読売テレビ・日本テレビ系 全国ネット 毎週日曜あさ7:00

今までのお話

#99

2014年3月22日

『人生可変、約束不変』




『兄とは常に、弟の先へ行っていなければならない』
子どもの頃から、兄・六太はずっとそう思っていた。
だが、何かにつけて先へ行っていた、弟・日々人。
しかし今は、自分が日々人の先に行っているのか、後ろにいるのか、なにもわからない。
それは、日々人が何も言わず、六太の前から姿を消したからだった。

日々人が心配で、訓練にも集中できない日が続く六太。
そんな様子を見かねた新田が、珍しく六太を飯に誘った。

ピザを食べながら、新田は自分の弟・カズヤの話を始める。
以前引きこもりだったカズヤは、今は外にも出られるようになり、バイトにも行くようになったらしい。
さらに、ずっとやりたがっていた、宇宙関連の会社の入社試験を受け、筆記試験を通って面接まで行ったとのこと。
だが結果は、不合格だった――。
『過去に何もせず引きこもりの経験がある人間は、大事な時にまた引きこもる可能性がある』
その会社の上司数名から、そう判断されてしまったのだ。
日々人の現状と重ね、カズヤを心配する六太。
しかし、カズヤは英会話の勉強をはじめ、ヒューストンで仕事を探すことに決めたらしい。
六太は願った、日々人もカズヤのように前に進んで欲しい――と。

その帰り際、ようやく六太のもとに、日々人からメールが届いた。
『久しぶりムッちゃん。しばらくずっと死んでたけど。なんとか最近生き返りつつあるよ』
どうやら日々人は。今までアメリカのいたる所をブラブラと一人旅していたらしい。
そして六太に、自分がNASAを去ることを明かす。
『だけど心配はいらねーよムッちゃん。宇宙飛行士を辞めるつもりはねーから』

後日――。
NASAの室長バトラーは、JAXAの星加と話し合っていた。
日々人が再び月に行けるように、星加が協力してくれていたのだ。
「なんてことはない。アストロノートからコスモノートって呼び名に変わるだけだよ――って言ってましたよ。日々人君は」
日々人はNASAを離れ、ロシアで宇宙飛行士となり、再び月を目指すことにしたようだった。

半年後――。
六太はキャプコムとして、月へ向かうビンスを送り出していた。
誰もがビンスたちの乗ったアレスワンを見上げている頃、六太の心は、日々人からあの日届いたメールの、最後の一文を思い出していた。
『月面で会おう』
六太には、いま日々人が何をしているのか、知ることはできない。
だが、六太は信じていた。
日々人も、必ずどこかで月へと近づいているはずだと――。



#98

2014年3月15日

『最強の宇宙飛行士』




日々人が突然姿を消してから、数日が経過していた――。
近所の人たちや、親しいNASAの同僚も、誰一人、日々人の居場所を知る者はいなかった。日々人からの連絡は一切なく、その安否を心配した六太は、訓練にも身が入らないでいた。

子どもの頃、日々人が突然いなくなった時のことを思い出す六太。その時に日々人を心配して捜したのは、六太だけだった。
「今度また勝手にいなくなっても、もう探しに行かねーからな俺!」
飄々として反省の色を見せない日々人に、怒った六太。
その際日々人は、『次行くときは、メモを残すか、テレパシーを使う』と約束したのだった。

だが今回も、メモもテレパシーも残されてはいなかった。
日々人からの連絡を待つ六太に、バトラーから電話がある。ようやく六太は、日々人はもう宇宙飛行士として復帰できないことを知ることとなる。日々人の復帰を反対している、マネージャー・ゲイツの機嫌を損ねれば、今度は六太が、月へのチャンスを奪われかねないらしい。

安否を心配し、日々人にメールを送る六太。
『今のままじゃ、お前が生きてんのかどうかもわからん。何でもいいから返信よこせ』

能天気な両親たちですら、さすがに心配していた。
『生きてるか死んでるか、どっちか教えてくれ。……なんとか言えよ日々人……テレパシー使えんだろ。全然聴こえてこねーんだよ!』


その翌日から――。
六太は日々人が復帰できるよう嘆願書を作成し、署名を集めていた。同僚や仲間たちは、快く署名してくれ、みんな日々人の復帰を願ってくれた。
反対しているのは、NASA上部だけだった。
『一人の人間が積み上げてきたものを何だと思ってる……! 俺の弟のことを何だと思ってる……!』
日々人への理不尽な扱いに、六太は苛立ちを隠せないでいた。

一方、室長室では――。
バトラーが、日々人のことで直訴しにきた、六太の言葉を思い出していた。

『その目で見たら、日々人は不運な弱者に見えますかね?』

六太の目で見た日々人は真逆だという。
月の事故では暗闇の谷底から仲間を救い出し、最善の判断で無事生還した日々人。その後のパニック障害も、もちまえの根性で克服して見せた日々人。六太の目には、日々人は他のどの宇宙飛行士よりも本当の恐怖を知っていて、それを乗り越えた最強の宇宙飛行士だった。
その言葉に、バトラーは心底同意していた。
だが今は、なすすべがないのだ。

だがそこに、JAXA職員・星加から電話があって――……?



#97

2014年3月8日

『消えないんだ』




ヒューストンで初めての正月を迎えた南波一家。
南波・母は初笑いのためにお気に入りのDVDまで持参し、家族4人、そろって年越し『うどん』を食べていた。

しかし日々人は、まだ次のミッションが決まらず、不安な毎日を過ごしている様子。室長・バトラーは最善を尽くしてくれているようだが、どうやら日々人の復帰に反対している人物がいるらしく、未だに訓練が少ないという。

「なあ、ムッちゃん。もしかしたら……俺はもう月に行けないかも」

日々人の思いがけない言葉に、衝撃を受ける六太。
『復帰試験に合格したのだから大丈夫だ』と励ますが……。
「俺も最初はそう思ってたんだよ。克服すれば万事解決、またすぐ宇宙に行けるって。だけど全くアサインされそーな気配がなくてさ。それで……なんとなく気付いたんだ」
六太は、不安に押しつぶされそうになっている日々人の声に、緊張を隠せないでいた。

「俺の中からパニック障害が消えても……まわりの頭ん中からは消えないんだ」
努力して足掻いても、『南波日々人はパニックを起こした宇宙飛行士』という事実は、周囲の意識から消えないらしい。

NASAの会議室では——。
室長バトラーは、マネージャーであるゲイツを説得しようとしていた。このゲイツこそが、日々人を復帰させたくない人物なのだ。日々人が克服できたのはプールの中だけ、『月面で発作は起こらない』と断言できない以上、復帰させることはできないとゲイツ。

「樽一杯のワインにスプーン一杯の汚水を注ぐと……それは樽一杯の汚水になる」
さらにゲイツは、日々人を『毒』とまで表現した。
「樽一杯のワインの中に、スプーン一杯の毒……『もう飲んでも大丈夫ですよ』と言われたところで……君なら飲むか? 飲めるワインは他にもあるんだ。バトラー」その問いに、バトラーは答えることが出来なかった。

その結果、バトラーは日々人に、もう宇宙飛行士として、NASAでは復帰できないことを伝えた。
「大丈夫ですよ。バトラーさん……こうなる予感はありました。俺はもう宇宙へ行けないって。そんな気はしてました」
日々人はもう覚悟を決めていたようだった。

日々人から『もう月へは行けないかもしれない』と聞いた、翌朝——。
六太は、出まかせでもいいから日々人に一言、『なんとかなる』と言ってやろうと決めていた。
だが、もう遅すぎた。
日々人は姿を消しており、六太は何も伝えられずに、その機を逃してしまったのだ——。



#96

2014年3月1日

『宇宙飛行士であり父であり』




クリスマスが近づく頃、ケンジには家族が一人、増えようとしていた。
妻・ユキに、第二児の出産が近づいていたのだ。そのため、父親として出来る事をしようと、妊婦であるユキの代わりに、娘・風佳を幼稚園に送るようになったケンジ。
父親として奮闘する姿は、一見充実した日々にも見えたが——宇宙飛行士としてのケンジは、実は不安を抱えていた。それは、六太が月に行くことに決まったかわりに、ケンジが月に行ける可能性が消えたからだった。次のミッションが決まっていないという、ゴールの見えない不安。NEEMO訓練以降、ケンジはずっと、何を目指しているのか曖昧なまま、ひたすら言われた訓練を続けていた。

そして、クリスマスの日——。
テキサスロードハウスでは、宇宙飛行士やNASAの職員たちが集まって、パーティーが行われていた。
カントリーダンスの音楽を奏でるバンドには日々人が加わっており、ステップを踏んでいる人々の中には、カウボーイハットをかぶったせりかや六太が、楽しげに踊っていた。ケンジも新田と一緒にパーティーには参加していたが、その表情は2人とも明るくはなかった。まだ2人には、この後にやるべき訓練と課題が残されていたのだ。そんな2人のもとに、バトラーがやってくる。
『2人に話しがある、外の空気でも吸いながらどうだ?』

バトラーに呼び出されたケンジと新田は、思いがけないクリスマスプレゼントを貰うこととなった。
「君たちのミッションが正式に決定した」
ケンジと新田は、人類初となる有人小惑星探査ミッションに挑むことになったのだ。

『月よりさらに先に行ける』
この朗報を伝えようと、さっそく妻・ユキに電話を入れるケンジ。
電話口でユキも喜ぶが、その声が急に苦しそうな様子に変わった。どうやら、予定日より早く陣痛がきたらしいのだ。

車を飛ばして病院に向うケンジ。
しばらくして——赤ちゃんの泣き声が病室に響いた。生まれたのは、元気な女の子だった。
産後直後にも関わらず、ミッションの事を聞きたいと言うユキに、資料を見せるケンジ。そこには、これから目指す小惑星の名称が書かれていた。
小惑星の名称は「314225AN41」。

偶然にも、以前風佳が希望した赤ちゃんの名前『あん』と、同じ名前を持つ小惑星。赤ちゃんの名前は『あん』に決まった。これからケンジは、小惑星を目指す宇宙飛行士であり、2人の娘の父として生きる。ケンジもまだ、生まれたばかりなのだ。



#95

2014年2月22日

『俺らの将来』




温和なリーダー・エディが合流したことで、ようやくまとまり出したCES−62のバックアップクルー。

その夜、デザートラッツ訓練場の施設の前では、たき火が焚かれていた。たき火を囲むのは、エディ、ベティ、フィリップ、カルロ、アンディ、六太の6人全員。火を囲んで話すと、人は嘘を付けなくなるらしい。自分の事、家族の事を正直に話せば、互いに親睦が深まるというエディの考えだった。

六太が日々人のPD(パニック障害)と復帰試験の事を話し終わると、次はベティの番となった。実は8歳のクリスという息子がいる彼女。出産と育児のために、宇宙飛行士を退いていた時期があり、まだ宇宙に行ったことがないという。そして彼女の夫は、宇宙飛行士の故タック・ラベルだった。

タック・ラベルは、CES—43クルーとしてブライアンと一緒に月へ向かい、帰還時の事故で帰らぬ人となってしまった。事故直後、ベティはもう自分は宇宙飛行士には戻らないと思っていた。だが、それから三年ほど経った今、クリスがまた宇宙に興味を持ち始めたらしい。

「ねえママ。月から見た地球ってどんなかな?」
ベティはそれを嬉しく思い、父親の代わりにその問いに答えようとしているのだ。

翌日、正規クルーと合同した六太たちは、デザートラッツでの最後の訓練を始めようとしていた。現場にはピコ・ノートンがおり、自らが開発の指揮をとった『新型の月面着陸船』について説明した。

訓練後、ピコは幼馴染であるビンスと酒を酌み交わしながら、少年時代にリックとした『約束』を語った。
「いつか、リックが管制官になり、宇宙飛行士になったビンスに指示を送る。そのビンスは俺の作った、宇宙船に乗る——」

リックはもういないが、もうすぐ夢が叶うところまで来たというピコ。なぜなら、ピコが作った船でビンスが月へ行った時、管制室から着陸の誘導をするのは、キャプコム担当の宇宙飛行士、『リックによく似た、六太』なのだから——。



#94

2014年2月15日

『ワクワクチームワーク』




月への訓練のため、砂漠にあるラバフロー試験場でキャンプ生活をすることになった、六太たちCES—62のバックアップクルー。
相変わらずまとまりがないメンバーは、朝のジョギングもバラバラで、食事も好き勝手に取っていた。仲が悪いというほどではないが、このままだとこのチームでミッションにアサインされることはないかもしれない。
『このままではまずい』、さすがの六太もどうしたものかと思っていた。

しかし、その不安はすぐ解消される。
六人目のメンバー、ベテラン宇宙飛行士であるエディ・ジェイが到着したのだ。

「リーダーつっても俺も月は初心者だ。君らと同じ。だから初めて月に立った時——その喜びも君らと同じだろう。ともに、月に立とう」
六太にも一瞬でわかるほど、エディは『安心と興奮を同時に与えられるようなリーダー』だった。

エディがリーダーとなってから、チームの雰囲気が変わっていった。まず食事は簡易食品ではなく、メンバーが交代で作るようになったのだ。しかし最初の当番はベティ。一週間分のコショウが入ったまずい料理だった。

そしてさらに、エディは朝のジョギングも趣向を変えるという。その説明のため、前の晩からリハーサルを始めようとしていた。

「キャンプのまわりをぐるぐる回るのをやめるんだ。もっとワクワクするやり方がある」

まず6人全員が車に乗って、キャンプ地から数キロ離れたどこだかわからない場所で降ろされた。そこからジョギングを開始し、キャンプに向かって決められた時刻ちょうどに着くように走るというもの。到着は目標時間より早すぎても遅すぎてもダメ。
時計を持っていいのはリーダーのエディだけなので、メンバーはエディにくっついていくしかなかった。
始めて並んでジョギングする一同。

「どしたぁみんなぁ。もっといつもみたいにバラバラに走ってもいいんだぜ?」

これまでバラバラだったチームは、エディのおかげで、確実にまとまり始めていた。



#93

2014年2月8日

『心の片隅に』




六太がCES—62のバックアップクルーとして新しい訓練を始めた頃、NASAの会議室では、天文チームによるプレゼンテーションが行われていた。
その内容は、『シャロンが考えた、新しい月面望遠鏡案』。
天文学者・モリソンらの協力もあり、この新案は、これまでの問題点を全てクリアした素晴らしいものだった。前案を却下したNASAも、新案には賛同してくれ、実現を前向きに検討してくれることになった。シャロンは『天文学とこの企画に熱意を持ってくれる宇宙飛行士』に六太の名前をあげ、バトラー室長も六太の名前を心の片隅にとどめておくと約束した。

会議後、バトラーは宇宙飛行士であるエディ・ジェイの部屋を訪ねていた。
エディはブライアンの兄で、ISSに計700日滞在した宇宙飛行士の強者である。その彼に、『CES—62のバックアップクルーのリーダーになって月を目指して欲しい』と直談判しにきたのだ。だがエディは、なかなか了承してはくれない。
ISSのことならどんな事でも知っているが、月は初めて行くので、一から訓練を始める気力はない、と断ったのだ。しかしバトラーは諦めず、エディに封筒を渡した。その中には、CES—51の事故の時、日々人が偶然月面で『宇宙飛行士の人形』を発見した際の写真が入っていた。

「エディには月で本物を見てもらいたい。月面であんたを待ってるかのような——ブライアンの置きみやげだ」

エディとブライアンは、兄弟で月面に立つという夢を抱いていた。
そして子どもの頃買った2体の宇宙飛行士の人形を、一緒に月面に並べようと約束していたのだ。しかしエディは、前の室長の理解が得られず、ずっと月面の訓練を受けられないままでいた。その間にブライアンは事故で亡くなってしまい、約束は果たせていなかったのだ。半ば引退を考えていた矢先に、ブライアンの想いが詰まった写真を見せられたエディ。
人生最後に『月を目指す』決意をしたのだった。



#92

2014年2月1日

『孤独な彼ら』




次に月へ行く日本人に選ばれた六太は、『控え』の経験を積むため、CES—62のバックアップクルーとしてデザートラッツ訓練を始めようとしていた。

六太と同じバックアップクルーに選ばれたのは、NEEMO訓練で一緒だった、一際背の高い大男——アンディ・タイラー。大耳にピアスを付けたドレッドヘアの男——フィリップ・ルイス。黒のハットを被り、黒のジャケットを着込んだ優男——カルロ・グレコ。パーマのかかった黒髪を一つに纏めた女性——ベティ・レインの四人。六太と共にこれから厳しい訓練をこなしていく彼らは、そのまま一緒に宇宙へ行くメンバーでもあるらしい。

まだ互いの事をよく知らぬまま、訓練教官である地質学者のジョージ・マグワイアから説明を受け、砂漠に作られた『アリゾナ州北部ブラックポイント・ラバーフロー試験場』に来た六太たち。

初日の訓練は、ビートルの運転と、宇宙服を着ることだったが、訓練が開始されてもバックアップクルーのメンバーにはまとまりがない。それもそのはず、実は六太以外の四人は、宇宙飛行士たちの中では『はみ出し者』だったのだ。アンディは、無口と巨体が醸し出す異様な雰囲気のせいで怖がられ、ベティは、強い態度と物言いがまるで、バリアでも張っているかのようで近寄りがたい。カルロは、気取った言動に嫌気が差した周囲から疎ましがられ、フィリップは、ムダに陽気で騒がしいノリに、誰もついていけない。残念ながら、本心から彼らと共に宇宙へ行きたがる者はいないらしい。

そんな『孤独ではあるが優秀な彼ら』を宇宙へ向かわせるため、バトラーが考え抜いた結果が、六太を投入することだった。これまでミラクルを起こし続けてきた六太の『可能性』にかけたのだ。

そしてバックアップクルーには、あと一名追加される予定だった。頼れるリーダーさえいれば、チームはまとまるはずである。
そんな一癖も二癖もある連中をまとめられる人物とは一体——誰?



#91

2014年1月25日

『ヒビトの救い方』




NBLのプールでは、日々人がPD(パニック障害)を克服したと証明する、復帰試験が行われていた。

シャロンの励ましの言葉や、六太との約束、プリティ・ドッグの手鏡を支えに、最初は順調に水中での作業をこなし、船外服を着た状態でも平常を保っていた日々人。
このまま合格か——と思われたが、ゲイツがわざと試験を中断に追い込むようなグリーンカード(極秘指令)を出したことにより、事態は一変する。
『二酸化炭素の上昇』という警告表示に、月での遭難を思い出した日々人は、心拍数を上昇させてしまったのだ。

このままでは試験中止もありえる——、誰もが不安を過らせたその時、プールサイドに現れたのは、かつて日々人と一緒に月面に降り立った仲間、バディとカレンだった。六太から事情を聞き、日々人の手助けをしようと駆けつけてくれたのだ。
そしてさらに、日々人の頭上では、水中ゴンドラから降りてくる船外服を着た人物がいた。それは、月面で日々人が命を助けた、ダミアンだった。

「船外活動は基本的にパートナーと、二人でやるもんだ」
もっとも幸せだった時間を一緒に過ごした仲間の登場で、日々人の不安は完全に打ち消されていた。

その後も試験は続行され、日々人はダミアンと共に、バディとカレンの指示で、的確に作業を進めることができた。日々人の心拍数は少し上昇したが、それは発作を予感させるものではなく、月にいた時と同様の、軽い興奮状態に安定していた。

試験も終わりに差し掛かった頃、バックパックを背負った日々人は、ムーンジャンプと同じような姿勢で両手を広げ、高らかに水中をジャンプして、機材の上を跳び越えた。その姿を見た人々は、日々人がPDを克服し、完全に宇宙飛行士に戻ったことを確信した。

結果、日々人は無事合格した。
水中から上がり、船外服のメットを外した日々人は、大勢に囲まれて拍手を受ける。
日々人のその表情は、月面に降り立った時のように、晴れやかだった。