ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2017/09/16

NEWS01
NEWS02
NEWS03

3つに分裂した山口組 長田区射殺事件・・・新たな抗争勃発か

任侠山口組。
その代表が標的だったのか…。

神戸市長田区の住宅街。
銃声が響いたのは火曜日の午前10時すぎ。

(目撃した男性:
「被害者の方が撃ってみんかいという言葉を発したと思う。
 それを聞いて発砲した」

拳銃で頭を撃たれ死亡したのは、
任侠山口組の織田絆誠こと金禎紀(きんよしのり)代表の
ボディガードと見られている楠本勇浩さん。

現場は金代表の自宅のすぐ近くだ。
代表らが3台の車で自宅を出発。
幹線道路に出ようとしたとき
金代表が乗っていた先頭車両に襲撃グループの車が衝突。
その直後、楠本さんは銃撃された。

その様子を
近くに設置されていた防犯カメラが捉えていた。

金代表を乗せた1台目の車と
後ろに続く2台目が通りを通過。
3台目も後に続こうとするが突如、停車。

そして、2台目の車がバック。
この直後に、銃撃事件が起きたと見られている。

このとき、画面左上に黄緑色の服を着た人物が…。

この不審な人物は別のカメラにも映っていた。
拳銃を持っているように見える。

もともと1つだった指定暴力団山口組。
しかし、おととし8月。
司忍こと篠田建市組長率いる「六代目山口組」と、
井上邦雄組長率いる「神戸山口組」に分裂。
さらに…。

(任侠山口組結成式)
「今から新組織の立ち上げを行うものと見られます」

「神戸山口組」の幹部の一部が離脱し
新たな組織である「任侠山口組」の結成を表明したのだ。

そして、結成を表明した4月に続き
先月末にも行った異例とも言える2回の記者会見。
繰り返し訴えていたのは…

「神戸山口組となり井上組長による数々の悪政が
 始まった訳であります」

かつて配下だった者からの
神戸山口組、井上組長への痛烈な批判だった。

(NPO法人代表 竹垣悟氏)
「あの内容聞けば井上組長は腹立ちますよね」

8月の記者会見が今回の銃撃事件の原因だと話すのは
暴力団から抜けた人の自立・更生を支援する
NPO法人代表、竹垣悟氏。

(NPO法人代表 竹垣悟氏)
「確実に織田代表狙いの今回の襲撃事件ですわ。
 あそこまでこき下ろされて
 これやくざ生命かけなあかんと」

警察は、神戸山口組と任侠山口組、
暴力団同士の抗争が激化する
恐れがあるとみて警戒を強めている。

(NPO法人代表 竹垣悟氏)
「これ当然やられたらやり返す。
 やくざの論理やからね。
 やり返さないと自分のところの統制がとれないからね」

BACK NUMBER

btnTop