読売テレビ・日本テレビ系 全国ネット 毎週日曜あさ7:00

今までのお話

#90

2014年1月18日

『小っちゃいメモとでっかいお守り』




六太が次に月へ行く日本人に決まり、ビンスの控えとして新しい訓練を始めた頃、日々人はPD(パニック障害)を克服できたか確かめるための、復帰試験を受けようとしていた。

NASAの幹部たちが目を光らせる中、プールサイドで運命の時を待っていた日々人は、事前に六太から渡された『お守り』を見つめる。そのお守りとは、プリティ・ドッグの手鏡だった。手鏡は三面鏡になっており、肉球を押すとパカッと鏡が開く仕掛けになっていた。そしてそこには、六太からの小さなメッセージカードが入っていたのだ。

『調べてみたところ、PDの発作対策として、自分を客観視するといいらしい』

『客観視』という言葉に、日々人は子供の頃、六太と発見した出来事を思い出す。三面鏡で自分を見ると、誰かの目で見ているように感じられたのだ。この手鏡は、日々人にとってもってこいのお守りだった。

ついに入水の時——。
宇宙服を着た日々人は、管制官の指示でプールの中に沈んでいた。底に着いても発作はなく、出だしはうまくいったようだった。しかし、問題はこの後。

日々人は試験中ずっと監視され、ダイバーたちに囲まれ、動きづらい宇宙服の閉塞感の中、薄暗い水中で作業をするのである。今の日々人は、いつ発作が起きてもおかしくない状況だった。

そして、突然日々人の耳元で警報が鳴る。
トラブルが起きたと思わせるグリーンカードで、日々人のヘルメットのディスプレイに、『二酸化炭素濃度が上昇中』と表示されたのだ。トラブルを見越していた日々人は、慌てず正しい処理をする。
だが、なぜか警報が消えない。
実はさらに、NASA幹部・ゲイツによって、スタッフにも知らされていない、極秘の危険演出が行われていたのだ。鳴りやまぬ警報の中、平静を保とうと、努めてなにもないよう振舞う日々人。

『来んじゃねーぞ! PD野郎!』
焦りの中でふと腕を見ると、その視線の先には、六太に貰ったお守り『PDの手鏡』があり——?



#89

2014年1月11日

『最後の言葉』




日々人から自分がPD(パニック障害)だと告白された翌日、六太は寝不足だった。

家に帰ってからも気になってしまい、PDのことをネットで調べたり、あれこれ考えているうちに朝がきてしまったのだ。

『日々人なら楽勝で試験に合格できるはず』
そう信じつつも、六太は心配していた。

新しい訓練が始まる日——。
NEEMO訓練で高い評価を得て、次に月へ行く日本人に選ばれた六太は、先輩宇宙飛行士・ビンス(ビンセント・ボールド)と行動を共にしていた。実際に月へ行く前に、『控え』の経験を積むため、ビンスのバックアップクルーに任命されたのだ。
これからビンスとは一蓮托生、二人三脚で宇宙を目指す。
にも関わらず、寝不足でフラフラな六太にビンスが言及する。

「ミスター、ナンバ。これから君は、私と同じマニュアル書を読み、同じ船室の空気を吸い、同じシートに座り、同じ訓練を受けるんです。私のリズムについて来られるようにして下さい。それが、私のバックアップクルーに選ばれた者のつとめです」

その頃、ケンジと新田は——。
六太が選ばれたことをバトラーから聞いた2人は、もう自分たちが『月へは行けない』と自覚していた。これまでの月の訓練はなんだったのか、六太が選ばれたことに不服はなかったが、今後自分たちがどうなっていくのか、不安になっていた。
そんな矢先、2人に新たな訓練を始めるよう、辞令がでる。それは、無重力環境訓練施設で、船外無重量訓練をするというもの。その意味は、『ISSへ行くための訓練をしろ』ということだった。新たな希望を与えられたケンジと新田は、新しい道を進み始める。宇宙飛行士をやめない限り、宇宙へはきっと行けるのだ。

日々人、復帰試験の日——。
プールサイドから、NASAの幹部達、バトラー、ローリーやオリビアが見守る中、ついに試験が開始されようとしていた。
日々人の顔は自信に満ちているが、果たして無事乗り切ることができるのか——?



#88

2014年1月4日

『プリティ・ドッグ』




バトラー室長に頼み、PD(パニック障害)を克服したと証明する、『復帰試験』を受けることになった日々人。だが、試験への気合は十分だったが、失敗したら二度と宇宙へは行くことができない。そのため、不安を感じていた。

その不安を少しでも和らげようと、亡きブライアンの墓参りをする日々人。
彼の生前、何かに悩んだ時に問いかけると必ず答えが返ってきた。
日々人はその存在を今でも頼ってきたのだ。

『NASAの上官たちの見てる前で、もし発作が出てしまったら——。あんたなら……どうするブライアン……』

この日はブライアンの命日だったため、墓地には吾妻もきていた。
悩み苦しんでいる日々人に、吾妻は一つアドバイスをする。

『ヒビトも壁にぶち当たったときは、俺たちの兄貴に話しかければいい。それでもダメなら、本当の兄貴に話せばいい。お前にはいるだろ——もう一人の兄貴が』
日々人の心の中にいるブライアンも、兄・六太に相談しろと言っているようだった。

その夜、日々人は六太を呼び出し、いま自分がPDで、前線から外されていることを告白した。さらに日々人は、来週には復帰試験をするというのに、ここへ来る時、タクシーで見た悪夢が原因で、また発作が出てしまったことを話す。予想以上に深刻な相談を受けた六太だったが、弟・日々人の悩みを受け止めようとしていた。
そして、今後また発作が出そうになったらこうつぶやけとアドバイスをする。

『来たなこのPD野郎、プリティ・ドッグめ』
そうすれば、いやでもプリティ・ドッグに似たアポの顔を思い出せるからだ。

帰り際、六太は日々人に、『タクシーの中で発作が起きて安心した』と伝えた。それは、宇宙服を着ているかどうかは発作と関係ないということが証明されたからだった。
憧れ続けた宇宙服が原因であるはずがない。宇宙服は六太たちの味方なのだ。日々人にとってPDの意味はパニック障害ではなく、プリティ・ドッグに変わっていた。



#87

2013年12月21日

『自分の場所へ』




PD(パニック障害)を克服するため、極秘でリハビリを続けていた日々人は、その夜、イヴァンに送って貰った『オリガの成長記録ボリューム・ツー』を観ていた。

映像の中のオリガは11歳。
上手くなったオリガのバレエに、日々人も喜びを感じていた。
だが突然、映像の雰囲気が変わる。オリガは右足首を押さえ、苦痛の顔で床に蹲ってしまったのだ。

その事故から5日目——。
怪我で動けないオリガは、バレエ以外のことがしたいと、諦めモードになっていた。怪我はおそらく一ヶ月ほどで治る程度のものだったが、結局、11歳のオリガは、怪我以降一度も踊らなかった。

オリガが12歳になった頃、宇宙へ飛び立っていたイヴァンは、バレエを諦めてしまった娘を想い、ISSからメッセージを伝えた。
オリガに、本当に好きだったことは何か、やりたいことは何か、思い出して欲しかったのだ。その中継で、なんとイヴァンは、ISSの無重力空間でクルクルとピルエットの姿勢で回り始めた。

「ほ~~うら! 見てるかぁ、オリガ?」
その楽しげな父の様子に、オリガはバレエの楽しさを思い出す。
そして、再びバレエを始めたのだ——。

オリガの映像に励まされ、勇気をもらった日々人は、レベル10の訓練をやってのけた。残るは本物の船外宇宙服だが、勝手に持ち出すのは不可能だった。日々人は、PDを克服したことを直接見てもらうしかないと思い、バトラー室長に、宇宙飛行士に戻るための試験をやってもらう事を頼む。

「宇宙飛行士に——戻る準備ができました」

その後日、ブライアンの命日——。
墓参りに来ていた日々人は、亡きブライアンに今の気持ちを相談していた。試験への気合は十分だが、失敗したら二度と宇宙へは行かせてもらえないため、不安になっていたのだ。

「あんたなら……。どうする、ブライアン……」

その時、後ろから声がした。
「よう、お前もか、日々人」
ハッと振り向いた日々人、その前に立っていたのは、吾妻で——?



#86

2013年12月14日

『明日のために』




NEEMO訓練の最中、シャロンから『月面望遠鏡計画が中止になった』と聞かされた六太は、今は実現不可能と気持ちを切り替え、自分が出した月面望遠鏡制作案を取り下げた。

だが、そのかわりに出した六太の案『ソーラーミラーシステム』は、ケンジやバトラー室長、NASAの幹部たちまでも、驚かせることとなった。『ソーラーミラーシステム』とは、鏡の反射を使って、窓のない基地に太陽の光を取り入れる、照明装置である。宇宙飛行士は、月面生活のほとんどを基地の中で過ごす。そのため、月面でもし節電を余儀なくされた場合、窓のない月面基地では、部屋も気持ちも暗くなってしまう。
そのことに気付いた六太は、『設備を追加するなら中を改善したい』と考えたのだ。NASAの幹部たちは、『自分が本当に月面にいるつもりでなければ思いつかないアイデア』を出したとして、六太を高く評価した。

一方、PD(パニック障害)に苦しむ日々人は、安全スーパーバイザーとして危機管理運営会議に参加していた。しかしその会議内容は、宇宙飛行士の仕事とは関係ないものばかり。だが日々人は宇宙を諦めず、会議後もこっそりバックヤードにこもり、極秘のリハビリ訓練を続けていた。
現在の訓練レベルは9。レベル10の本物の与圧服をクリアすれば、最後に船外活動用宇宙服を着ることとなる。その訓練が上手くいけば、日々人は完全復帰できるのだ。

その夜——。
日々人は、イヴァンから送られてきた『オリガの成長記録ボリュームツー』のDVDを観ようとしていた。映像にはバレエの練習している11歳のオリガが映っており、先生からも上手になったと褒められていた。その順調さを感じ、笑みをこぼす日々人。その傍らではアポも「へっへっへっ」と見ており、和やかな空気が漂っていた。

しかし、映像の雰囲気が一変する。
撮影していたイヴァンが、突然叫んだのだ。

「オリガ! 大丈夫かオリガ!」
オリガの身に何が——!?



#85

2013年12月7日

『月面にいた』




NEEMO訓練も9日目を迎え、ようやく六太たちが注文していた資材が届く。しかしその中に、六太には覚えのない『水の入ったボール』があった。それは、ケンジが六太を見習って、時間削減のために注文したもの。
復活したケンジのやる気もあり、六太たちは最初の計画通り、大容量通信アンテナ、ローバーなどの充電ポスト、シャロンの月面望遠鏡の3つを制作することにする。

やる気に満ちたケンジは、常に時間短縮、作業の効率化に結び付くアイデアを出し続ける。さらに呪文のように『スーパンダマン』言葉を発してはニヤけていた。それでも本当は、ケンジも六太と同じ気持ちだった。
忘れたわけじゃない。思い出さないようにしているだけなのだ。
どちらか一人だけが、月にいけるということを。
ケンジと共に力を出し合った時こそ、いろんな事がうまくいく。
どういう結果になっても、2人は最高のパートナーだ。

しかしその夜、シャロンからとても辛い、悲しい報告が入る。
月面望遠鏡を月で建設するという案は問題点を多数指摘され、NASAの協議の結果、不採用となってしまったというのだ。

この報告を聞き、六太は電力不足で暗くなっているアクエリアス内で、さらに心をどんよりさせていた。それでも、余った時間を無駄にしないために、別の設備を考えようとするが——?

NEEMO訓練も終盤にさしかかった頃——。
六太のもとに、シャロンから連絡がくる。
いまは仲間と協力し、新たな月面望遠鏡の建設案を考えている最中で、次こそNASAに認められるものを目指して、シャロンは諦めないという。

『It's a piece of cake!』

NEEMO訓練完了後——。
NASAの会議室では、訓練成果を検討していた。
中でも注目されていたのは、六太が訓練終了間際に出した新設備案だという。

「ナンバ・ムッタは、この2週間、他の誰よりも月面にいた——」
土壇場で出したにも関わらず、見事だと評価された、六太の新設備案とは——?



#84

2013年11月30日

『スーパンダマン』




訓練3日目の午後、一度は諦めると言った大容量アンテナやシャロンの月面望遠鏡を、やっぱり作ろうと言い出した六太。しかし先輩飛行士のラブは、その意見を却下する。今後はSEV(海上ローバー)の運転訓練なども増えるため、 時間内には無理だと判断したのだ。

しかし六太は諦めず、海中に停めてあったSEVから、時間問題を解決する新しい案を閃く。そしてそれをすぐに、アンディに相談した。

「アンディの有り余ってるパワーがあれば……可能かな?」

NEEMO7日目——。
六太の新しい案は、アンディのおかげで順調に作業を進め、ほぼ完成することができた。それは、SEVの荷台に搭載する新しい荷台だった。実はこれまで、資材は海中にある資材置き場から、手押し車に積んで運んできていた。そのため六太は、積んで戻ってくるだけで2時間近くかかった運搬作業を、SEVの荷台で大幅に短縮しようという。しかもSEVにロボットアームを取り付けるため、4人は組み立て作業に集中でき、運搬はハミルトンに任せられることまで考えられていた。

NEEMO8日目——。
ハミルトンが資材を運んできてくれるおかげで運搬作業がなくなり、基地制作に集中できるようになった六太たち。人材も機材もフル活用することができ、管制からの評価も上がっているようだった。しかし、ケンジは悩んでいた。六太が時間を作ろうと必死だった時、自分が選ばれることだけを思っていたからだ。
これから何を考えていけばいいのか、わからなくなっていた。

そこでケンジは、六太と話すことを決めた。
アンディに話しを聞いて、先のことを考えることをやめ、今を大事に考えることにしたという六太。六太の無理なことに挑戦していきたいという考えに、ケンジは、自分の娘・風佳が思い描いたヒーロー・スーパンダマンの姿を思い出していた。ケンジを励まし見送ってくれた風佳のためにも、ケンジは無理して頑張るヒーローになることを決意した。



#83

2013年11月23日

『俺とケンジ』




NEEMO訓練3日目——。
六太たちには、重い試練がのしかかっていた。
それは、自分とケンジの二人のうち、月に行けるのは、どちらか一人だけという事実だった。

互いを最高のパートナーだと思っていただけに、ショックを隠せない六太とケンジ。
六太はシャロンのため、ケンジは家族のため、これまで辛い訓練も互いに励まし合い、頑張ってきた。これからどう接していけばよいのか、なかなか答えをだせないまま、相手の差し伸べた手も掴むことができず、すれ違うようになってしまった。

応援してくれる家族のためにも、六太と競うことを決意したケンジは、今回出した3つの案で、必要なものと、そうでないものを考え直すことにした。その結果、少ない時間でより良いものを作るため、大容量の通信アンテナと、六太が切望していたシャロンの月面望遠鏡を、建設しないことを提案する。ケンジの指摘通り、限られた時間ではいくつも施設を作ることは厳しい。六太は反対意見を出すことができず、肯定してしまう。

船外活動中、ガゼボでアンディと一緒になった六太は、『選ばれなかった方は、この先ずっと月へは行けないのか』と聞いた。アンディから返事は『いつ誰を何のミッションに任命するかなんてことは、誰にも分からない』ということだった。
事実アンディ自身も、なかなかアサインされず、随分待たされたという。同期の仲間がどんどん先に選ばれる中、なぜ自分だけ選ばれないのか、考え、苦しんだ時期もあったらしい。そんな辛い時期、アンディは考えるのをやめ、いま目の前にある訓練や仕事をさらに増やして、それで頭をいっぱいにしたという。

アンディの言葉を受け、ようやく自分の信念を取り戻した六太は、皆の大容量通信アンテナも、月面望遠鏡も本当は必要だと思っていることを伝えた。

「時間内でどこまで作れるのか、みんなであがいてみませんか」
自分たち宇宙飛行士は、宇宙へ行けるかわりに、誰かの願いに応えないといけないのだ。



#82

2013年11月16日

『宇宙家族』




NEEMO訓練2日目——。
地球上でもっとも月面を再現できる場所で、月の訓練をすることになった六太たち。最終日を除く12日間でやる課題は、『三分の一スケールの月面基地、および周辺設備のモデルを船外に建設すること』、そして『各チームの新人飛行士2人が、基地の新しい設備などのアイデアを出し合い、先輩飛行士2人が採用案を検討すること』だった。

新人である六太とケンジは、さっそく互いの意見を出し合い、新しい施設案を検討する。2人とも、いま実在している月面基地を発展させる方向でいくことで意見が一致し、将来的に実現可能な基地の設備を考えることに決めた。そして、大容量通信アンテナ、ローバーなどの充電ポスト、シャロンの月面望遠鏡など、互いを尊重しながら、次々とその内容を決めていく。意見をぶつけることもないため、サクサク決まり、どんどん進む。互いに最高のパートナーと感じており、このコンビで月に行けたら楽しいだろうなと思っていた。

しかし、そんな六太とケンジのコンビの状況に、先輩飛行士たちは危機を感じていた。船外活動中にも関わらず、アンディから作戦会議ができるガゼボ(酸素補給場所)に呼ばれた六太とケンジ。そして集合した六太とケンジに、アンディからとても信じたくない発表があった。

「お前ら二人のうち、月に行けるのは、どちらか一人だけだ」

この決定事項を伝えた理由は、事実を知って競合させれば、必死になり集中力も高まり、チーム全員のメリットになると判断したからだった。これからは、六太とケンジは協力し合って課題に取り組むのではなく、互いにライバルとして接しろ、ということなのだ。

この事実を聞き、六太は驚愕の顔でケンジを見る。視線の先のケンジは六太を見ず、ただ茫然自失でうつむいていた。お互いを最高のパートナーと感じていただけに、ショックを隠せずにいたのだ。それを見た六太は、思わずケンジから顔を逸らしてしまい——…?



#81

2013年11月9日

『一番の敵』




月面ローバーの改良案が評価された六太と、ケンジ、新田を含む12名の飛行士たちは、憧れの月を目指すため、過酷な訓練を始めようとしていた。それは、通称・NEEMO訓練(NASA極限環境ミッション運用訓練)というもので、海底に造られた仮想月面基地で、約2週間のシミュレーション生活を送るのだ。

フロリダの海底20メートルの深さに設置されたNEEMOの施設は、地球上でもっとも月面を再現できる場所だった。居住施設は全部で3つあり、六太は2つ目の施設・AQII(アクエリアス・ツー)に、ケンジと一緒に入ることに決まった。

ダイビングスーツで潜水し、六太とケンジが海底施設に入ると、そこにはすでに、2名のベテラン宇宙飛行士と、1名のダイバーが待っていた。リーダーのジョージ・ラブ(宇宙飛行士)と、巨大な身体を持つアンディ・タイラー(宇宙飛行士)、そして海が大好きなハミルトン(技術支援・ダイバー)である。

NEEMO訓練1日目——。
一息ついたところで、ジョンソンスペースセンター・NEEMO管制室から初日の訓練内容が知らされた。それは船外(海底)に出て、月の重力を仮想体験するというものだった。

ラブの先導で、特殊な潜水服を着込んだ六太は、さっそく船外活動に勤しんでいた。自分の重さを調節しながら、月面を想定して動くのだ。最初はなかなか慣れない六太だったが、ケンジに励まされ、協力しながら、楽しい訓練初日を終えることができた。

船内に戻ると、ラブが今後の訓練内容について話し始めた。今後は船外活動が2割、残りの8割は同時に訓練をしている他2チームと競い合う形式になるらしい。チームの評価はそのまま月ミッションのアサイン順につながる可能性が高く、他のチームには負けられないという。六太は最強の味方・ケンジがいるから大丈夫、と自信満々の顔。

そしてNEEMO訓練2日目——。
地上の管制室から通信が入り、課題の内容が発表され——!?