ウェークアップ

毎週土曜 あさ8時〜

辛抱
ウェークアップ

NEWS

2017/08/19

NEWS01
NEWS02
NEWS03
NEWS04

日韓合意の精神は・・・”慰安婦像”が路線バスに

72回目の終戦の日。

(黙祷)

全国戦没者追悼式では、
犠牲となったおよそ310万人に
黙祷がささげられた。

(天皇陛下)
「過去を顧み、深い反省とともに
 今後、戦争の惨禍が再び
 繰り返されないことを切に願い、
 世界の平和と我が国の
 一層の発展を祈ります」

天皇陛下は3年続けて
「深い反省」という表現で
お言葉を述べられた。

安倍総理は今年も
靖国神社への参拝を見送り
代理が「自民党総裁 安倍晋三」と記帳、
私費で玉串料を納めた。


閣僚は、誰も参拝せず。
終戦の日に閣僚が参拝しなかったのは、
2012年の
第2次安倍政権発足以来初めてだ。

しかし、安倍総理が
靖国神社に玉串料を
奉納したことなどを受け、中国からは批判の声が。

(華春瑩報道官)
「日本は侵略の歴史を直視し、
“深く反省して”
 実際の行動でアジアの隣国の
 信頼を得るよう望む」

一方、韓国では、
終戦の日の前日・今月14日から
ソウル市内を循環する
路線バス5台の座席に
慰安婦像を座らせ運行を始めた。

座席に固定された
プラスチック製の像。
異様な光景だ。

日本大使館の近くに設置されている
慰安婦像と同じデザインで、
バスの運行会社側が設置を申し入れ、
管理者のソウル市がこれを認めた。

ソウル市民の間では、
「行き過ぎた政治的なパフォーマンスだ」
といった批判の声がある一方で、
視察した朴元淳ソウル市長は
日韓合意についてこう語ったという。

(朴元淳市長)
「国民が気持ち的に納得できる
 新たな合意に至るべきだ。」

さらにソウル中心部の駅前には
戦時中、日本に徴用された
労働者“徴用工”の銅像が設置された。

設置した労働組合などは
日本企業を相手取った
損害賠償訴訟を韓国で起こし、
日本企業の敗訴が相次いでいる。

韓国の文在寅大統領は
日本の植民地支配からの解放を祝う式典で
慰安婦問題などについて
被害者の名誉回復と補償などを
求める姿勢を強調した。

(文在寅大統領)
「被害者の名誉回復と補償、
 真相究明と再発防止の
 約束という国際社会の
 原則があります。
 日本の指導者たちの
 勇気ある姿勢が必要です」


さらにおととい、
就任100日に合わせ開かれた会見で
「解決済み」としてきた
“徴用工”への補償について
「個人の請求権は残っている」と
これまでの韓国政府の立場と異なる認識を示した。

日本政府はこの発言に対し、
「日韓両政府の間で
請求権の問題は解決済みだ」として韓国側に抗議。

菅官房長官は
慰安婦像を乗せたバスについて
韓国側に適切な対応を取るよう
要請したことを明らかにした。

(菅官房長官 15日)
「現在 日韓双方が未来志向の関係を
 発展させようと努力している最中に
 本件がそのような努力に
 水を差すことになりかねない。
 このことを懸念してます」

韓国国内で相次ぐ“反日”の動き。
今後の日韓関係に
どのような影響を与えるのだろうか。

NEWS05
NEWS06

BACK NUMBER

btnTop