読売テレビ・日本テレビ系 全国ネット 毎週日曜あさ7:00

今までのお話

#50

2013年3月24日

『ニッタとムッタ』




サバイバル訓練5日目。
六太たちE班の順位は4位まで上がっていたが、ひとつ問題が起きていた。新田が大事に持っていた携帯を、ここに来るまでのどこかで落としてしまったらしいのだ。聞けば新田は、この訓練の期間中に『大事な電話があるから常に携帯を持たせてくれ』と、訓練教官に頼みこんでいたらしい。しかもその電話は、今晩かかってくる予定とのことだった。新田は自分だけ取りに戻ると言い出すが、この日のリーダ―である六太は、みんなで進むことを決める。夜になれば、携帯は着信でチカチカ点滅するはずである。そのことに気付いた六太は、夜になってからみつけにいくのが得策と思い、先へ進む判断をしたのだ。

その夜――。
満点の星空の中、六太と新田は昼間歩いてきた砂漠の道を戻っていた。その道中新田は、なぜ自分と戻る気になったのか六太に疑問を投げかけた。
「この訓練で誰より1位を目指してたのは新田だろ。その新田が順位よりも今大事なもんがあるっていうんなら……そっちを優先すべきなんだろうなって思っただけだ」
それを聞き、重い口を開く新田。
「……俺にも一人、弟がいる」
隠すつもりはなかったが、南波日々人と比べられるのが嫌で言い出せなかったというのだ。
今晩電話をかけてくるのがその弟で、話すのは2年ぶりになるという。

新田の弟の名前はカズヤ、25歳。
部屋から一切出ず、出ない理由をきいても、「僕にもわからない」としか答えない。
新田は、兄としてずっと何とかしてやりたいと思っていたが、今まで何度も、そのチャンスを逃してしまっていた。
たった1本の電話で、どうにかなるとも思えないが、それでも希望を持っていたのだ。

しばらくして、前日食糧があった地点に到着した六太たち。
目を凝らしよくみると、草の陰でチカチカ携帯が光っていた。
『俺はまた……チャンスを逃したんだな……』
着信はあったが間に合わなかったようだ。
悲しみと悔しさの顔を浮かべる新田だった。



#49

2013年3月17日

『リーダー新田』




最初の合同訓練はサバイバルだった。アスキャンの30名は、これから6日間、チームワークの理解を高め、自力で生活する術を身につけながら、70キロ先の目的地『アマリロ』まで歩くことになったのだ。

しかし、初日から最下位になってしまった六太たちE班。最下位チームは、1日の終わりに、リーダー以外の1人が罰を受けなければならない。どんな罰かわからない状況の中、六太は自ら実験台になるとカッコよく宣言する。しかしその表情は、実はこすい顔になっており……。

『どーせ罰が回ってくるなら、まだ体力のあるうちにやっとこう…!』
と思っていた。

最下位の罰の内容はシンプルだった。ジャスト1時間、気をつけの姿勢を保ったまま立ち続けるのだ。しかし、これが見た目に反してとてもキツイ。六太の両足はプルプルと震えがきていた。それを座って見守っているせりか、絵名、新田、アマンティ。ケンジは六太の傍らに立っていて、自分を責めていた。

「本当に……ごめんムッ君。遅れた責任は僕にあるのに」
しかし六太は言う。
「初日のリーダーを買って出たケンジはやっぱ……さすがだ」

見本があるわけではない、もし自分がやったら、何やっていいかも分からないままグダグダになっていたというのだ。言い終わり、ふと空を見上げる六太。一同の頭上には、満天の星が広がっていた――。

サバイバル訓練4日目。全体の半分まではきていたが、E班はまいだ最下位だった。この日のリーダーは新田。誰よりも早く宇宙へ行きたい新田は、順位がつけられるとわかっているものなら、全部トップを狙わなきゃダメだと焦り、飛ばしていた。

サバイバル訓練5日目。昨日のリーダー新田の「ふんばり作戦」が功を奏し、E班は4位に浮上していた。そして、誰も罰を受けずにすんだせいか、みんなの歩幅は、少し大きくなっていた。今日3位まで上がっておけば、明日1位になるのも可能だ。
リーダーは六太、張り切る一同だったが――?



#48

2013年3月10日

『心にいつも万歩計を』




アスキャンの合同訓練のため、ヒューストンにやってきた六太たち。
歓迎会も開かれ、占いが得意なアマンティとも意気投合。
六太もさっそく占いをしてもらい、今後の展望的なことをみてもらったのだが……アマンティは何やら不穏な表情を浮かべてしまう。
六太の未来に、なにかよからぬものが見えたらしいのだ。

そして後日、いよいよ合同訓練が開始された。
訓練教官、通称・スポンサーは、先輩宇宙飛行士である、ビンセント・ボールドと、ラリー・パイソンの2名。
バスで砂漠へ連れてこられた六太たちは、1チーム6人制、全5チームに別れることになった。
六太はE班、ケンジ、せりか、絵名、新田、アマンティの6人。
気温は40度。
背負う荷物は、1人平均12キロ。
これから6日間、アスキャンたちは毎日リーダーを変えながら、70キロ先の目的地「アマリロ」まで、サバイバル生活をしながら歩くのだ。

初日のリーダーはケンジ。
まずは自分たちの指導員と合流するため、照りつける陽射しのもと、砂漠を進んでいた。
道中、六太がサソリに襲われたりもしたが、アマンティは、「六太はサソリには刺されない」と断言。
アマンティがそう言うのだから問題ないと、自分を納得させる六太だったが――。
『サソリ「には」刺されません……でも何かには、刺されるんだ――!』
と考えすぎていた。

ようやく指導員と合流することができた六太たち。
指導員は、先輩宇宙飛行士であるマイク・デイビスと、ローリー・クオモだった。
久々に再会したローリーに喜ぶ六太だが、ローリーは知らんぷり。
抑圧的な口調で厳しくやり通せと、ビンセントから命令されていたのだ。
この時点でE班の順位は最下位、遅れた罰で腕立て伏せの罰を受けることになってしまう。
これからは、常に順位を気にして歩かねばならないのだ。

休憩後、食料を目指して再び歩きはじめる六太たち。
罰を受けたせいで疲労が見える中、砂漠には、早くも夜が近づいていた――。



#47

2013年3月3日

『最初の約束』




宇宙飛行士候補生、通称・アスキャンとなった六太たちは、2年間の合同基礎訓練を受けるため、アメリカ・ヒューストンにやってきていた。

本格的な訓練まではまだ時間があるため、各自住む家を決めたりと、生活を安定させていたのだが……。
六太には、ずっと気になっていることがあった。
それは、ケンジが言いかけた『紫に聞いた気になる話』のこと。
どうやらこれからの訓練中に、『なにか』があるらしいのだ。
ケンジはいま六太にきかせる話ではないと判断し、言いかけてやめたのだが……。

『余計気になる! チクショーケンジのヤロウ……紫さんに一体何をきいたんだよ……!?』
どうしても気になった六太は、直接、紫に聞きに行くことにした。

ジョンソン宇宙センターに来た六太は、さっそく紫を捕まえ、話を聞こうとする。
気になる話の内容は、『2年間の訓練中には、必ず脱落者が出る』ということだった。
どうやら、いくら宇宙へ行きたくても、訓練中に『自分には宇宙は向いてない』とわかり、諦める者がいるらしいのだ。
そんな話を聞き終わり、若干ヨロヨロしてしまう六太。
自分が『宇宙に向いてない者』だったらと、不安になってしまったのだ。
自分が諦めなければいいだけの話だと、なんとか自分に言い聞かせるが、不安は募るばかり。

後日、六太はアスキャンの歓迎会に出席していた。
そこでジェーソン・バトラー室長から報告があり、いま月にいる日々人が勲章を授与されたことを知らされた。
日々人の功績の素晴らしい点は2点、傷を負った仲間を助けたこと、自らも生きて帰ったこと。
六太たちはバトラーに、宇宙開発の未来のためにも、必ず生きて帰ってくるということを約束した。

盛り上がる歓迎会内では、各国で交流が行われていた。
その個性は多種多様で、中でもインドから来たアマンティ・パテルは占いや予知能力もあるらしい。

六太もさっそく見てもらったのだが……、アマンティは明らかに不穏な表情になり――?



#46

2013年2月24日

『せっかちやろうナンバーワン』




無事、宇宙飛行士候補生となり、青いジャンプスーツに袖を通すことを許された六太たちは、ヒューストンにあるNASAに向かうため、国際空港へと集まっていた。
これからの2年間、短期間で一流の宇宙飛行士になるため、各国の新人宇宙飛行士候補生と一緒に過酷な合同基礎訓練を受ける。

自分も負けられないと張り切る六太は、さっそく紫にもらったメール、『空港へ着いたらすぐジャンプスーツに着替えよう!』に従い、空港のトイレでジャンプスーツに着替えていた。
しかし、ジャンプスーツは宇宙飛行士の証、空港の広いロビー内では目立ちすぎる。

早くみんなと合流したいとキョロキョロする六太。
ようやくケンジたちと合流することができたのだが……六太以外は誰一人としてジャンプスーツを着ていなかった。

驚く六太、慌てる六太、焦る六太。
実は六太は、メールの文面を最後まで読んでおらず、見事に紫のいたずらに引っかかってしまったのだ。
同じメールを紫からもらったケンジは言う。
「僕なりに考えた結果……『最後まで見落とさず確認しろ』、すなわち、『常に注意深く物事を観察すべし』――という戒めと」
つまり、ジャンプスーツを着てくる必要まではないが、着ている気持ちでいろ、そして候補生としての自覚を忘れるなという意味ととらえたのだ。
すかさず、六太は心の中で突っ込んだ。
『そんな深い意味ねーよっ!』――と。

テキサスに到着すると、元気な小町がせりかたちを宿泊先のホテルまで先導した。
明日からは各自の部屋探し。
10日後には訓練が始まるため、それまで生活を整えなくてはならないのだ。

その夜――。
ホテルではなく、日々人の家に泊まることにした六太とケンジ。
ソファに座り、テレビを何気なく見ている六太に、ケンジが気になる発言を投げかけた。
「毎回この2年間の訓練中にさ……いや……やっぱいいや。ごめん」
その続きが気になる六太、しかし続きを訊こうにも、ケンジは答えず――……?



#45

2013年2月17日

『5人の青レンジャー』




月面で遭難するも、ギリギリの所で命を取りとめることができた日々人。
その無事を確認した六太は、日々人と交わした『一緒に月へ行く』約束を果たすため、これからNASAで行われる基礎訓練を前に、日本国内での新入社員研修とオリエンテーションを続けていた。

そんなある日、六太はシャロンに「見せたいものがある」と呼び出される。
天文台へと来た六太は、そこでシャロンから一冊のファイルを渡されたのだ。
それには月面望遠鏡の計画図が載っており、シャロンは嬉しそうに語りだした。

「やっと予算がこっちにも回ってきてね。ウチの天文チームが長年練ってきた計画が、ようやく動き出すのよ」

話を聞き、子どもの頃を思い出す六太。
シャロンが夢見る月面望遠鏡は、これまでの宇宙望遠鏡よりも遥かに遠い、深宇宙を見ることができるもの。
完成すればきっと世界の天文学は大きく飛躍し、新たな発見が相次ぐはずのものだった。
その上、シャロンには大きな願いがあったのだ。
亡くなった最愛の夫・金子進一が発見した小惑星、『シャロン』の姿を、少しでも大きく見たいと思っていたのである。
子どもの頃、六太がシャロンと交わした約束は、『自分が月へ行き、シャロンの望遠鏡を建てる』こと。
シャロンとの約束を再確認した六太は、『やるべきことはたくさんある!』と張り切っていた。

数日後、JAXAには、ブルースーツ姿の候補生たちが揃い、壇上に立った茄子田と紫が今後の予定を伝えていた。
いよいよ候補生たちは明日、日本を出発し、ヒューストンでの合同基礎訓練が始めるのである。
合同基礎訓練では、各国の新人宇宙飛行士候補生がNASAに集まり、一緒に同じメニューの訓練をこなすという。
低コストで、しかも短期間に一流の宇宙飛行士を育てるためのプランなのだ。
そこで出会う各国の強者は、六太と同じ同期生である。
それは、新たに自分の一番の仲間になり、一番のライバルになる候補生ということで――?



#44

2013年2月10日

『3人の宇宙飛行士』




自らの状況を重く受け止め、死を覚悟した日々人。
しかしその直後、思わぬ所で大先輩・ブライアンが残した宝物に出会うことができた。
だがすでに酸素残量はゼロ、酸素不足の息苦しさから、日々人にはまたもや幻聴が聞こえていた。

『助けてやろうか? ヒビト』
薄れゆく意識、その中で見つめた先には、なんとブライアン・Jが立っていた。
『来てやったぞ、ヒビト。この大先輩ブライアン・Jが――』
そして歩いてくるブライアンの背後にも、何かが見えてきた。
それはプレートに『BRIAN―03』と書かれた、酸素を生成できるローバー・ブライアン3号。

「やっぱり……来てくれるんだな、あんたは」
こうして日々人は、今にも気を失いそうな状態の中で必死に手を伸ばし、なんとかブライアン3号から酸素をもらうことができた。
NASAのコントロールセンターでは、日々人の無事を確認し、ほっとした様子のクラウドが吾妻に話しかけていた。
実は吾妻は、六太の判断を信じ、自ら指揮をとって20キロ離れた場所にブライアン3号を移動させていたのだ。
「アズマ……君のおかげだ。君がここにいてくれたから、ヒビトを助けられた」
クラウドの言葉に吾妻が返す。
「俺の判断じゃないですよ。ヒビトの兄の判断です――ナンバムッタ。もうすぐ、我々の仲間になる男です」
2日後――。ずっと日々人を心配していた六太は、ようやく交信を許され、JAXAのモニターに向かっていた。
画面の中の日々人は意外にも元気そうで、自分は3人の宇宙飛行士に助けられたと言う。

1人目は月面に人形を置いてくれ、自分を呼び止めてくれたブライアン・J。
2人目は指揮をとってブライアン3号の自分のもとへ送ってくれた吾妻。
そして3人目は、ブライアンの行き先を示してくれた六太だ――と。

「ありがとな、ムッちゃん――俺らは生きて、一緒に月面に立とうぜ」
日々人の言葉に、目頭を熱くさせた六太が答えた。
「バカヤロウ……当たり前だ――」?



#43

2013年2月3日

『ブライアン』




酸素残量が8分を切った日々人。

ダミアンを直射日光があたらない安全な場所へ移すと、日々人はひとり月面を歩きだしたていた。どうせ死ぬなら満天の星空を見て死にたいと思い、よく星が見えた谷底に落ちようと思ったのだ。
だが、崖から飛び降りようとしたその時、日々人の視界の端にピカッと光るモノが見えた。
それは、月面着陸直後に見た謎の光のよう。
『どうせ死ぬなら、謎の光の正体を知ってからがいい……』
そう思い、日々人はゆっくりと光の方へと近づいた。
そこにはなんと、胸にBRIANと手書きされた、宇宙飛行士のフィギュアが立っていた。

『ブライ……アン……』
ブライアン・Jは、日々人にとって親父のような、兄貴のような、あるいは友人のような大先輩だった。
新人だった日々人を自分の控えに推薦し、宇宙飛行士に必要なことを教えたのもブライアンだったのだ。
彼の口癖は――『来てやったぞ、ヒビト。助けてやろうか? 大先輩ブライアン・Jが』――。
日々人が手にしたフィギュアの背中には、それぞれフィギュアを持って並んでいる少年時代のブライアンとエディの写真が貼られていた。
『そうか、ブライアンがこれをここに……』
このフィギュアは、ブライアンがいつか兄弟で月面に立つことを願って置いたものだったのだ。

思わぬ所でブライアンの大切な物を見ることができた日々人だったが、酸素は残り1分にまで減っていた。
酸素不足で息苦しさが増し、目もうつろになり、その脳裏には幻聴ともいえる声が聞こえてくるほど。
やがて幻影まで見えてきた。
『来てやったぞ、ヒビト、助けてやろうか? 大先輩ブライアン・Jが――』
すぐに幻影は消えたが、日々人は息を切らしながら、月面に両手を突いてしまった。
「へへ……今こそ……助けてほしいね」
日々人の酸素残量は、ほぼなくなっていたのだ。
『悪い……ムッちゃん――』

そしてついに、日々人は完全に倒れ込む。
その瞳は、もう完全に閉じてしまい――……?



#42

2013年1月27日

『日々人の選択』




凍え続けるダミアンをギブソンに乗せ、太陽の光があたる場所を目指して崖の斜面を走る日々人。
だが崖上まではまだ距離があるにも関わらず、ダミアンの鼓動はどんどん早くなっていた。

『今すぐ熱をつくらねえと。どーすりゃいい……!? 熱……! 熱……!』

なにかすぐ対応しなければと持ち物を確認したところ、日々人は自分の宇宙服に取り付けられた照明弾に気づいた。
そして、照明弾の発光熱で石を熱くし、それをダミアンの宇宙服に固定すれば、凍り付いた循環水を溶かせるかもしれないと考える。

残された照明弾は一つだけ、使ってしまえば自分たちの居場所がフレディたちに知らせることができない――

が、日々人はダミアンの命を最優先に考え、すぐさま行動。
なんとか時間を稼ぎ、ダミアンを崖上の太陽の光が当たる場所へと運ぶことができた。

一方NASAでは、日々人たちが崖から脱出したことにより、宇宙服の信号を捕えることができていた。
その信号の場所は、バギーが落ちた地点から20キロ移動した所、六太が地図を見て推測し、JAXAが伝えてきたポイントだった。
日々人たちの生存にほっとしたのもつかの間、いままで管制が知らなかった問題が発覚する。
ビートルが救出するまで20分はかかるのに、日々人の酸素が残り10分ももたないのだ。

ダミアンを安全な場所へ移すと、日々人は自分の置かれた状況を重く受け止め、一人月面を歩きだした。
どうせ死ぬなら満天の星空を見て死にたいと思い、再び谷底に落ちようと思ったのだ。

『俺の死体を引き上げるのにフレディたちに面倒かけちまうが、まあ許してくれよ、それくらい』

崖の淵に立ち、ザッと一歩を踏み出そうとしたその瞬間――

日々人の視界の端に光が見えた。
それは月面着陸直後に見た謎の光だった。

『どうせ死ぬなら、謎の光の正体を知ってからがいい』

残された時間はあとわずか、ゆっくりと光の方へと近づいた日々人が、そこで見つけた驚くべきモノとは――?



#41

2013年1月20日

『あと80分の命』




「我々がダミアンとヒビトにしてやれること――2人とも必ず生きて帰ると信じること」

いまだ通信が途絶えたままの日々人たちを救出しようと、クラウドの言葉に一丸となるNASA職員たち。
救出に使用するビートルの充電を待っている間、吾妻の提案で、今すぐ動かせる無人ローバー・BRIAN3号を向かわせることとなった。
月面の谷底では――。

『メインタンク酸素残量ゼロ……予備タンク酸素残量……80分……!』

崖を上ろうとした際に酸素タンクを破損してしまった日々人は、救出までの時間を考え愕然としていた。

『俺は……助からないかもしれない……』

しかし、日々人が子どもの頃、素直に月へ行きたいと思えたのは、アポロの飛行士たちがちゃんと無事に帰ってきたからである。
これから宇宙を目指す子どもたちのためにも、日々人は諦めるわけにはいかなかった。
時間をかけ、再度崖を上り、ギブソンを使ってダミアンを運ぶ日々人。
凍え続けるダミアンの体を温めるためにも、早くひなたに行かなければならないのだ。
日々人はギブソンの上にダミアンをロープで固定し、緩やかな斜面を駆け出した。

『酸素残量、あと40分!』

一方つくば宇宙センターでも、日々人を救おうと星加たちが3Dマップを作成し、奮闘していた。
そこに、連絡を受けた六太が駆けつけた。
日々人たちの現状を聞きくや否や、地図の谷の端を指すと――。

「ヒューストンに頼めませんか、ビートルの行き先をもっとこっちの方に変更してもらえないか……」

その位置は2人が落ちた位置から20キロも離れた場所。
2人が緩やかな場所から谷を上ろうとしていると仮定して、ビートルをそちらに向かわせて欲しいというのだ。

「日々人は多分、じっとしてないから――」

だが六太の意見をNASAは承諾しなかった。
救助が来るまでは、落下した現場に待機している可能性の方が高いと判断したのだ。
しかし日々人は、六太の予想通りに行動しており――……?