読売テレビ・日本テレビ系 全国ネット 毎週日曜あさ7:00

今までのお話

#60

2013年6月1日

『海人(うみんちゅ)と宇宙人(うちゅんちゅ)』




宇宙飛行士候補生の訓練として、カムバックコンペティションに参加することになった六太たちは、2週間の準備期間を経て、ついに大会当日を迎えていた。

しかし、六太たちE班には試練が待ち受けていた。局地的な雨によって、コースの一部がぬかるみになってしまっていたのだ。
E班のローバーはスポンジタイヤ。スポンジが水分を吸収してしまったら、負荷がかかって止まってしまうのだ。打ち上げまで時間がない。
六太たちは、スポンジタイヤを濡らさない方法を、早急に考えなければならなくなった。

宿泊していたホテルに戻り、なにか使えるものはないかと探す六太たち。
案内して貰った備品倉庫で、六太は気づく。
このコンペの訓練は、チームワークの向上だけが目的はないこと。
今体験しているのは、宇宙開発の縮小版であり、宇宙飛行士を無事に送るため、支える側の人達がやってきた仕事なのだ――と。

六太たちがコンペ会場のテントへ戻ってくると、すでにロケットの打ち上げが始まっていた。

「大丈夫だよ、みんな。想像では、うまくいってる!」

六太は、備品倉庫で手に入れた『シリコンボンド』をスポンジタイヤに塗ると、見事、水濡れを防止することに成功した。

コンペ結果発表――。

六太たちE班は、全体の5位になることができた。
1位のチームは、日本からきた海人チーム。
どのチームもゴールまで届かない中、海人チームのローバーは圧倒的なスピードで、ゴールフラッグに辿り着いたのである。
日本人同士ということもあり、気さくに話しかけてくれる海人チーム。
そしてなぜか、海人チームの上司が六太と電話で話したがっているとのことだった。
その上司とは、かつて一緒に宇宙飛行士を目指した仲間、今は民間ロケット工場で働いている福田だった。
『こっちもがんばってるよ――君たちが宇宙へ行ける頃に、僕らも日本の有人ロケットを、宇宙へ送り出せるようにね』
福田も日々、宇宙に向かって進んでいたのだ――。



#59

2013年5月25日

『誓いのサイン』




宇宙飛行士候補生の訓練、カムバックコンペティションの準備をする中、なぜか六太は、サポート役のパラシュート技術者、ピコ・ノートンから飲みに行かないかと誘われる。
酒の席には候補生たちの教官であるビンセント・ボールドもおり、どうやら2人は、失敗に前向きな六太を、共通の親友・リックと重ねているらしかった。

リックとピコとビンスの子供時代――。
3人の夢は、いつか自分たちでロケットを作り、宇宙へ行くこと。
それは、『いつか宇宙へ行く』と毎日誓いを交わすほど、熱心だった。

しかし親や教師たちは、3人の夢に反対していた。
将来は鉱山で働くよう強く説得していたのだ。
ピコとビンスは反抗することが出来ず、宇宙への夢を諦めると言い出す。
『テンションの上がる仕事じゃねえが……鉱山技師も悪くない』
『宇宙への夢は最初から俺たちにはでかすぎた』
2人の諦めの言葉を聞き、リックは激高した。

『こんなど田舎の街で宇宙に本気で憧れた3人が出遭えたんだ。俺はそれだけでも、奇跡だと思ってた。
拳を合わせる気がねえんならもういいよ。勝手に鉱山でもどこへでも行ってくれ――俺は絶対諦めねえからな』
それ以来、3人は決別してしまった。

そして――。
ビンスとピコが進学の説明会に出席した日の午後、リックは事故で死んでしまった。
乗用車に乗っていたリックは凍結した路面にハンドルを取られ、そのまま湖に突っ込んでしまったのだ。
ピコとビンスは、この日のことを死ぬほど後悔した。
後悔という言葉では、全く足りない程に――。

ISSが来る日――ピコとビンスは夜空を見上げていた。

「テンションの上がらねえことに……パワー使ってる場合じゃねぇ………!」
「迷ってるヒマなんてない。人生は、短いんだ……!」

ピコとビンスは拳を上げ、『宇宙へ行く』という誓いのサインを、力強く交わすのだった。

そして、現在――。
大会当日を迎えた六太たちE班は、また新たな試練にぶつかってしまい――?



#58

2013年5月18日

『本気の失敗』




宇宙飛行士候補生たちが「カムバックコンペティション」へと挑戦する中、なぜか六太はピコに気に入られ、酒の席へと誘われていた。

集合場所である酒場へ向かっていると、駐車場で教官・ビンスと出くわす六太。聞けばビンスもピコと酒を飲むらしく、酒場まで車に乗せてくれることとなった。道すがら、猛スピードで車を運転しながら、ビンスは六太に質問を投げかける。

『君にとっての、敵は誰ですか?』

ビンスにとっての敵は、マスコミだという。
理由は、マスコミの大多数が宇宙開発、有人飛行を長い目で見てはくれないからだった。他にも、国の予算が有人に多く使われることに反対し、口をそろえて金のムダ遣いといい、無人機のみの宇宙開発を提唱する、科学者、ロボット業界、天文学者たち。有人飛行を邪魔する者は、ビンスにとってはみんな敵のようだった。六太は答えた。宇宙が好きで関わっているのなら、みんな仲間でいいのではないか――?

『俺の敵は、だいたい俺です』

自分の宇宙へ行きたいという夢を、さんざん邪魔して、足をひっぱり続けたのは、結局自分であり、そういうことに気付かせてくれたのが、天文学者のシャロンだった――と。

酒場でピコと合流すると、話題は六太の『失敗に前向きな性格』へと変わる。『本気の失敗には価値がある』と言い放つ六太に、ピコとビンスは少年時代共通の友達だった、リックのことを思い出していた。

ピコとビンスが生まれた町は、ミネソタ州・ポットヒルの田舎町。宇宙に憧れ、ロケットを作りに奮闘しながら、共通の友達リックは口癖のようにこう言っていた。
『本気の失敗には……価値がある』――と。

ピコ、ビンス、リックの3人の将来の夢は、有人ロケットを作り宇宙へ飛び出すこと。
管制官になったリックが、宇宙飛行士になったビンスに指示を送り、そのビンスは、ピコの作った宇宙船に乗るのが目標なのだ。

しかしこの夢を、親や教師、町の大人たちは皆反対しており――?



#57

2013年5月11日

『技術者のスイッチ』




六太たちE班の宇宙飛行士候補生は、「カムバックコンペティション」に挑戦するため、決められた予算内でキャンサット作りに励んでいた。

しかし、パラシュートがうまく開かなかったり、ローバーが障害物を越えられず、すぐ止まってしまうという問題が発生してしまう。
みんなが頭を悩ませる中、六太は車づくりの知識と大胆な発想力を駆使し、プログラムの変更とタイヤをスポンジで作ることで打開しようとする。
スポンジならギュッと縮めて筒に入れられ、走る時には十分な大きさに膨らむ、軽いし安いし、加工もしやすい。着地の時のショックもやわらげることができ、いいこと尽くしである。

これまで様子を見ているだけだったピコは、自分ができなかった発想と、失敗を乗り越えて良い物を作ろうとする六太の考え方に衝撃を受けた。

「パラシュートの『パ』ぐらいは教えてやってもいいかな」

ピコはパラシュートの布を素早くキレイに畳みながら、作業の心構えを話し始める。
それは、キャンサットが本物の宇宙船と考え、自分の隣にいる宇宙飛行士を一緒に乗せて打ち上げるつもりで、全部の作業をやれということ。
そして、隣の男の命を預かったつもりで、パラシュートは女子が畳む方がより良いことを教えた。

「パラシュートってのは、愛で開く」

その昔、戦場へ行った夫やボーイフレンドに無事に帰ってきて欲しいという願掛けの意味で、パラシュートが開く生命線になる収納作業は女性がやっていた。
成功率を少しでも上げるため、ゲン担ぎとして女性がやったほうが良いらしいのだ。
ピコのアドバイスと、六太の大胆な発想のおかげで、E班にもようやく成功の兆しが見えようとしていた。

その頃、宇宙では――。
吾妻たちの乗る宇宙船・ルーニエ2号が、月周回軌道に到着し、着陸船ナウカによって、無事月面に降り立っていた。
数時間後には、ムーンベースに滞在している日々人たちCES―51のクルーとの対面果たす予定となっており――?



#56

2013年5月4日

『酒の約束』




六太たち宇宙飛行士候補生の次なる訓練は、カムバックコンペティションへの挑戦だった。

カムバックコンペティションとは、パラシュートの展開システムや、自動制御のローバーを作り、どのくらい正確にゴールへたどり着けるかを競う大会である。
しかし最下位でゴールしたE班のサポート役は、全くサポートする気のない屁こき技術者、ピコ・ノートン。しかも完全な酔っ払いだったのだ。

ピコに不安を感じた六太とケンジは、ピコが所属するデンバー社の職員に、彼について話を聞くことにした。
職員によると、ピコは帰還船オリオンの開発を任されており、さらにパラシュートの展開システムを開発・製造するサブプロジェクトの総合責任者とのことだった。
しかも、日々人たちが帰りに乗るオリオンのパラシュートも、ピコが手掛けたものらしい。
職員は熱く語る。
ピコはただの酔っ払いではない、試行錯誤を繰り返し、やっと今の使えるパラシュートシステムに仕上げた技術者が、ピコ・ノートンなのだと。

気を取り直し、ローバーの制作を開始することにした六太たちE班。
ネットで調べた図面を頼りに、ボディらしきものを作ったのだが、一つ問題が浮上した。
E班は最下位チームのため、制作費は600ドルと一番低額で、このままだと1機しか作れないのである。
六太は言う、「失敗して壊れるの前提で、最低でも2機作れるくらいの余裕があった方がいい。モノ作りには失敗することにかける金と労力が必要だ。失敗を知って乗り越えたモノなら、それはいいモノだ」と。

六太の言葉を聞いたピコは、ブライアンが亡くなった、アレス計画を思い出していた。
失敗を繰り返し良いものを作っていたにも関わらず、予算の問題で計画にピコのパラシュートシステムが採用されなかったのだ。

「人の命預かってんだ! 金に糸目つけてんじゃねえ!」
もしピコが担当すれば、ブライアンは生きていたかもしれなかった。
そのことをピコはずっと悔いていたのだ。



#55

2013年4月27日

『遠すぎるゴール』




宇宙飛行士候補生・アスキャンが、砂漠70キロを踏破するサバイバル訓練の最終日。
にも関わらず、六太は高熱にうなされ、ダウンしてしまっていた。
一人でもリタイアすれば、仲間全員がリタイアしたことと同じ。
E班全員がリタイアするか、それとも今日中のゴールを目指して進むか、六太は判断を迫られていた。
しかしこの日のリーダーは、未来が見えるアマンティ。
彼女にはわかっていた、六太が続けるということを。

「南波の荷物は、俺が全部持つよ。当然だ」
六太の具合が悪くなったのは自分のせいと思っていた新田は、出発の時、六太のリュックを持ち上げ、一人で背負おうとしていた。
しかしケンジもせりかも、仲間全員、六太の荷物を持ち、サポートする気満々。

仲間の優しさに救われ、六太は思う。
「最下位でもなんでもいいから絶対……ゴールまで歩いてやる。1位と最下位の差なんて――大したことねーんだよ」

辛い道中だったが、ようやくゴールが見えてきた。
「着いた……これでようやく次の訓練に――ん?」
六太たちの視線の先に、上空からパラシュートの付いた物体が落ちてくる。
やがて車道脇の乾いた大地にドシュッと落ちる――と、パラシュートの先についていた物体、留め金がバカッと外れ、ザザッとタイヤのようなもの(キャンサット)があたりを走行しはじめた。
それはサバイバル訓練をトップでゴールしたA班のもの。
カムバックコンペティションに参戦するため、早々に研究している真っ最中だったのだ。

カムバックコンペティションとは、昔から開催されている、宇宙好きの学生たちを中心とした超小型衛星・キャンサットの打ち上げ大会のこと。
アスキャンたちは次の訓練で、キャンサット(パラシュートの展開システムと、自動制御で動くローバー)を作るのだ。
指導してくれる技術者を選べるのは、サバイバル訓練のゴール順。
そのため最下位のE班は、残り物の『やる気のない訓練教官』を掴まされてしまい――?



#54

2013年4月20日

『俺には運がある?』




サバイバル訓練、5日目の夜――。
六太は焚き火を眺めながら思っていた。

『……なんか見えるな……いろんなもんに』
六太の視線の先には長いサボテンがあり、それが手前の焚き火の形と合わさって、ロケットと噴射炎に見えてきたのだった。その光景から六太は、日々人を乗せたロケット・マルスワンが飛び立つ姿と、その時一緒にいたデニール・ヤングの言葉を思い出す。

『――空は誰の物でもない。だが人生は自分のもの。人生はコントロールがきく』

「あれから俺は宇宙飛行士になって……少しは人生のコントロール、効いてんのか? いや……俺は……どこへ行くんだろう……」
さらに六太は、宇宙飛行士としての一歩を踏み出し始めた日のことを思い出していた――。

『我々JAXAは君を――宇宙飛行士として迎えます――おめでとう! 君には運がある!』
宇宙飛行士選抜試験・合格発表の日、六太はJAXAの職員・星加に呼び出され、近所の公園で合格結果を聞いたのだ。

そしてその数カ月後――。
六太は日々人と交わした『一緒に月へ行く』約束を果たすため、ヒューストンでの合同基礎訓練へ望んでいた。合同基礎訓練とは、各国の新人宇宙飛行士候補生がNASAに集まり、一緒に同じメニューの訓練をこなすというもの。ヒューストンへ着くと、さっそくNASA主催の歓迎会で、新たな仲間・占いがことごとく当たるという、アマンティと出会った。軽い気持ちで六太も占ってもらったのだが、明らかに不穏な眼差しを見せるアマンティに不安が募る。一体、六太の未来になにをみたというのだろうか――?

――その謎が解けぬまま、現在。
明日はいよいよサバイバル訓練の最終日となっていた。
どこまで順位を上げられるかが勝負なのだ。
にも関わらず、ぶるっと身震いする六太。
どうも体調がよろしくない。
『もしかして……このことか……?』
病は気からと信じたいものの、六太はアマンティの不安な占い結果を思いだしていた――。



#53

2013年4月13日

『生きて二人で月に立とう』




日々人が月に来て2カ月――。

「俺ももう全然行けるんだけど、外」

船外活動するフレディとリンダを眺め、日々人が羨ましそうにつぶやいた。
あの事故以来、日々人には船外活動の許可がおりないでいたのだ。
サポート中のバディと話しながら、月に来てからのことを振り返る日々人。
2カ月よりもっと長い間月にいる気がするのは、やはりあの事故のせいのようだった――。

日々人たちが月に来て間もなくの頃――。
無人探査機・ギブソンとの通信が途絶えた。
管制からその連絡を受けた日々人とダミアンは、ギブソンを見つけ出して修理するため、基地を離れることとなったのだ。
しかしその途中、日々人とダミアンが乗ったバギーは、突然の衝撃に見舞われてしまう。

気づくと、そこは太陽光の届かない暗い谷底だった。
一緒にいたダミアンは足をケガして立てなくなっており、音声機能と体温を調節する循環機能も故障してしまったようだった。
そして日々人も、酸素のメインタンクを脱出の際に破損してしまい、危険な状態となってしまう。

それでも日々人は諦めず、凍え続けるダミアンを発見したギブソンに乗せ、太陽の光があたる安全な場所へと連れて行く。
だがその時にはもう、日々人の酸素は残りわずかとなっていた。
どう考えても、基地からの救援は間に合いそうにない。
どうせ死ぬなら満点の星空を見て死にたいと思い、日々人は再び谷底へと向かおうとしていた。
しかしその途中、ピカッと光るモノを視界の端でとらえる。
気になって光に近づくと、それは大先輩ブライアンが『いつか兄弟で月に立てるように』と望んで残したフィギュアだった。
さらに奇跡は続き、日々人の目の前には、酸素を生成できるローバー・ブライアン3号も現れたのだった――。

――そして現在。

『今度あそこに行く時は、きっとムッちゃんと一緒だ』

日々人はブライアンフィギュアが置いてあった場所を思いながら、六太と交わした約束が果たされることを願うのだった。



#52

2013年4月6日

『兄とは常に』




宇宙飛行士候補生・アスキャンの、サバイバル訓練5日目の夜。
砂漠のど真ん中でキャンプをしていた六太は、たくさんの流星群を見上げながら、子どもの頃を思い出していた――。

2006年7月9日。
星空の下、録音機を持って調査遊びをしていた六太と日々人は、偶然にも月へ向かうUFOを目撃し、『二人で一緒に宇宙飛行士になる』と、約束を交わした。

そして2025年5月――。
日々人は約束を守って宇宙飛行士になったが、六太は自動車会社をリストラされ、職探しの真っ最中となっていた。

『兄とは常に弟の先に行ってなければならない』
なのに何をやっても六太を追い越し、先を行くのは日々人だった。
六太は落ち込んでいた。自分は何がやりたかったのか……と。

そんな時、母に事情を聞いた日々人からメールが来る。
『2006年の7月9日。ムッちゃんが録ってたテープを聴いてみろよ』
テープを探し出して聴くと、そこにはハッキリとした言葉で、子どもの頃の『約束』が残されていた。

テープを聴いて以来、六太は日増しに宇宙への想いを膨らませていた。そしてある日、なぜか自分宛てにJAXAから封筒が届く。それは新規宇宙飛行士選抜試験の、書類選考合格通知。
実は日々人が母に頼み、JAXAに六太の履歴書を提出していたのだ。

しかし六太は、次の選考試験を受けるか悩んでいた。その気持ちを察したシャロンは、『今のあなたにとって、一番金ピカなことは何?』と助言する。六太はようやく思い出す。『月にシャロンの望遠鏡を建てたい』、そう思っていたことを。

一カ月後――見事筆記試験に合格した六太は、喜びのあまりトランペットを吹き鳴らしていた。
『メロディなきメロディを奏で、道なき道へ行こう。そこに俺にとって一番の、金ピカがあるのだ――!』

現代・砂漠のど真ん中――。
六太は遠い先へと続く、道なき道を眺めていた。
そして、早く宇宙に行きたいという気持ちをこめ、流れ星に願いを叫ぶのだった。



#51

2013年3月31日

『生きた石コロ』




夜の砂漠を戻り、ようやく携帯電話を捜し出すことができた六太と新田。
だが時はすでに遅く、新田がずっと待っていた、弟・カズヤからの着信には、間に合わせることができなかった。

キャンプ場所へと戻る中、肩を落とす新田に、『カズヤともし話せたら、何を話すつもりだったのか』と尋ねる六太。
新田は重い口を開くと、カズヤも住めるようにヒューストンに広い家を借りたこと、『気が向いたら遊びに来い』くらいは言うつもりだったこと、そして、南波兄弟を羨ましく思っていたことを告白した。

それを聞いた六太は、出来過ぎた弟を持つと苦労すること、新田が羨むほど素敵な兄弟でもないこと、そして、お互い様だから言わせてもらうと前置きした後、新田のような弟を導ける兄になりたかったことを告白した。

その頃カズヤは、今晩アメリカ上空で見える流星群の情報を、JAXAのホームページで確認していた。
カズヤもまた、アメリカにいる兄のことを想っていたのだ。

そして何気なく、アスキャンたちのメッセージ動画に、新田の名前を見つけると――。

『今……自分の居場所がないと強く感じていて――小さな世界に閉じこもっている人がいたら、聞いてください。それこそが、外に飛び出す原動力です』

思わず目頭を熱くするカズヤ。
それは、『一歩踏み出す勇気をもって欲しい』という、兄・新田からのメッセージだった。
電話では話すことができなかったが、それでも新田の想いはカズヤに伝わっていた。

そして――。
長い道のりの末、六太たちはようやくキャンプ場所へと戻ってきていた。
新田はみんなに謝ると、戻った理由、自分に弟がいることを全て打ち明けた。
アマンティが初対面時に『新田には弟がいる』と言った占いは、ちゃんと当たっていたのだ。
そのこともあり、六太は不安なことを思い出していた。
アマンティの占いでは、自分の身に良くないことが起こるらしいのだ。

六太を待ち受ける不吉なこととは、一体なんなのか――?