泣いたらアカンで通天閣

ストーリー

第3話 (2013年3月27日 水曜日 放送)

大阪・新世界。
OLの千子(木南晴夏)はこの町のラーメン屋「味よし」の一人娘。
店主である父ゲンコ(大杉漣)は妻亡き後、血のつながらない千子を我が子のように愛情を注ぎ育ててきた。
千子の幼なじみのカメヤ(鈴木亮平)は、千子と一緒になりたいとゲンコに告げ、彼女の妊娠を明かす。
実はカメヤの子ではなかったが、ゲンコのように自分の子として育てていく覚悟だった。
だが何も知らないゲンコは激怒し、「結婚は許さん!」とカメヤを殴りつけてしまう。
そんなゲンコに千子は「そろそろバトンタッチみたいや。私、結婚するわ」と固い決意を告げる。
だが結婚式当日、いつまで待ってもゲンコが姿を見せず、千子は不安に駆られる。
そこへ、ゲンコが保護していた少年・スルメ(首藤勇星)の家で事件が起きたと知らせが入る。
スルメの母親・美加(大路恵美)の彼氏(ほんこん)が包丁を手に、スルメを人質に立てこもったのだ。
激怒するゲンコは身を挺して男に向かっていき…。

イメージ イメージ イメージ イメージ