#4 魔法のようにすーっと眠れる裏ワザ

私の守護神 ウラーザくん

裏ワザ記事

太田ウラーザくん直伝!
「魔法のようにすーっと眠れる裏ワザ」(All About記事より抜粋)

香りによる心理的効果は個人差が大きく、香りを嗅いだ人がどのタイプの香りに敏感かによっても左右されます。現在、科学的な研究により、眠りを誘うことが実証されている香りは以下の4つ。
  • •ラベンダー
  • •セドロール(シダーウッド)
  • •コーヒー
  • •タマネギ
特にここでは「タマネギ」についてご紹介します。
刺激を感じない程度の匂いが効果的。匂いがきついと逆効果になるのでご注意を 玉ねぎやネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウなどの独特な刺激臭や辛みのもととは、「硫化アリル」という物質です。硫化アリルには、気持ちを落ち着かせて眠りを誘う効果があります。 西洋の民間療法の中に、タマネギの匂いで寝つきを良くするというものがあります。私が協力した実験では、いつもは昼寝をしない幼稚園児に玉ねぎの匂いをかがせて、眠るかどうかを調べました。匂いのない部屋で昼寝をさせようとしたグループは、案の定、眠ってくれませんでしたが、刻んだ玉ねぎをおいた部屋では、ほとんどの子どもが自然と昼寝してくれました。幼稚園の先生方も、玉ねぎの催眠効果にはとても驚いていました。
ただし、匂いが強すぎると逆効果。大人を対象に行った実験では、玉ねぎの匂いに気づいた人は寝つきが良くなりませんでした。匂いがするかしないかぐらいの少量を、寝床の近くに置いておくとよく眠れるようです。
「タマネギ」以外の香りについては…

裏技