鈴木ちなみ
海から山へ 本州最南端の楽園
―和歌山県 串本〜古座川―
2017年7月2日(日)あさ 7:00〜 放送
<みどころ>

 今回はタレント・女優の鈴木ちなみが和歌山県の自然を旅する。JR紀勢本線「串本駅」でレンタサイクルを借り、まずは景勝地「橋杭岩」まで自転車を走らせる。海岸で「姫ひじき」を釜茹でしているお母さん方に出会い、作業をお手伝いする。串本大橋を自転車で渡り、紀伊大島にある近畿大学の水産研究所で養殖されたクロマグロ(本マグロ)の迫力の水揚げを見る。近大マグロの解体の見学をし、潮岬灯台から美しい夕景を堪能する。本州最南端にある古座川をカヌーで下り、エビやウナギの漁をする方々と出会い、、昔ながらの伝統漁に挑戦して、古座川で出会った方々と捕れたうなぎとエビの料理を食べる。

<内容>

 旅の始まりはJR紀勢本線「串本駅」から。駅横にある観光案内所でレンタサイクルを借り、景勝地へと出発する。

 最初に立ち寄るのは大小40余りの岩柱が、列をなしてそそり立つ「橋杭岩」。波の浸食によって長い間に岩石層のやわらかい部分が削られてできたそうだが、海岸から海まで橋を渡すための杭のように見える様子からその名がついたという。鈴木は大自然のパワーを目の当たりにして感動する。

 橋杭岩の近くで「姫ひじき」を釜茹でしているお母さん方に出会う。姫ひじきは太くてコシがあり、柔らかいのが特徴だ。収穫したあと浜で乾燥させ、さらに大釜で茹で上げ、再び乾燥させる。茹でたてのひじきは香りがよく、独特の甘さがある。鈴木は作業をお手伝いする。

 串本大橋を自転車で渡り、紀伊大島へと向かう。紀伊大島には近畿大学の水産研究所がある。2002年に世界で初めてクロマグロ(本マグロ)の完全養殖に成功し、いまや“大卒マグロ”として人気だ。鈴木は迫力ある水揚げの様子を見学する。近大のマグロは近くの潮岬にある「観光タワーレストラン」で食べることができる。鈴木はレストランで特別にマグロの解体を見せてもらい近大マグロを味わう。

 続いて本州最南端の潮岬へ。そこにある潮岬灯台の台上から180度のパノラマ風景を見ることができる。鈴木は灯台から美しい夕陽の風景を堪能する。

 本州最南端にある古座川とその支流は「紀伊半島最後の秘境」と言われる場所。中国の桂林のような風景のなかを、高知の四万十川をしのぐほど透明度の高い清流が流れる。鈴木は古座川でカヌー体験をすることに。まるで空中に浮かんでいるかのようなカヌーに乗り込み、絶景体験にいざ出発!

 古座川にはエビなど様々な生き物が生息している。鈴木は川の中でエビ箱漁をしている人に出会う。専用の木箱を仕掛けると、川底を移動するエビが中に入る。一度入ると外に出られない仕組みになっており、多いときで100匹以上が獲れるそうだ。さらにウナギ漁をしている人にも出会う。川の中に石を積み、中に隠れたウナギをウナギ鋏(ばさみ)という漁具を使って捕らえる。鈴木は漁を見たあと、川べりのお店でウナギの白焼きとかば焼き、エビの素揚げを食べる。

<歴代主題歌歌手>
1.デュークエイセス
1970.10〜
2.永 六輔
1971. 4〜
3.小室等と六文銭
1971.10〜
4.小林 旭
1972. 4〜
5.東京混声合唱団
1972.10〜
6.赤い鳥
1973. 4〜
7.上條恒彦
1974. 1〜
8.安田 南
1974. 4〜
9.平尾昌晃と西崎みどり
1974.10〜
10.風 車
1975. 4〜
11.ボニージャックス
1976. 4〜
12.森田公一とトップギャラン
1976.10〜
13.豊島たづみ
1981. 4〜
14.鯨井ゆかり
1981. 7〜
15.古谷一行
1982. 4〜
16.渡辺真知子
1982.10〜
17.ダ・カーポ
1985.10〜
18.益田宏美
1990.10〜
19.オユンナ
1994. 1〜
20.石川さゆり
1998. 5〜
21.さだまさし
2000.10.〜
22.元 ちとせ
2004. 3.〜
23.森山 良子
2005. 5.〜
24.Chage
2011. 1.〜
25.一青窈
2012. 12.〜
<系列各局放送時間>
日本テレビ
(日)6:30
札幌テレビ
(日)5:45
青森放送
(金)10:25
ミヤギテレビ
(日)6:30
テレビ信州
(日)6:30
北日本放送
(金)15:54
テレビ金沢
(金)10:25
中京テレビ
(日)7:00
南海放送
(土)10:00
日本海テレビジョン
(土)5:30
広島テレビ
(日)7:00
福岡放送
(日)7:00
長崎国際テレビ
(日)17:00
鹿児島読売テレビ
(日)16:55

※放送時間については、各局にお問い合わせください。
各局の都合により、放送日時が変更されることがあります。ご了承ください。
旅する人:
鈴木ちなみ
スタッフ:
(演出)松田朋之
(制作)読売テレビ、テレビマンユニオン
Copyright © YOMIURI TELECASTING CORPORATION. All rights reserved.