読売テレビ・日本テレビ系 全国ネット 毎週日曜あさ7:00

今までのお話

#80

2013年11月2日

『秘密』




月面バギー開発で見事成果を出すことができた六太は、先輩宇宙飛行士・ビンスに連れられ、新たな訓練の説明会場へと来ていた。

その会場にはすでにケンジや新田など、何人もの飛行士たちが集まっていた。そして、12名の飛行士たちが揃ったところで、バトラー室長から訓練内容が発表される。六太たちはこれより数日後から約2週間、NEEMO(ニーモ)で実践訓練をするというのだ。
NEEMOとは、海の底、水深20メートルに設置された、仮想月面基地の名称である。そこでのシミュレーション生活は死の危険も伴うため油断はできない。だが、地球上で最も月面を再現できるため、六太にとっては憧れの場所だったのだ。

NEEMOまで、あと2日——。
六太はロシアから帰国した日々人と、朝食を食べながら近況報告をしていた。「やっと自分も月へ行くための第一段階に立てた」と喜ぶ六太を前に——日々人の顔はどうにも浮かない。怪しむ六太だが、まさか日々人がパニック障害で、さらには安全スーパーバイザーに任命されたことなど、思いもしないようだった。
日々人も、このことは六太には隠し通す気のようで——?

そして——。
六太はケンジらと共に、2週間の月面シミュレーション生活へと突入。

一方、日々人は——。
安全スーパーバイザーに着任し、与えられた立派なデスクを前に、唇を噛みしめていた。

『一人でもリハビリ訓練をしないと……』
日々人が思案を巡らせていた丁度その時、ローリーが台車を押して入ってきた。
「なんか君宛にものすごい荷物が届いたよ?」
台車の上には大きなダンボールがあり、送付状はロシア語で書かれていた。
なんとイヴァンが、日々人を思って、集めたコスプレ訓練用の衣装を送ってくれたのだ。

決意の表情でヘルメットを手に取る日々人。
「なあ……ローリー……秘密……守れるか?」
どうやら日々人は、ローリーも巻き込み、現状を打破するため秘密の訓練を決行するようで——?



#79

2013年10月26日

『オリガとヒビトとガガーリン』




月での事故がきっかけで、パニック障害となってしまった日々人。ロシアで極秘にリハビリ訓練をしていたところ、JAXAから突然の帰国命令が届く。リハビリに時間がかかっているという理由で、『安全スーパーバイザー』として働くよう、辞令されてしまったのだ。

このことは、日々人を指導していたイヴァンにも遺憾だった。イヴァンはどうしても、日々人を治してやりたかったからである。実は宇宙飛行士だったイヴァンの父親も、日々人と同じパニック障害だったのだ。だが意義を申し立てたくても、ロシア人の彼に、日本人の日々人の処遇は変えられない。
悔しい気持ちを抑え込む日々人に、イヴァンは言う。
『今は耐えるしかない。辛抱強く、復帰することだけを考え続けろ——』と。

その夜——。
帰国のため荷物をまとめていた日々人の部屋に、思わぬ来客があった。それは、泣きはらした顔のオリガだった。日々人の処遇を聞いたオリガは、居ても立ってもいられず会いに来てしまったのだ。

「これ……あげる」

オリガが差し出したのは、日々人が観たがっていた、『オリガのダンスの成長記録』の続き。たまに観て、自分のことを思い出して欲しいというオリガの願いのようだった。

オリガを家まで送る道すがら——。
通りかかった公園で、オリガは自分より背の高い、ガガーリン像を片手で示した。ユーリ・ガガーリンとは、世界発の有人宇宙飛行を成功させた、ロシアの宇宙飛行士である。オリガは、イヴァンに聞いたというガガーリンの豆知識を披露。しかし最後までは話さず、「続きは次回、日々人がまたロシアに来た時に」と笑顔を浮かべた。

そして、オリガとの別れの時——。
「じゃね! イエーイ!」
ヒビットの決め台詞を言いながら、みるみる遠ざかっていくオリガ。彼女を最後まで見送った日々人は、自信が持てない自分を悔やんでいた。

『パニック障害を治したら……今度は堂々と、またロシアに来る——また会いにくるよ、オリガ——』



#78

2013年10月19日

『時間切れ』




『見えない踏ん張り』を続けてきたオリガは、舞台の上で美しく、まるで無重量空間にでもいるように軽やかだった。

公演後、日々人はオリガに、自分がパニック障害を治しに来たことを打ち明ける。
「日々人ならすぐ治る」と明るいオリガに励まされた日々人は、その帰り道、彼女が欲しがっていた新品のブーツをプレゼントした。

翌日、訓練へ復帰した日々人は、オリガの成長記録の続きを貸してくれるよう、イヴァンに頼んでいた。しかし、貸せない理由があるらしい。
「実はボリューム・ワンを、黙ってお前に見せたことがオリガにバレてな……超怒られた」
そう言いながら、イヴァンは持っていたサングラスを日々人にかけさせ、そのまま施設内を歩かせる。理由もわからず歩き続けると——やがて拍手の音が聞こえ、職員たちが日々人に歩み寄ってきた。
「おめでとう。レベル1合格だ」
サングラスをかけた日々人は、知らぬ間に、先日、与圧服を着て歩けなかった距離を歩ききったのである。これは、コスプレをしながら徐々に宇宙服への恐怖を和らげていこう、という訓練。思わず笑顔がこぼれるその内容に、日々人はその日、レベル5まで問題なくクリアすることができた。

「大事なのは、『できる』という経験を得ること。楽しみながら克服しようではないか。パニック障害など!」

一方、ヒューストンでは——。
ゲイツが日々人のパニック障害のことを知ってしまい、その処遇をJAXAに求めていた。理由は、NASAの精神心理担当医が、もう日々人は宇宙へ飛ぶことは不可能だと判断したからだった。非情にもJAXAの職員・田沼は、日々人を『安全スーパーバイザー』にすることを提案した。それはあたかも功績に見合った、立派なポジションに抜擢するかのような辞令だった。だが実際、日々人はそのポジションを得て、宇宙への活躍の場を失うことになる。
それは、『仕事をさせず、日々人を飼い殺し状態にする』と同じことで——……?



#77

2013年10月12日

『宇宙飛行士の娘』




与圧服を着ただけで、たった10メートルの距離も歩けなくなってしまった日々人。自分は宇宙飛行士失格だと感じ、リハビリ訓練も、2日続けてサボってしまっていた。

『これからどうしたらいい……』
途方に暮れていると、イヴァンから一通のメールを受信する。
『今夜飲みにつき合え——、一人になるな』

その夜、とても陽気に飲む気分ではなかったが、なんとか待ち合わせの場所へ来た日々人。早くもイヴァンは飲んでおり、「頼みがある」と、映像データーが入ったDVD『オリガの成長記録1』と、ビデオカメラを日々人に手渡した。なんでも、明日ダンスコンクールがあり、オリガが出演するという。自分は訓練と重なって行けないため、日々人にオリガを撮影してきて欲しいというのだ。
そして、イヴァンは落ち込む日々人に一本の道を示した。

「できることから習慣づけろ——まずは私と酒を飲め!」

ほろ酔いで帰宅した日々人は、早速オリガの映像を観ていた。画面の中のオリガは、何度やってもうまく踊れず、すぐにいじけては怒られていた。明らかにまわりの子の方がうまい状況に、オリガにバレエは向いてないんじゃないかとさえ思えてしまうほどだった。
しかし、オリガの夢は今もダンサー。
このあと彼女は、どうやってこんな辛い練習を続けられたんだろうか——?

公演当日——。
ビデオカメラを片手に、日々人は劇場へ来ていた。大勢の観客の中、やがて幕が開くと——星空の下で子どもたちが踊り——主役が登場する。驚くことに、主役はオリガだった。舞台を観ながら、日々人は練習を嫌がる子どもの頃のオリガを思い出していた。もっと楽な方がいいと言うオリガに、母・エミーリアは言う。

『人に見られることをするには、見えない踏ん張りが必要なの。苦しくて苦しくて大変な演技ほど、美しく見えるの』

舞台のオリガは美しく、完璧なアラベスクをキメていた。
それは、辛い練習から逃げず、見えない踏ん張りを続けた、確かな証のようだった——。



#76

2013年10月5日

『オリガ』




月での事故が原因で、宇宙服を着て緊張状態に置かれると、発作に襲われるようになってしまった日々人。このままでは宇宙での船外活動ができず、希望する月ミッションには加われない。そのため日々人は、兄・六太には病状を伏せたまま、かつての自分を取り戻すべく、極寒の地・ロシアへと向かった。

そこで待っていたのは、日々人のことをヒビチョフと呼ぶ、宇宙飛行士・イヴァン・トルストイだった。ロシアの英雄でもあるイヴァンの家に招待された日々人は、彼の妻・エミーリアや、その友人たちに囲まれ、酒を飲み交わし、楽しい時を過ごす。
「心の健康のためには、ある程度の酒は必要なのだ!」
酒好きのイヴァンは上機嫌だ。

しばらくすると、そこにイヴァンの娘・オリガ(15歳)が帰宅した。そっけない挨拶をし、まるで日々人に感心がないかのように去っていくオリガ——だったが、彼女の頬には緊張の汗が流れていた。
「バヤイ……」
実はオリガは、アニメ『Mr.ヒビット』のモデルになった日々人の、大ファンだったのだ。

数日後——。
いよいよ日々人は、ロシアの宇宙センターで、訓練を始めることになった。最初の訓練は、『与圧服を着た状態で、10メートル歩く』、というだけのもの。しかし日々人は、その状態で一歩も歩くことができない。日々人の脳内では、月面で遭難し、酸素がなく苦しんだ時のことがフラッシュバックされてしまっていたからだ。耐えきれず、力なく倒れる日々人……その顔は、蒼白だった——。

日々人の症状は、ヒューストンにいた頃よりも悪化していた。環境を変えれば、変われると思っていただけに、ショックは大きい。

「失敗の回数が増えれば増えるほど……俺は、宇宙飛行士じゃなくなっていく気がする——」

アニメのヒビットとは違い、今の日々人には勇気と元気がない。思い詰めた日々人は、これ以上病状を重くしたくないと、指導教官であるイヴァンに、訓練の内容変更を申し込むが——…?



#75

2013年9月28日

『わたしの両手』




月の訓練への道を開くには、バトラー室長に認めてもらうしかない。そう感じた六太は、先輩アレックスとT-38に乗り込み、魔法の裏技を披露しようとしていた。
魔法の裏技とは、見る者にはロケットの打ち上げのようにも感じられる、バーティカルクライムロールというアクロバット技のこと。
六太はバトラーの前でこの技を見せることこそが、宇宙への近道だと思ったのだ。

18時30分ちょうど、六太の魔法の裏技は、バトラーにも見える位置で見事に成功した。だが、六太の計画はこれで終わりではなかった。その3分後、さらに六太は、2つ目のアクロバット技を決行しようとしていたのだ。

実は六太は、バトラーだけでなく、せりかにもメールを送っていた。その内容は、『今日の訓練でエーリントンに着いたら、18時33分に空を見てほしい』というもの。以前、六太の飛行の師匠・デニールは言っていた。
『空にハートマークでも描けりゃ一流だ。意中の女にでも見せてみろ。イチコロだぞ……ウハハッ』
六太はせりかにハートマークの軌跡を見せて、告白しようとしていたのだ。

しかし残念なことに、せりかのいるシャトルバス側から見えたものは、ハートマークではなく、バルタン星人のハサミ型だった。
そしてハートマークに見える位置から空を見上げていたのは、なんとバトラーだった。自分が告白されたと思い赤面し、愕然と空を見上げているバトラー。その様子は、明らかに動揺していた。
「ミスタームッタ……それは……マズイでしょ……」

一方、日本にいるシャロンは、来日したモリソン博士たちに、月面望遠鏡の計画を引き継いでもらおうとしていた。自分の手が思うように動かないこと、もう話せなくなることを受け入れ、準備していたのだ。

魔法の裏技から数日後――。
六太はNASAの技術者たちと、フロントウィンドウの試作品を完成させていた。そこに、ビンスが早足でやってくると、六太にとって新たな目標を告げ――?



#74

2013年9月21日

『魔法の裏技』




六太が提案した『フロントナビシステムを利用した月面ナビ』は、NASAの役員満場一致のもと、実装が決定されようとしていた。

これでようやく六太も月の訓練に参加できる、と思いきや――バトラー室長だけは、六太を参加させるか否か迷っていた。それは、パニック障害に苦しむ日々人を思ってのことだった。バトラーが慎重になる理由は、20年以上前にNASAにいた宇宙飛行士、ロナルド・クーパーと日々人が似ていたからだった。ロナルドは、T―38の飛行訓練中に事故で死にかけ、その後パニック障害になってしまった。治療に励むも思うように成果が出せず、最後はNASAを去ったのだ。
いま判断を焦れば、日々人も同じように宇宙飛行士を辞めてしまうかもしれない、バトラーはそれを心配していたのだ。

一方六太は、飛行場で先輩宇宙飛行士であるアレックスに、『バーティカルクライムロール』というアクロバット技を教えてくれと頼んでいた。月の訓練への道を開くには、結局、バトラーに認めてもらうしかないと気づいたのだ。以前、バトラーは「自分を一人前のパイロットだと感じたのはいつか?」という問いに、こう答えていた。『バーティカルクライムロールを教官の前で披露したときだ』――と。

バーティカルクライムロールとは、回転しながら急上昇していく、ド迫力のある技である。見る者にはロケットの打ち上げのようにも感じられるため、バトラーは己の出世欲、宇宙への憧れ、向上心、それらをストレートに伝える力が秘められていると感じ、宇宙への切符を勝ち取る魔法の裏技と思っていたのだ。六太はバトラーに自分の意志を認めて貰おうと、この魔法の裏技に挑戦するという。

『18時半ちょうど――エーリントン上空を見てみてください』

六太からメールを受け取ったバトラーは、食事の行きがけに上空を見た。そこには、上空を天に向かって急上昇していく、一機のT-38の『魔法の裏技』が見え――?



#73

2013年9月14日

『道なき月に道を』




月での事故が原因で、宇宙飛行士として致命的な、パニック障害となってしまった日々人。その治療に専念するため、家族や、とくに六太には内緒で単身ロシアへと向かっていた。

一方六太は、いままさに、バトラー室長と吾妻、NASAの役員たちに、『崖や谷に落ちない、月面バギーの改良案』のプレゼンを始めようとしていた。この案が通れば、六太も月の訓練に参加できるかもしれない。緊張した面持ちで提案したのは、「道なき月面に道を映し出す」という大胆な発想だった。

以前、ミラクルカー社という自動車会社に勤めていた六太は、渋滞する日本の道路を改善しようと、『空飛ぶ車社会』という企画を進めていた。しかし、車は飛ばすことができても、道路は飛ばすことができない。そこで考えたのが、『それぞれの車のフロントガラスに、架空の共通道路を映す』というものだった。結局この企画は上司には現実味がないと却下されたが、六太の元後輩・技術チームの中川と糸井は諦めず、フロントガラスに道を映すことができる『カーナビ・フロントガラス』の研究を続けていた。

そして現在、二人の頑張りが実り、すでにその技術はほぼ完成。これを応用すれば、月面ローバーのフロントウィンドウに道を映すことが容易にできるというのだ。

さらに、六太の発表は続いた。
JAXAに協力を要請したところ、『かぐやII』が観測した地形情報から作った、最新の月面3Dマップも提供してもらえるというのだ。この3Dマップは、月の35パーセントの範囲までであれば、クレーターの位置や深さまで、かなり詳細に閲覧することができるという。そのデータを使用すれば、月面ナビのプログラムがすぐできるのである。

プレゼンを終えた六太の案は、開発予算まで考慮した、文句なしの内容だった。

六太はさらに言葉を続ける。
「JAXAの成果と、開発会社の技術、あと、NASAに熱意さえあれば、我々のこの案は、実現できます!」と――。



#72

2013年9月7日

『日々人の障害』




月での遭難が原因で、パニック障害となってしまった日々人は、このことをシャロンにだけは話していた。

『船外活動ができないうちは、月ミッションへの参加はできない――』
『治るかどうか、わからない――』
重い口調で話す日々人に、シャロンは微笑んだ。
「治るわよ。ヒビトなんだから」
シャロンの後押しを受け、心を少し軽くした日々人。
治療のため、六太や家族には内緒で、単身ロシアへ赴こうとしていた。

その頃、六太とNASAの技術者たちは、月面ローバーの改良案について相談していた。月でのハンドリングやブレーキを改善するためには、浮かないように車体を重くするしかない。だが月へ物を送るには、何百億円もの大金がかかるようなのだ。現実的には不可能な案しか出ない中、不意に六太が閃いた。
解決できるかもしれない案を思いついたかもしれない――らしいのだ。

すぐさま六太は、以前勤めていてクビになった、ミラクルカーコーポレーションに電話をかけた。昔自分が企画した『飛行自動車』と『フロントガラス』の設計を思い出し、ローバーの改良に使えると考えたからだ。話しをしていると、電話の相手は元同僚から、六太をクビにした張本人・間寺役員に代わった。間寺の要件は、娘が新田のファンなので、サインが欲しいということ。少なからず宇宙に興味があると知った六太は、これをチャンスだと思い、すかさず協力を求めた。

「車のプロの実力をぜひ、宇宙で役立てたいんです!」
六太の言葉に気をよくした間寺は、NASAのローバー開発に、格安で協力することを約束してくれた。
さらにJAXAの星加とも連絡を取った六太は、具体的な改良案を完成させ、ついにプレゼンテーションまでこぎつけた。もしこの改良案が実現可能と判断されれば、今度こそ六太にも月への訓練に参加できるかもしれない。

期待を膨らませバトラー室長らを待つ六太たち。
その手には、ダンボールで作られたローバーの模型があり――?



#71

2013年8月31日

『リハーサル』




次なる六太の目標は、月ミッションへの道を開くため、月面の谷に落ちても壊れないバギーか、もしくは落ちないバギーを作ること。なにか良い案はないかと模索していたある日、六太は日々人と、兄弟並んで雑誌の表紙に載ることになった。

撮影場所は、古い倉庫の中だった。
倉庫の中に入ると、まるで月面のような、カッコいい撮影ステージが広がっていた。表紙写真のコンセプトは、『日本人ムーンウォーカー第1号南波日々人と、その後を追って月へ向かう兄の六太、同じ舞台で追いつ追われつがんばっているライバル兄弟をテーマに、今の二人の姿を通じて世の働く人々にメッセージとして感じとってもらおう』というもの。

そのため日々人は宇宙服でビシッと決めていたが――六太の衣装は変だった。元サラリーマンが宇宙飛行士になって今まさに宇宙を目指しているという表現のため、六太の衣裳は、上半身は宇宙服なのに、下半身はズボンと革靴だったのだ。

撮影が始まると、六太は日々人の様子がおかしいことに気付いた。
宇宙服のヘルメットの中の日々人は、汗をにじませ、険しい顔をしていたのだ。
心配する六太に、日々人はなんでもないというが――……?

日々人、ロシアへ出発の日――。
新たな訓練のためロシアへ行く日々人を見送った六太は、雑誌の編集者からもらった写真を見ていた。それは、月面に2人が並んでいる写真。

『とりあえず、リハーサルは終了だな、日々人――』
兄弟そろって月面に立ちたい、すぐに追いついてやる、六太の顔はやる気に満ちていた。

一方、日々人は険しい表情で2人の写真を見ていた。
六太に知らせていないが、日々人の新しい訓練の内容は、『パニック障害を克服する』ためのものだったのだ。月での遭難が日々人の心に恐怖を植え付けてしまい、危険性を伴う状況で宇宙服を着ると、発作が出てしまうのだ。しかも、船外活動ができないうちは、月ミッションには加われない。
事態はかなり深刻で――!?