読売テレビ・日本テレビ系 全国ネット 毎週日曜あさ7:00

今までのお話

#30

2012年10月28日

『犬とじじいとアレクサンダー』




打ち上げ直前。
いまだ空にかかった雷雲は晴れず、打ち上げが行われるか否かは、保留状態となっていた。

そんな中、よりにもよって犬・アポがいなくなってしまう。
みんなで手分けして捜すも、多くの人が賑わう広場で小さなアポを見つけるのは困難。
だが六太は偶然にも、視線の先に今まさに車に乗せられようとしているところアポを発見する。

走り出した車を止めるため、六太は必死に走って追いかけた。
走り出してしばらく、ようやく追いかけてくる六太に気づき、車が停車した。
車内から出てきたのは、杖をついた体格のよい老人・デニール。
六太のことをなぜか『アレクサンダー』と呼び、大きな声で笑うのだった。
その後六太とアポは、怪しくもNASAの職員と名乗る明るい老人・デニールの車に乗せられていた。

舗装の荒れた道を猛スピードで運転するデニール。
アポはデニールのホットドッグに夢中だが、目的地がわからない六太の心配は募るばかり。
そんな六太にデニールは『旅は道連れだ』とまた笑い、さらに荒い運転で目的地まで走り続けていた。
やがてデニールは、車をある場所に止める。

そこはもう20年以上使っていないシャトル時代初期の訓練施設だった。
今は引退したものの、デニールは親子2代でロケットやシャトルに携わってきたNASAのツワモノだったのだ。
六太が棟に上がると、そこには息を呑むほど見事に、発射台に設置されたマルスワンの姿があった。

一方、見学広場は最高に盛り上がっていた。
ようやく雷雲が散り、打ち上げが確定したのだ。
大勢の人が見守る中、マルスワンのオリオン内では、上を向いて席に着いている日々人が、今か今かとワクワクしながら出発の時を待っていた。

そしていよいよ、カウントダウンの大歓声とともに、日々人たちの乗るマルスワンが発射したのである。
六太は、その様子を棟の屋上で静かに眺めていた。
この場所のおかげなのか、六太の中にはもう日々人を嫉妬する自分はいなかった――。



#29

2012年10月21日

『打ち上げ前夜』




打ち上げ2日前。
この日、月に着陸するための宇宙船アルテミスが、史上最大の無人ロケット・マルスファイブによって、先に打ち上げられようとしていた。
アルテミスは宇宙空間で日々人たちが乗るオリオンと合体してから、月へと向かうのである。
多くのギャラリーが見守る中、発射準備が行われようとしていた。
この打ち上げが成功すれば、次は日々人たちの乗る宇宙舟オリオンが、マルスワンによって打ち上げられるのだ。

打ち上げ1日前。
マルスファイブの打ち上げは無事成功、明日はいよいよ日々人たちが宇宙へ行く番である。
その頃六太は、ココビーチでせりかとたわむれるアポを羨みながら、日々人のことを思っていた。
これまで六太は、現実的に宇宙飛行士なんてムリと諦め、日々人のことをちゃんと応援してやったことがなかった。
しかしその日々人は、いままさに夢を叶えようとしており……複雑にも六太は、弟に先を越されている悔しさと同時に、子どもの時のようなワクワクがよみがえるのを感じていたのである。
打ち上げ当日。
広場には大勢のギャラリーが集まっており、大変賑わっていた。
露店では最年少ムーンウォーカーとして人気者な、サムライボーイ・日々人の関連グッズが飛ぶように売れており、ここでも優秀な弟と自分を比べてしまう六太だった――が……それよりも、もっと大きな問題のことを心配していた。

空には黒い雷雲が立ち込め、打ち上げが中止になるかもしれなかったのだ。
速報だと、打ち上げ続行か中止か、現時点での確立は5対5。
さらにもっと詳しい情報を得るため、六太とケンジとアポはニュースセンターに向かった。
そしてその道中も、六太は優秀な日々人について考えていた。
日々人のことは誇りに思っているが、心の半分では未だにウジウジと優れた弟に対するジェラシー菌が充満していたのだ。

『晴れりゃいいのに。空も――俺も』

そしてさらに問題が起きる。
アポがいなくなってしまったのだ――!!



#28

2012年10月14日

『ドーハのきせき』




打ち上げ4日前。
六太たち家族は、月へ向かう日々人と最後の食事をするため、ケネディ宇宙センターに来ていた。そこで六太は、日々人に一枚のDVD―Rを渡す。
ケースに張られたラベルには、『2006年ドーハのきせき さつえい 南波日々人』と書かれており、なんとそれには、UFOの映像がしっかり記録されているようなのだ。

2006年の夏――少年時代。
六太と日々人は、学校で『UFOを見た』と言っても誰も信じてくれないことに、大きな不満を感じていた。
『証拠があれば信じるはず!』と思った六太たちは、UFOを撮影するため、毎晩高台へ足を運ぶことを決める。だが、待てどもまったくUFOは現れなかった。
そしてある日、六太が日増しにキズを作ってくることに日々人が気づく。
六太は『電柱にぶつかっただけ』と言うが、本当はUFOの証拠を見せろと、いじめっ子グループに絡まれていたのだ。

UFOを見た日から3カ月後。
日々人は六太の13歳の誕生日に、一枚のDVD―Rを渡した。
タイトルは『ドーハのきせき』。
早速その映像を見ると、映し出されたのは、釣り糸にぶらさがった作り物のUFOの姿だった。

呆れる六太と対照的に、日々人は自信満々な顔で言った。
「これでもういじめに遭ったり、電柱にぶつかったりしなくなるよ」
日々人は、六太がUFOの証拠が原因で殴られていると知っており、自ら作ったUFOを真剣に撮影したのである。

その後日――。
今度は日々人がいじめっ子グループに絡まれていた。
六太は日々人の作った映像を見せておらず、いじめっ子たちは早くそのUFOの証拠を見せてみろとバカにしていたのだ。

その光景を目にした六太は、慌てて駆けつけ日々人の前に立った。
そして――。

「お前は手ぇ出すなよ、強えーんだから――むかつくヤツが現れたら、かわりに俺が――頭出してやる!」

そう言い終えた後、六太はいじめっ子のリーダー目掛け、勢いよく頭を突きだしたのだった――。



#27

2012年10月7日

『一つの質問』




打ち上げ6日前。
先日行われたジョンソン宇宙センターでの最終面接は、実はフェイクだった。
すべての選考が終わったと思い込み、肩の荷が下りきった「素」に近い受験者たちを、現役の飛行士たちが事細かにチェックするためである。

このことを知らない受験者たちは、親睦会でそれぞれ思い思いの時間を過ごしていた。
その会場で、紫から『吾妻にはむやみに話しかけないほうがいい』とアドバイスを受ける六太。
だが六太は、吾妻には一番に挨拶すべきと思っており――。

『ビビることはない……! オレはもうすでに、一度死んでいる!』と、挨拶しに行ってしまう。
しかしいざ吾妻に挨拶をしようにも、まったく会話が続かない。
焦る六太に、吾妻は一つの質問を投げかけた。

「死ぬ覚悟はあるか――?」

六太は『当然ある』と答えたが――しばしの沈黙後、言い直した。

「本当は死ぬ覚悟、できてないです。多分、こりゃもう死ぬなって瞬間が来たとしても、ギリギリまで生きたいと思いそうです」

かつて、吾妻もブライアンに同じことを質問され、『死ぬ覚悟はなく、考えるなら生きることを考える』と答えていた。
ブラインはその解答に満足し、『死ぬ覚悟なんていらない、必要なのは生きる覚悟だ。NOといえるヤツがいたら、そいつは信じていい』と吾妻に言ったのである。
吾妻は日々人にも同じ質問をし、同じ解答をしたことを思い出していた。
兄弟そろって『信じていい者』と、感じられたようだった。

打ち上げ4日前。
六太たち家族は、月へ行く飛行士たちと最後の食事をするため、ケネディ宇宙センターへ来ていた。
そこで六太は、日々人に一枚のDVD-Rを渡す。

「これを月に持って行ってくれ――オレにとっては大事なものだ。月の基地にでも置いてくればいい」

受け取った日々人は疑問を投げかける。

「大事なのになんで置いてくるんだよ?」

六太は言った。

「決まってるだろ。数年後に必ず、自分の手で持って帰るためだ」と――。



#26

2012年9月30日

『痛みを伴う面接』




日本人初の月面着陸者となる日々人の打ち上げまで、あと7日。
日々人たち宇宙飛行士は、ウイルス感染などを起こさないよう、NASAの隔離施設に入っていた。

一方六太は、ジョンソン宇宙センターの一室で、宇宙飛行士を選抜する最終試験を受けようとしていた。
審査員の中には日々人を妬んでいるという吾妻もおり、不安がよぎるのだが……六太の一番の心配はそのことではなかった。
先日のスクワットが原因で筋肉痛になり、座れなくなってしまっていたのだ。
六太は確信していた。
最大のポイントは面接ではなく、終わってイスから立ちあがる瞬間だと――!

面接トップバッターである六太が会場へ入ると、そこには日本人宇宙飛行士たちが勢ぞろいしていた。
痛みをこらえ、なんとかイスに腰かけたまではよかったが――ガキンッ! とイスのネジがはずれ、六太は後ろに倒れてしまう。
本当は六太の実力を試したかった紫三世(むらさき さんせい)のイタズラだったが、そんなことは知る由もなく、六太はひたすら笑顔をキープするのだった。

あっさり終わった最終面接の翌日、六太たちはJAXA主催の親睦会に参加していた。
受験者たちは知らないが、実はNASAでの面接はフェイクで、この親睦会こそが受かるか否かを決める場だったのだ。
一緒に宇宙で生活を送っていけそうか、自分の命を預けることができるかどうか、
肩の荷を下ろし素に近くなった受験者たちを、現役の飛行士たちが感覚に従って観察するのである。

そんな中、紫も六太に近づき、『みんなのことをどう思っているか』の質問をしていた。
正直に、新田は携帯の待ち受け画面がネコ、絵名はクシャミが変、森嶋は話す直前に必ず唇をひとなめするクセがある、などなど、仲間への愛情あふれる解答をする六太。
そんな六太を気に入ったのか、最後に『吾妻には話しかけないほうがいい』と忠告する紫。
しかしそれは逆効果で、六太は早々に吾妻に話しかけようとしており――?

「いざっヒューストンへ――!」



#25

2012年9月23日

『マッハの弟 筋トレ兄』




宇宙飛行士を選ぶ最終試験を前に、六太は日々人の住むヒューストンへやってきていた。
だがその審査について、ジェニファーから不安な話を聞いてしまう。
ジェニファーいわく、六太の最終面接の審査員である吾妻が、日本人初の月面着陸者に選ばれた日々人のことを妬んでいるというのだ――。

日々人にとって吾妻は憧れの人だった。
数年前、テレビの記者会見で吾妻を見ていた日々人は、その言葉に感動していたのだ。
そんな日々人に、六太は久しぶりに兄らしいアドバイスを言う。

「ほかの宇宙飛行士たちとは仲良くな。きっかけはなんだっていい、日々人なりのやり方でいい――」

打ち上げまで残り20日――。
『L-20』という日を前に、六太と日々人はスケジュール確認をしていた。
『L』とは打ち上げの頭文字で、日々人の打ち上げまで残り20日という意味である。
明日、L-19からの4日間を使い、日々人たちはL-3から打ち上げ当日までの4日間をリアルに再現する、TCDTと呼ばれるリハーサル訓練(最終秒読み段階の訓練)を行う。
そのため、クルーは打ち上げ台のあるフロリダ州のケネディ宇宙センターへ向かい、そこで本番当日と同じ食事を摂り、同じ服を着て、同じタイムスケジュールで分刻みに行動するのだ。

日々人は月に向け、厳しい訓練を頑張っている。
それを間近で見ている六太も、面接に備えてなにかしたいと思っていた。
自分はいま何をすべきで、何ができるのか、焦るばかりで何も浮かばないのだ。

翌日――L19。
いまだ自問自答する六太の頭の上を、日々人が颯爽と駆けぬけていった。
ケネディへ向かう日々人たちの飛行機が、六太がいる場所の真上を通過していったのだ。
その爽快さと同時に、六太の頭の中にあった不安がマッハで吹き飛んだ。

『日々人を応援してやること、それが私の仕事だ!』

その頃、日本ではJAXAのメンバーと南波両親が成田空港に集まっていた。

「いざっヒューストンへ――!」



#24

2012年9月16日

『最悪の審査員』




2か月後に行われる最終試験を前に、六太はヒューストンへと来ていた。

「俺も早く訓練とかして格好いい汗かきてー!」

日々人はNASAで宇宙飛行士の訓練だが、自分はオジーのところで芝刈り作業なのだ。
六太はまたしても、弟と兄である自分を比べてしまっていた。

NASA・ジョンソン宇宙センターでは――。
職員が日々人たちに月面任務について説明をしていた。
月面での長期滞在で問題は、太陽風や宇宙線などの放射線と小隕石である。
むき出しの住居モジュールでは被ばく量を抑えきれないので、これを大量にカットするために、モジュールをレゴリスと呼ばれる月の砂で、覆い隠す作業が必要になるのだ。

その時に使用するのが、レゴリス散布ローバー『スパイダー』と、月面用の『ショベルカーアームストロング』。
CES-51のクルーである、フレディ、バディ、日々人は、分厚い説明書を渡され、ローバーの操縦を6時間でマスターするよう言われたのだが――。
日々人は説明書を読まず、いきなりローバーに乗り込もうとしていた。

「やった方が早い!」

一方、六太も月面ローバーに近いものに乗っていた。高度なテクニックを要する芝刈り機である。
経験があるオジーでさえ、横転しそうになるくらいの難度が高い乗り物だが、六太も説明書を読まずに運転をはじめた。

「こーいうのは……やった方が早い!」

昼食時、六太はジェニファーに、日本好きの宇宙飛行士、ローリー・クモオを紹介される。
六太が最終試験まで残ったことを祝う2人だが、1つ気になることがあるという。
選考者の1人である吾妻滝生が、日々人のことを良く思っていないというのだ。
吾妻とは、日本人一宇宙にいた宇宙飛行士である。
本来なら吾妻が先に月に立つはずだったが、なぜか日本人初の月面着陸者には日々人が選ばれてしまった。
ジェニファーいわく、日々人を妬んでいるであろう吾妻がいる限り、日々人の兄である六太は不利、ということだが……?



#23

2012年9月9日

『親父と息子とムッタクロース』




最終試験のためにヒューストンに行くのは、8人だと発表された。
男性枠の最後の1人に滑り込んだ六太だが、日程が決まらないのかJAXAからは連絡がなく、選考に落とされたケンジのことも気になっていた。
そして、若干だがほかにも気になることがあった。
六太の合格祝いのはずなのに、なぜか六太のケーキだけ角度が薄いのだ。

「ケーキの角度は日頃の働きに比例する。男なら、親父より稼げ」
「重いわ~お父さんの言葉!」

ヒューストンへ行くまで、バイトをしようと決意する六太だった。
季節は冬。
六太が雇われたのは、サンタクロースの格好をして子どもと記念写真を撮るアルバイト。
バイト終了後、JAXAの鶴見から、最終選考は2カ月後と電話がある。
日々人たちCES-51クルーの打ち上げをみんなで見るというのだ。
六太は鶴見に、ずっと気になっていたことを尋ねた。

「ケンジは……真壁君は何で選ばれなかったんですか? 僕が残されたのに彼が残らないっていうのはなんかこう不自然で……」

しかし電話口から聞こえたのは、意外にも鶴見の笑い声。

『真壁君も君と全く同じことを訊いてきたよ』

男性枠は1つのはずだが、ちゃんとケンジも受かっているという。
実は9人選ばれるはずだったが、辞退した男性がいたのだ。
それは、B班で一番優秀だった男、手島有利だった。

『僕は――自分の父には逆らえますが、自分のやりたいことには逆らえません』

手島の父は宇宙飛行士になりたくて3回も試験を受けた人だという。
宇宙飛行士になることは父の強い意志だったが、手島自身のやりたいことは違っていた。
手島は、悩んだ結果、自分の好きな地球外生命体関係の仕事をすることに決め、辞退したのだ。
六太は、どうせならジョンソン宇宙センターを見学しつくしてやろうと考え、先にヒューストンヘと降り立っていた。出迎えたのはAPOと日々人。

『俺の言った通りだろ。ムッちゃんはちゃんと選ばれてここに戻ってくるって』



#22

2012年9月2日

『夢の途中』




人生を賭けたジャンケンで勝ったのは、新田とせりかだった。
数日後、宇宙に近づいた2人を祝うべく、打ち上げに集まったA班のメンバー。
その様子は実に仲が良さげで楽しげで、別れ際も福田と古谷の表情は軽いものだった。
だが、六太の心境は少し違っていた。
各班で選ばれた計6人は、これからJAXAが選ぶ数人とともに、ヒューストンへ行くという。今回選ばれなかった者にもまだチャンスはあり、六太は、そのチャンスに賭けていたのだ。

そしてJAXAでは――JAXA側が選ぶ候補生を決めようとしていた。
過去の選抜を振り返ると、閉鎖ボックス内で過ごしたメンバーは必ずと言っていいほど仲良くなって出てきた。
しかし、今回初めて『自分たちで2人選ばせる』という最大の課題を与えたところ、予想以上に各班の和を乱したという。

「ジャンケンが正当だったかどうかは知りませんが、一つだけはっきりしたことがあります。2人を選び終えたあと、すぐにあの中で次に会う打ち上げの約束を交わしたのは――A班だけです」

当初、ジャンケンを提案した六太の評価は良いものではなかったが、星加の言葉で一変した。

JAXAの発表があった後――六太は福田に誘われ、スカイツリーへ来ていた。
日本初の有人宇宙ロケットの開発に携わることとなった福田は、一度ゆっくり六太と話し、礼を言いたかったという。

『時計を壊した犯人を知っていたのに、秘密にしてくれたこと』
『最後に2人を選ぶ時に、自分にもチャンスをくれたこと……』

六太には本当に感謝しており、こういう人が選ばれるのかもしれないと思っていたという。
そして、JAXAが選んだのも――六太だった。

「本当にそうなってよかった。ヒューストン行き、おめでとう!」

福田と固い握手をする六太だが……その心中は、素直に喜べないでいた。
選ばれた喜びをかみしめながら、もう一方では、一番の親友・ケンジに言うべき言葉を、見つけられないでいたのだ――。



#21

2012年8月19日

『久しぶりの空』




『迷った時はね――どっちが楽しいかで決めなさい』
3次試験の最終日、シャロンの言葉を思い出した六太は、ジャンケンで宇宙飛行士にふさわしい2人を選ぶことを提案した。
その理由は、楽しかったこの2週間を、楽しい5人のままで終わりたいと思ったからであった。
そして、A班のみんなはこれに賛同してくれ、勝負はたった1回で決まることとなる。

2人が勝って、六太を含む3人が負けたのだ――。

全課題を終え、閉鎖ボックスから出た受験者たち。
そんな彼らに、茄子田JAXA理事長はこのまま外に出てもいいと許可を出した。
極秘施設にも関わらずシャッターが上がると、外には本物の太陽がさんさんと照っており――。

「まっぶっしー!」

思わず感激の言葉を発し、外へと出ていく六太たち。
しかし辺りをよく見ると――。

「あれ……? ここって……」

そこは極秘施設ではなく、バスの出発地であるJAXAの敷地内だった。
茄子田がドヤ顔で言い放つ。

「ガッカリした!? 残念ながら極秘施設なんて建てる資金はありません!」

数日後――。
古谷は、宇宙服の開発をしている職員・馬場広人に会うため、JAXAへと来ていた。

『身長が足りなくてスタートラインにすら立てない』

実は古谷は、自分の背が低いせいで、ずっと宇宙飛行士にはなれないと思っていた。
宇宙服は1着作るのに10数億円かかり、使用頻度の少ない小さいサイズは、これまで作られることはなかったからである。
だが、背が低くて宇宙飛行士になれないという悔しい気持ちは、馬場も同じだった。
そのため研究を重ね、身長150センチから対応できる宇宙服を作ったのだという。
馬場の作った新しい宇宙服は、どんなに努力しても身長だけは応募条件に届かなかった古谷にとって、『宇宙飛行士を目指しても良いという許し』そのものだった。

「俺は絶対あの宇宙服着るで。遠い先でも……!」

実際にその宇宙服を見せてもらうことが出来た古谷は、また決意を固めたのだった――。