泣いたらアカンで通天閣

原作紹介

あらすじ

大阪・新世界の端っこにあるくせ者揃いの横丁、北詰通商店街に店を構える「ラーメン味(み)よし」。「味よし」とは名ばかりで、店主の三好ゲンコが作るラーメンはえらく不味くて、赤字続きだ。ゲンコはしっかり者の一人娘・センコの目を盗んでは、店をほったらかしてふらふら遊びに行ってしまう。そんな父ちゃんにイライラしながらセンコは毎晩、帳簿とにらめっこ。さらに、自身の厄介な恋愛問題にもヤキモキしながら、慌ただしい毎日を送っていた。

そんなある日、東京で就職したはずの幼馴染のカメヤが突然帰ってきた。だがコソコソしていてどこか様子がおかしい。さらにどういうわけかゲンコが、商店街の問題児・スルメを三好家で預かると言い出し、うちにそんな余裕はないと激怒するセンコだったが……。

どん詰まりの下町商店街に息づく、とびっきりの人情とどこか懐かしい家族の物語。

泣いたらアカンで通天閣 坂井 希久子

作者紹介

坂井 希久子(さかい  きくこ) 1977年、和歌山県和歌山市生まれ。
同志社女子大学学芸学部日本語日本文学科卒。
2002年、作家を志し勤めていた京都の通販会社を退職し上京、小説講座の門を叩く。2008年、「虫のいどころ」で第88回オール讀物新人賞受賞。著書に『コイカツ-恋活』『羊くんと踊れば』『迷子の大人』などがある。