ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2018/01/20

NEWS01
NEWS02
NEWS03

北朝鮮が平昌オリンピック参加表明で韓国は合同チーム結成も

今週、アメリカの
北朝鮮研究機関「38ノース」が
北朝鮮の海軍造船所の衛星写真を公開。

SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルの
発射実験に向けた準備が最終段階に入っている可能性があると指摘した。

核・ミサイル開発を続ける北朝鮮。
一方で、平昌オリンピック参加に向けた動きも加速している。

おととい、北朝鮮の関係者が
IOC・国際オリンピック委員会の本部がある
スイス・ローザンヌに到着した。

(記者)
「北朝鮮の参加選手は(4種目で)10人になるという話がありますが?」
(北朝鮮・張雄IOC委員)
「まだ分かりません」

平昌オリンピック組織委員会によると
北朝鮮側は
「フィギュアスケート・ペア」
「クロスカントリー」
「アルペンスキー」・「アイスホッケー女子」の4種目に参加する意向を
示しているという。

軍事境界線のある板門店では
北朝鮮と韓国が南北協議を開き合意した内容を発表。

(北朝鮮祖国平和統一委員会)
「南と北は、平昌オリンピックの開会式に
 統一旗を前に立たせ合同入場し、
 女子アイスホッケー種目で南北合同チームを構成することにしました」

2006年のトリノ・オリンピックでも
韓国と北朝鮮は合同で開会式に参加し統一旗を持って入場。
南北の融和をアピールした。
しかし10年以上たった今も国境線に変わりはない。

南北合意で北朝鮮は
平昌オリンピックに230人規模の応援団を派遣することを表明した。
その中には「女性応援団」、いわゆる「美女応援団」も含まれる可能性が浮上。

金正恩委員長の指示で作られた馬息嶺スキー場での合同練習や
金剛山地域での開幕前の文化事業の共催も合意された。
これは韓国側が提案したもので
北朝鮮でイベントを開催することで南北の融和をアピールする狙いがあると見られる。

そして最も注目されるのが、
女子アイスホッケーに南北合同チームで参加すること。

女子アイスホッケーを視察した文大統領は。

(韓国・文在寅大統領)
「北朝鮮と合同チームを作ったからといって戦力が高まるとは思いません」

それでも南北合同チームで臨めば歴史の名場面になるとその意義を強調した。

だが、当の選手と監督からは。

(韓国代表選手)
「五輪出場権を獲得してきたのは私たちだ。
 どうして政府が一言の相談もなく一方的に
 合同チームを進めることができるのか分からない」

(代表監督)
「選手にも(精神的な)ダメージがあると思います」
「オリンピック直前にこんなことが起きて私もショックです」

今回の合意内容についておとといの北朝鮮・労働新聞は。

(労働新聞)
「われわれの提案と誠意ある努力で開かれた南北対話が良い結果を生み
 関係改善の突破口が開かれた」

南北合意は自分たちの努力の成果だと強調。
一方で一部の韓国メディアは「スポーツの政治利用だ」と批判。

韓国国内で賛否はわかれている。

(ソウル市民)
「一緒にスポーツをすることで
 早く(南北が)統一すればいいと思います」
「平昌オリンピックというタイトルを利用して
“統一”の枠組みを無理矢理つくろうとしている」
「選手団が来るのはいいけど
 私たち国民の税金で(北朝鮮)選手団の食事を準備したり支援するのは
 誤りではないかと思います」

韓国と北朝鮮、平昌オリンピック組織委員会とIOCは
きょうにも4者会談を開き、
北朝鮮の参加種目や選手団の規模などについて正式決定する見通しだ。

一方、カナダでは北朝鮮への制裁について協議するため、
世界20か国の外相が集まった。

(ティラーソン国務長官)
「我々は一つの政策・ゴールを共有している。
 より効果的な制裁履行を通じ北朝鮮へ圧力を一層強める方法を議論した」

会合に中国やロシアは不参加、
さらに南北対話に対する認識では参加国の間で温度差も見られた。

(河野外相)
「北朝鮮の「微笑外交」に目を奪われてはならない。
 今は圧力を緩和するときでも 北朝鮮に報いる時でもない。」

これに対し韓国の外相は
南北対話が「核問題の平和的解決につながることを期待する」と強調。
トランプ大統領も南北対話に期待を示す発言を続けていて、
日米韓の足並みの乱れが露呈したともいえる。
北朝鮮の揺さぶりにどう対応していくのか、不安を残した形だ。

そんな中オリンピック開会式の前日に
北朝鮮が軍事パレードを行う可能性が浮上。

韓国・聯合ニュースは北朝鮮で平壌郊外の飛行場で、
1万2000人の兵士と車両50台を動員して、
軍事パレードの準備を進めている様子が確認されたと報じた。

巧みに使い分ける北朝鮮。
この国の真の狙いはどこにあるのだろうか。

BACK NUMBER

btnTop