ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2017/09/23

NEWS01
NEWS02
NEWS03

どうなる衆議院解散 大義は?

永田町に「解散風」が吹き荒れている。
安倍総理の口から
「解散」の言葉が出たのは今週月曜日。

(安倍首相・18日)
「衆議院の解散については帰国後に判断したい」

総理はこの後、
国連総会が開かれるニューヨークへ。

現地では選挙公約を意識したとも取れるスピーチを行った。

(安倍首相)
「これまでの社会保障はリタイアした
 高齢者への給付が中心でした。
 これを現役世代に振り向ける、
 全世代型の制度に改革していきます」

政府・与党は、
今月28日に召集される臨時国会冒頭に解散し、
来月10日公示、
22日投開票の日程を軸に調整を進めている。

自民党の二階幹事長はおととい経団連と会談。
早くも選挙モードに入っている。
 
(自民党・二階幹事長)
「我々の仕事は選挙に勝たなきゃどうしようもないわけです。
 自民党にご支援を下さるよう心からお願いを申し上げる」

公明党も、おととい
小選挙区で議席を持つ現職9人の擁立を早々と決めた。

(公明党 山口代表)
「(首相が)解散にはっきり明言するようであれば、
 早速その戦いに入らなければなりません」

対する野党・民進党は―。

(民進党 前原代表)
「まさに森友・加計問題から逃げた疑惑隠し
 敵前逃亡の解散だと言われても仕方ない」

安倍総理は先月、
内閣改造を行ったばかり。
「仕事人内閣」と命名した矢先の「解散」。

(共産党 小池議員)
「仕事人内閣とか仕事師内閣とか言っているが、
『仕事しないかく』になっているんじゃないか」

自民党内からも苦言が。

(自民党 石破元幹事長)
「この解散の意味って何なのかって大勢の人が思っている
 国民に何を問うのか明確にする必要がある」

選挙の公示日となる見通しの来月10日は
北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日と重なる。
挑発行動に踏み切る可能性があり
解散による「政治空白」が懸念されている。

(記者)
「政治空白は生じない?」
(菅官房長官)
「当然 最優先として
 国民の生命と平和な暮らしを守るための対応策というのは、
 万全の態勢で常に臨んでいる」

なぜ、このタイミングで「解散」なのか。
理由の1つとされるのが安倍内閣の支持率回復だ。

森友・加計問題で「支持」は落ち込んだが、
”北朝鮮危機”への対応や内閣改造が評価され
今月、再び「不支持」を上回った。

さらに今月民進党幹部だった
山尾志桜里議員が不倫疑惑で離党するなど、
民進党の足並みの乱れを突いたという見方も。

そして、この人の存在も
解散を後押ししたと見られている。

小池都知事に近い若狭議員と細野議員らは、
早ければ来週火曜日にも新党を結成する方針だ。
参加予定者からは、
小池知事に党首の就任を求める声が出ている。

安倍総理には"小池新党"の準備が整う前に、
選挙に打って出る狙いがあるという見方も。

小池知事は、どう動くのか。

(小池都知事 きのう)
「都政に専念しているのはその通りです。
 改革を進めるにはしがらみがないのが
 一番重要だと思っていまして、
 その意味で若狭さんのやっている流れは
 そこを目指しているわけで応援していきたい」

党首就任について明言しなかったものの
新党への関与には前向きだ。

知事と国政政党トップ、
2足のわらじをはく維新の松井代表は、
小池知事にこうエールを送った。

(日本維新の会 松井代表)
「やっぱり皆さん、期待しているのは小池さんなんじゃないですか。
 若狭さんや細野さんに期待しているかと言えば
 『違うだろー』ってやつでしょ」

総理が「解散」に踏み切る
”胸の内”について専門家は―。

(日本大学 岩井奉信教授)
「この機を逃すとこの後なかなか
 厳しいのではないかと思われたと思いますね。
 国会を開けば加計・森友問題の追及を受けて、
 また支持率が下がる可能性が高い。
 来年は任期満了が近づいてきますし
 ご自身の再選の問題も関わってくる。
 なかなか解散時期が見通せない」

肝心の争点は?

(安倍首相)
「幼児教育の無償化も進め子育てしやすい環境を整備します」

安倍総理は、再来年に消費税率を今の8%から10%に引き上げる際、
増税分の使い道を変更し
国の借金返済から子育て支援に付け替えることを
目玉公約に掲げる構えだ。

そのほか、5年目を迎えた「アベノミクスの是非」や、
安倍総理が自衛隊の位置づけを明記するとした
「憲法改正」などが争点になる見通しだ。

「勝敗ライン」については―。

(日本大学 岩井奉信教授)
「10~20議席(失う)ならば責任を問われることはないと思うが
 30議席負けますとやはり公明と合わせると
 3分の2を割り込むことになるので
 当然責任が問われることになりますし、
 安倍さんがやりたい憲法改正等々についても
 なかなか難しくなってくるということで
 安倍内閣自体が死に体になる可能性がある」


昨夜、帰国した安倍総理。
来週月曜日に会見を開き
国民に解散の理由を説明する方針だ。

BACK NUMBER

btnTop