘争も繰り広げられたが、
結果は沖縄県側が敗訴。
残された手段として翁長知事が取ったのは、
辺野古埋め立て承認の「撤回」だった。

(翁長知事)
「20年以上も前に決定された辺野古の基地移設を
 見直すこともなく、強引に推し進める政府の姿勢は
 到底容認できるものではありません」

沖縄の民意を背負い国との厳しい闘いの先頭に立ち続けた翁長知事の訃報。

今後の焦点となるのが、県知事選挙だ。
その行方は…

(自民党関係者)
「弔い合戦という、1番恐れていたシナリオになってしまった」


(CM)



病と闘いながら、最後まで公約の実現に尽力した翁長知事の訃報。
今後、普天間基地の辺野古移設はどうなるのか。

最大の焦点が、11月に予定されていた沖縄県知事選挙だ。
翁長知事の死去を受け、9月下旬に前倒しされる見通しとなっている。

与党が推す佐喜真宜野湾市長が立候補する意向を表明。
一方、移設反対派は候補者を早急に決めるとしている。

政府与党内からは…

(自民党関係者)
「弔い合戦という、1番恐れていたシナリオになってしまった」

(政府高官)
「すさまじい戦いになるな」

突然の訃報は基地移設に
どの様な影響を及ぼすのだろうか。

NEWS02
NEWS03
NEWS04

BACK NUMBER

btnTop