読売テレビ・日本テレビ系 全国ネット 毎週日曜あさ7:00

今までのお話

#40

2013年1月13日

『天国で地獄』




通信が途切れた無人探査機ギブソンを捜索するため、月面をバギーで走行する日々人とダミアン。
道中では楽しげな会話もしていたが――慣れない視界のせいで乗っていたバギーが深い谷へと突進、そのまま一気に暗闇へと姿を消してしまった。

気づくと、日々人が落ちたのは太陽光の届かない暗い谷底だった。
衝撃で朦朧とする意識の中、日々人は大先輩であるブライアンにかつて質問されたことを思い出す。

『自分が死んだらどうなるか――天国と地獄はあると思うか?』

日々人の答えは『ない』だった。

天国も地獄も、生きている時にみるものだと思っていたのだ。
起き上がると、日々人は冷静に自分の置かれた状況を把握した。
まず宇宙服の酸素はメインタンクだけで10時間は持つようだった。
救援までは約4時間。
辺りは真っ暗で、ダミアンの姿はどこにもなかった。
不安は募る一方だが、ふと見上げると頭上には目映いばかりの星空が広がっていた。

『めんどくせー場所だな、ここは地獄のくせに天国に見える』

深い闇に落ちたせいで死ぬほど星がキレイに見えたのだ。
しばらくすると、捜していた無人探査機ギブソンを見つけることができた。
そしてその前方に、幸運にもダミアンが放った照明弾を確認した。
なんとかダミアンの傍まで駆け寄り、その安否を確かめる日々人。
ダミアンは足をケガして立てなくなっており、音声機能と体温を調節する循環機能も故障してしまったようだった。

ダミアンは日々人の足手まといにならないよう『自分を置いていけ』と伝える。

そんな彼を前に、日々人はダミアンの息子アランのことを想っていた。
アランのためにもダミアンを助けたい、そう思った日々人は、ギブソンでダミアンを運ぶため、彼を担ぎ岩を登ることを決めた。
だが、壁面に手を掛け上ろうとした瞬間――岩が崩れ、日々人はそのまま落下してしまう。
背中から落ちた日々人の酸素タンクにはヒビが広がり、そのまま爆発的な音が出て――?



#39

2013年1月6日

『月の錯覚』




見事、宇宙飛行士の候補生として採用された、六太、せりか、ケンジ、絵名、新田の5名は、JAXAの入社式のあと、理事長である茄子田から、人という字に例えられた深い話を聞かされていた。

「人という字は、人と人とが互いに支え合って生きている! ――みなさんも一度は思った事でしょう。支え合ってるか!? ――と!』

茄子田はホワイトボードに書かれた「人」の線の短い方を指し、言葉を続けた。

「どぉ~~見てもこっちの負担が大きいだろうと! つまり私が言いたいのは、人という字は支え合っているのではない。支える者がいて、その上に立つ者がいる」
そしてもう一度「人」の線の短い方を指し――。
「我々JAXA職員のほとんどはこっち」
今度は「人」の線の長い方を指した。
「あなた方宇宙飛行士は――こっちです!」

茄子田は、ほとんどの職員は飛行士を支える発射台に過ぎないが、飛行士たちを宇宙へ送り出すためならば全力で支えていく覚悟がある、と六太たちに力説したのだ。
候補生たちは、これから約1カ月間、新入社員研修と日本国内でのオリエンテーションを受け、そのあとNASAでの基礎訓練を1年半から2年間続ける予定となっている。
その訓練の道中で気付くであろう、支える側の人たちの想い。
茄子田の言葉で、六太たちの気持ちはきっちりと引き締められていた。

一方、月では無人探査機・ギブソンとの通信が途絶えていた。
管制から連絡を受けた日々人とダミアンは、ギブソンを見つけ出して修理するため、基地を離れることとなった。

バギーで月面を走る日々人たち。
会話は弾んでいたが、その目は空気がないせいで鮮明に見えすぎ、錯覚を起こしていた。
大きさを比較できる物が何もないため、遠近感もうまくつかめず、慣れない視界に戸惑う二人。
そして――。

日々人たちが乗ったバギーが突然の衝撃に見舞われてしまう。
不覚にもタイヤの下の地面がなくなり、バギーは深い谷底へと飛び出していたのだ――。



#38

2012年12月23日

『11件目のメール』




星加から直接合格発表を聞いた六太は、記者会見会場へと向かっていた。
遅れて到着した六太を壇上で待っていたのは、ケンジ、せりか、絵名、新田。
六太を含むこの5名が、新しい宇宙飛行士として合格したのだ。
会場は歓声と拍手で大盛り上がり。
しかし六太はいまだ夢心地で、『自分が宇宙飛行士になれる』という実感がえられないでいた。
そして居酒屋での祝賀会。
六太の携帯には祝いのメッセージメールが何件も届いていた。
なかでも『やっさん』こと古谷からは10件も来ており、その内容は――。
『なんやその答え! サル以下の発想やな!』
『ジブン一人だけ 顔がニヤケてるぞ』
など、ほとんどが六太に対するツッコミだった。
そのすぐ後、今度は福田が祝いにかけつけてくれた。
福田は六太、せりか、新田の合格が自分のことのように嬉しくなり、思わずテレビの前で泣いてしまったとのこと。
それはきっと古谷も同じだったはずだと、みんなで祝杯をあげるのだった。
店内の喧噪の中、宴会の時間は過ぎ――。
一人夜空の月を見ながらトイレで休憩をしていた六太は、いまだに合格の実感が得られずにいた。
そこに響く携帯のバイブ音。また古谷からのメールだった。
その文面は――。

『そーいえば大事なこと言い忘れてたわ。合格おめでとう』

六太は、立ち尽くしたままその言葉を受け止めた。
そしてさらに文面は続き――。

『閉鎖ボックスで2人を決めなあかんかった時、俺が言ったこと覚えてるか? 俺の中ではもう2人は決まってる。この2人しか考えられへんて。あれな……新田と――南波のことや。その2人が堂々合格して、その上伊東さんまで合格できた。ジブンら最高や!! 俺もなんか燃えて来たわ。待ってろよ南波! 俺も絶対宇宙行くで!』

読み終え、六太は涙をこらえながら月にいる日々人に尋ねた。
宇宙飛行士になったと実感したのはいつだったか――と。

『俺は――飲み屋のトイレで、友がくれた11件目のメールを読んだ時だ』



#37

2012年12月16日

『公園におっさん2人』




JAXAの合格発表を待つため日本に帰国した六太は、この2~3日、プチ幸運が異常に続いていた。引き出しの奥から商品券が現れたり、合計額が777円になったり、小銭がピッタリだったり、茶柱が必要以上に立ったり――。

『逆に怖い!! 逆に不吉!!』

六太が合格するかどうかは、もう運に頼るしかない。
にも関わらず、限られている運はどんどん減るばかり。
やけについている日々に、六太の不安は募るばかりだった。
その頃、受験者の一人、溝口大和の部屋では――。
『残念ながら今回は、不合格となりました』
JAXA職員・星加からの電話で、溝口は不合格となったのである。
理由を問いただす溝口に、星加は言う。
溝口はリーダーとしてこれからどんな職場でもトップに立てる人材だと思う――だが一つ、足りないことがある『仲間に頼る』ということだ――と。
それを聞き、溝口は閉鎖ボックスでの試験を思い出していた。

『初めて僕に反対意見を言う奴が現れた』

溝口よりも大人な、ケンジのことだった。

『真壁ケンジ……――真壁は合格だろう。そうでなきゃ、困る……』

一方、南波家リビングでは――。
幸か不幸か、おでこをケガして絆創膏を貼った六太が、「う~ん」と腕を組み、電話機の前で悩んでいた。連絡がくる予定の時間を、もう2時間以上も過ぎていたのだ。

『忘れられてる……? もしかして……』

――とその時、ようやく、プルルル! と電話が鳴った。
内容は、星加による『呼び出し』だった。

六太が公園に着くと、大勢の遊ぶ子供たちの中で違和感を発しているおっさん・星加がいた。
会話の中、六太が子どもの頃に星加と会っていたことを思い出すと――。
星加は六太に握手の手をさしだした。
「我々JAXAは君を――宇宙飛行士として迎えます――おめでとう! 君には運がある!」
あまりの感動で泣き笑いの顔をする六太。さらに星加は続けた。
「これからさっそく記者会見だ! 今日から君の、宇宙飛行士人生が始まるぞ!」



#36

2012年12月9日

『踊る宇宙飛行士』




せりかは伊東凜平の墓の前に立つと、備えられている日記を手に取り、子どもの頃を思い出していた。
せりかの父・凛平は、細胞などを検査する病理医だった。
そのため、せりかはよく顕微鏡を覗かせてもらい、そこに見える小宇宙に感動していたのだ。
凛平の部屋には宇宙関連のポスターや本があり、
『行けるものなら宇宙にも行ってみたい』と言っていた。

せりかはそんな凛平に、大きく影響を受けていたのである。
しかし、凛平は突然体調を崩してしまう。
ダンスの発表会を見に来て欲しかったせりかは、早く退院してほしいと懇願する。
凛平もそれまでには退院すると言っていたのだが――。
退院は発表会には間に合わなかった。
いまだ病床の凛平は、見舞いに来たせりかに頼みごとをする。

『日記を書いてくれないか』

退院するまでの間でいい、せりかにとって毎日がどんな日だったのか、それだけ知りたいということだった。
せりかは約束を守り、日記を書き続けた。
だが、凛平はなかなか退院することができなかった。
原因がわからない難病――ALS(筋萎縮性側索硬化症)だったのだ。
筋肉がやせて力がなくなり、最後は呼吸の筋肉も働かなくなる。
大多数の人は、おおよそ2年から5年で亡くなってしまう病だという。
せりかは凛平を助けたい一心で勉強をし、思いを決める。

『宇宙飛行士になる――』

宇宙には重力がなく、きれいなタンパク質の結晶を作ることができ、そのため脳の病気の原因も地上よりちゃんと研究できると知ったからだった。
宇宙ならば治療法も見つかるかもしれない、凛平の病気も治せるかもしれない――と。

墓に来る前、せりかはJAXAから自分が合格したことを聞いていた。

『お父さん……! 私……宇宙に行けるんだよ――!』

今日は父にそのことを報告しにきたのだ。
せりかはダンスするようにステップを踏み、風を受けて思いっ切りジャンプした。
その姿は、空の上の父に見てもらうかのようだった――。



#35

2012年12月2日

『だだっ広い施設のほんの一角から』




日本に帰国した六太は、ひとり焦っていた。
やるべきことはやり尽くし、もう運に頼るしかないにもかかわらず、とってもムダに運を消費してしまっていたからである。
幸運の犬・アポに祈りながら、六太はJAXAからの電話を待っていた。
そしてケンジもまた、家族と一緒に合格発表を待っていた。

『この一本の電話から、俺の毎日は変わるかもしれない』そう思いながら――。

宇宙飛行士を目指すまで、ケンジは仕事にいつも物足りなさを感じていた。
ケンジの仕事は光化学研究所の職員。
毎朝目覚ましが鳴る前に起き上がり、いつも同じバスに乗って会社に向かう。
仕事も好きでやっていることで、当然楽しくて誇りも持っていた。
職場は郊外で朝のラッシュとは無縁だし、定時にも帰宅できて恵まれた環境ともいえた。
けれど、ケンジは満足していなかった。
いつも同じメニューの食堂、グレーの地味な作業服、どこか向上しようとしない同僚たち。
それらに囲まれたままの自分は、子どもの頃に描いていた、カッコいい大人とは違っていた。

『このままここを一生の仕事場と決めてしまっていいのか?』

なんのひっかかりもなく、自分の仕事はこれだと堂々と言えるのだろうか。
ケンジはずっとモヤモヤを抱えていたのだ。
そんなある日、宇宙飛行士募集の広告を、妻のユキが見つけてくれた。
大学時代から一緒にいるユキは、ケンジがずっと宇宙へ行きたいと思っていたことを覚えていてくれたのだ。
記事を切り抜きながら受けるか迷っていると、ユキが言った。

「受けた方がいいね、受けないよりは」

その日からケンジの意識は変わっていった。
宇宙飛行士を目指すことで生活サイクルも変わり、毎日に張り合いができたのだ。

『俺はあの場所を飛び出したい。だだっ広い施設の、ほんの一角から――俺のモヤモヤをぶっ飛ばせるほどの場所へ――!』

そして3月15日、ケンジはJAXAから合格発表の電話を受けた。

結果は――見事に合格だった――!!



#34

2012年11月25日

『月夜の晩にパグとハグ』




無事に月へと到着した日々人たちCES―51クルーは、月面基地ファーストベースへと移動するため、与圧服を着こみビートル1号に乗車しようとしていた。
ずっと真空だったビートルの車内には、2時間前から新しい空気が送り込まれているはずである。
管制によれば数値に異常はないとのことだったが、今からその車内で与圧服を脱ごうとするクルーには不安がよぎっていた。

『もしヘルメットを脱いだ時、正常な空気が入っていなかったら……?』

なんといってもここは宇宙空間、メーターでは確認できないような得体の知れないガスが発生してしまっているかもしれないのである。
みんながなかなか与圧服を脱げないでいる中、意を決し、船長であるフレディが脱ぎはじめようとしたその時――。

「ちょっとみんな! 脱がねーの?」

見ると、驚くことにもう日々人は脱いでしまっていた。
なにやら風呂に入っていない自分のニオイに驚いた様子だが、月でも相変わらず飄々としている日々人なのだった。

翌日、日々人とバディは、降り注ぐ放射線や小さい隕石から基地を守るため、砂をかけるミッションを開始する。
作業しながら、日々人はバディに着陸直後に見た『キラッと光るなにか』の話をしたのだが、だたの『キラッ』だったため、UFO好きのバディは興味なさげ。
日々人にはどうにも引っかかっているようだが、確かめるすべは今のところない。

一方、合格発表のため幸運犬・アポを連れて日本へと帰国していた六太は、母に頼まれスーパーに買い物に来ていた。
六太は発表までは運を使いたくなかったにも関わらず、くじ引きで当たったり、半額シールを貼ってもらったり、さらには財布を落としても美人に拾ってもらえたりと幸運続き。
意に背いて少しずつ運が消費されていくことに、たいそう焦りを感じていた。

そして3月15日、最終試験合格発表の日がきた。
わずかな運の量になったまま、ついに南波家の電話が鳴ってしまい――?



#33

2012年11月18日

『月のウサギ』




順調に月へと向かう日々人たち。
六太はその様子を管制室の外で見ながら、一人考えていた。

『自分は日々人の月面着陸を、どんな顔でみるのだろうか――』

兄とは常に弟の先を行かねばならない、六太はずっとそう思ってきた。
しかし弟の日々人は、兄の六太よりも先に夢を叶え、月へ向かっている。
日々人が夢を叶える瞬間に、自分はうれしくて笑ってしまうのか、それとも感極まって泣いてしまうのか、どっちなんだろう――と。

2026年3月8日――日々人が月面着陸する日の朝。
南波父と母の寝室では、午前4時にセットされた目覚まし時計が、けたたましく鳴り響いていた。
だが、この時間に目覚まし時計が鳴ったのは、南波家だけではなかった。
日本中の人々が、日々人の月面着陸する瞬間を生放送で見るため、一斉に起きだしたのである。

そんなことも知らず、日本の期待を一身に背負った当の日々人は、いつも通り飄々とした様子。
司令船オリオンで月に近づき、離陸着陸専用の宇宙船アルタイルへと移動していた。
アルタイルでの着陸作業は、日々人の手動作業によって行われる。
世界中の人々が見守る中、日々人はその作業を見事に遂行。
大歓声があがったその瞬間、六太は喜びのガッツポーズをして、泣きながら笑っていた。

月面着陸後、船長のフレディ、ダミアン、バディ、カレン、リンダ、日々人のCES―51クルーは、月面基地に移動するためのビートル1号に乗り移ろうとしていた。
日々人は宇宙服を着こみ、月へ降り立つ直前、六太から送られてきた映像を思い出す。
その内容は、『吾妻は日々人を妬んでおらず、日々人の月面着陸をとても楽しみにしている』――という良い知らせだった。
心のつっかえがなくなり、身も心も軽くなった日々人は、一気に月に降り立ちジャンプ。

そして叫んだ「イエーイ!」と。

その軽やかな姿はまるでウサギのようで、日々人は月面で最も高く跳んだ男と呼ばれるようになったのだった。



#32

2012年11月11日

『入ってはいけない場所』




テキサスのレストランで行われた、日々人の打ち上げ成功祝い会。
そこで受験者たちは、今後の合格発表までの流れを知らされることになる。
合否の結果発表は、日々人が月面に着陸してから一週間後の日を予定しており、JAXAから直接自宅に電話がかかってくるということだった。

両親やほかの受験者たちは日本へと帰ったが、六太だけはアメリカに残り、日々人の月面着陸を待っていた。

着陸まであと2日。
管制室が見えるNASAの見学コーナーに入りびたっていた六太は、その食堂で偶然にも吾妻とその家族をみかけた。
そして、優しい笑顔を家族に向ける吾妻の様子に、六太は疑問を抱く。

『吾妻さんは本当に日々人に嫉妬しているのか?』

意を決し話しかけようとする六太。すると吾妻は、六太に力強く手を差し出してきて――。

「打ち上げ、成功おめでとう」

と、素直な気持ちを表現してくれた。その意外な行動に六太は感じる。

『もしかして、日々人に先を譲ってくれたのではないか――』と。

吾妻と固い握手をし、その家族と話しをしたことで、彼の本当の気持ちがわかったような気がした六太だった。
六太と別れたあと、吾妻は自分が日本人初の月面周回者となった日のことを思い出していた。
記者会見で『孤独は感じなかったのか』と繰り返し質問され、困惑したことを。
実際は高揚感でいっぱいで孤独なんて感じていなかったのだが、もともと寡黙なせいで、何を言ってもマスコミが『月での孤独感が原因』とはやし立ててしまったのだ。
そんな吾妻の気持ちを一番わかってくれたのは、家族とブライアンだった。
とくにブライアンは、繊細な吾妻が日本人初の月面着陸者になるのはプレッシャーだろうと、日々人を先に行かせるよう推薦してくれた。

「あいつは地上にいる時でもまるでハートはゼロ・Gみたいなヤツだ」

ブライアンの言葉を受け、吾妻自身も思っていた。

『日々人……お前ならきっと誰よりも、最初の一歩は軽やかだろう』――と。



#31

2012年11月4日

『ロケットロード』




大勢の観客が見守る中、日々人たちが乗ったマルスワンは、噴射炎と白煙をあげながら一気に発射された。

「あいつ……本当に宇宙に行きやがったな」

打ち上げ場所から遠く離れた旧管制塔で見ていた六太は、子どもの頃日々人と一緒に、ISS(国際宇宙ステーション)に滞在中の星出飛行士と通信したことを思い出していた。

六太たちが子どもの頃、JAXAでは『ISSと通信しよう』というイベントが開催された。
集まった子どもたちは、ISSにいる星出宇宙飛行士とモニターごしに質問することができ、そのとき日々人が「自分は絶対宇宙へ行く!」と宣言したのである。

しかしこの頃から六太は、『世の中には絶対なんてない』と考えていた。
そのため、いつも軽く『絶対、絶対』と口にする日々人を、よく思ってはいなかった。
だが日々人は、『大丈夫、俺の中に絶対はあるから』と努力し続け、本当に宇宙へ行ってしまったのである。
空に残ったロケットの軌跡に、六太は日々人を重ねていた。

『――ロケットロードは寄り道をしない。後戻りもしない。ただ一直線に宇宙へ伸びる道。まんまお前みたいだな――』

打ち上げ後、ホットドックを食べながら、六太はデニールに質問されていた。

「自分の弟が宇宙へ行くってのはどんな気分だ、お?」

『ほとんど今日の空のようだった』と六太が答えると、デニールは笑いながら空と人生との違いを語りはじめた。

「空は誰の物でもない。人生は自分のもんだ。人生はコントロールがきく」

言い終えた後、デニールは自分の名刺をよく見るよう六太に促した。
そこにはなんと、『NASA主任教官パイロット』と書かれていた。

「……パイロット!?」

日々人にジェット機の操縦を叩きこんだのは、実は目の前にいるデニールだったのだ。

「ムッタ、もし宇宙飛行士に選ばれたら、次に会うのは飛行場だ! イエ~イ!」

デニールのことを『運転が荒い変なじいさん』だと思っていただけに、唖然とする六太だった。