ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2018/01/13

NEWS01

北朝鮮は融和攻勢!?南北閣僚級会談

平昌オリンピックまで1か月を切った中、着々と行われている聖火リレー。
日本の荒川静香さんや高橋大輔さんも参加していた。

国を超え世界を繋ぐ平和的なイベントの裏側で…
    
去年11月、北朝鮮の兵士が強硬突破し亡命した板門店…。
その軍事境界線を北朝鮮の代表団が穏やかな様子で越えてきた。
    
<韓国 チョ統一長官>
「お会いできてうれしいです」

南北閣僚級会談は冒頭から北朝鮮のペースだった。

<北朝鮮 リ代表>
「国中の同胞に新年最初の“贈り物”として“価値ある結果を渡したいと思う」

“贈り物”に例えて、韓国側も…

<韓国 チョ統一長官>
「私たちの民意に応えられる良い“贈り物”が出来るように努力したい」

そして北朝鮮側は、会談のすべてを公開するよう提案。

<北朝鮮 リ代表>
「会談を公開して中継で全民族に伝えるのはどうですか?」

しかし韓国側は応じず“密室会談”となった。

…何が決まったのか!?

<2005年 アジア陸上競技会での北朝鮮女性応援団>
♪~お会いできてうれしいです~
 ~お会いできてうれしいです~

かつて、キム・ジョンウン委員長の妻であるリ・ソルジュ夫人と
見られる姿もあった女性応援団を平昌で見られるかもしれない…。

合意項目の1つ目は、北朝鮮の平昌オリンピック参加。

選手団に加え、応援団や芸術団などの代表団が派遣される。
その一員として名前が挙がっているのが
キムジョンウン委員長の妹、キムヨジョン氏だ。

スポーツ交流を通じて融和ムードを演出。
オリンピックをテコにアメリカと韓国との関係に
くさびを打ちたい狙いが垣間見える。

<韓国 ムン大統領>
「行き詰っていた南北関係が復元されました。
 北朝鮮が平昌オリンピック参加に合意しました」

合意項目の2つ目は“軍事的緊張状態の緩和”
南北の偶発的な衝突を防ぐため軍事当局間の会談を開くとしている。

そして、合意項目の3つ目が“南北の問題は同じ民族同士で解決する”こと。
北朝鮮は、会談前から朝鮮半島の統一をはじめ、
数々の問題は、アメリカなどの「外部勢力」を排除し、
南北間のみで解決すべきだと主張していた。

一方、国際社会が注目する北朝鮮の核・ミサイル問題。

韓国側が“対話”に応じるよう促したが
北朝鮮側は黙って聞いているだけだったという。そして…

<北朝鮮 リ代表>
「我々が持っている原爆や水爆、大陸間弾道ミサイルは
 全てアメリカを狙ったもので、同族を狙ったものではない」
      
声を荒らげる場面もあった。

結局、会談はおよそ11時間に及んだ。

<北朝鮮 リ代表>
「きょうのように短時間に全民族が願っている、
 このような共同発表文が採択されたことはなかったと思う。
 新年初めての贈り物がお渡しできた会談だった」

<韓国 ムン大統領>
「始まりの段階ですが、ようやく第一歩が踏み出せました」

ムン・ジェイン大統領は、北朝鮮との融和ムードに前のめり。
首脳会談も必要ならば行うとしている。
それはトランプ大統領も…

<アメリカ トランプ大統領>
「おそらく私は、キム・ジョンウンと非常にいい関係にある。
 私は人間関係が築ける。ある日突然、誰かが私の親友になる」

ウォールストリートジャーナルのインタビューで
米朝外交交渉の可能性を示唆したのだ。

一方、ニッポンは…

<日本 菅官房長官>
「日米韓、3か国で協議しながら北朝鮮に対して政策を変えさせるまで、
 あらゆる手段を通じた圧力を最大限まで高めていく方針に全く変わりはない」

北に急接近する韓国…。
交渉をちらつかせるアメリカ…。
ニッポンは“ハシゴを外される”のか!?

どうなる…?日米韓の北朝鮮包囲網。

NEWS02
NEWS03
NEWS04

BACK NUMBER

btnTop