ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2018/06/16

NEWS01

レスリング パワハラ問題 栄氏会見も原因は・・・

金メダリストの伊調馨選手も育てた栄和人氏。
10年前、2人には強い師弟の絆があった
その栄氏はおととい。

(栄和人氏)
「まず伊調選手、田南部コーチに深くおわび致したいと思います」

日本レスリング協会に4件のパワハラが認定された栄氏。
すでに協会の強化本部長は辞任しているが、
現在も至学館大学の監督は続けている。

(栄和人氏)
「学長から「監督、全員があなたの指導を受けたいって言ってるよ」という言葉を
 聞いたときに私は、選手の前でほんとにこの子たちをどうにかしてあげたいと」

パワハラ認定から2か月を経ての謝罪会見。
その直後には世界選手権の代表選考を兼ねた大会が始まった。
至学館大学のセコンドには副学長になった吉田沙保里さん。
この時、栄氏は谷岡郁子学長とスタンドから観戦していた。
栄氏の復帰を後押しした谷岡学長は大会初日終了後…。

(至学館大学 谷岡学長)
「まだ“病院通い”しておりますし、
 “不眠症のままで1時間以上続けて眠れないような状態”ですけれども。
 ですから、今回の囲み取材については心配しましたけど、
 でもどこかでけじめをつけなきゃいけないと思いますから
 今回の取材なんだと思います」

しかしこうした会見にパワハラを受けた
田南部コーチと伊調選手が納得しているとはとても見えない。

(田南部コーチ)
「ナンセンスです」

(澤内氏)
「(伊調選手は)『詫びは結構です』って話でした」


(CM)


伊調選手と田南部コーチへの
パワハラについて栄氏はその理由をこう述べた。

(栄氏)
「ほんとに、自分の中ではその場その場の中での
 コミュニケーション不足が招いたのかなあと思っております」

「(原因は)“コミュニケーション不足”」

これを聞いた“パワハラされた側”の田南部コーチは…

(田南部コーチ)
「全くナンセンスです
 “コミュニケーション不足”は意味が分からない
 ちょっと考えられないですよね」

謝罪会見では、今後は協会を通して
伊調選手に直接会って謝罪したいと明かした栄氏。

いっぽう、伊調選手は
栄氏の会見の2日前、中学まで指導を受けた恩師、
澤内和興氏に電話でこう話したという。


(澤内氏)
「内閣府の結論もでてないし
 評議員会もまだ
  終わってないしってことで」
「『詫びは結構です』って
          話でした」

日本レスリング協会は栄氏の常務理事解任を決めていて、
今月23日に開かれる評議員会で正式決定する見通しだ。

NEWS02
NEWS03
NEWS04
NEWS05

BACK NUMBER

btnTop