社員紹介

遠藤 慎也[SHINYA ENDOU] 制作局2008年入社

「おもしろいなぁ」を蓄積することが大切

メインビジュアル

質問者 読売テレビに入りたいと思った理由は?

遠藤 大前提として、とにかくテレビ番組を作る仕事に就きたいと思っていました。
そんな中、ダウンタウンさんが大好きだということもあって読売テレビも受験。
ご縁のあった弊社に入社しました。

質問者 現在の仕事内容を簡単に教えてください。

遠藤 レギュラー番組に関しては、『上沼・高田のクギズケ!』や『漫才Lovers』のディレクター。
上記に加えて、各種特番のディレクターをさせていただいています。
中でも、年に一度の『鳥人間コンテスト』は、現在の私にとって最も大きな仕事です。

質問者 やりがいを感じる瞬間は?

遠藤 ロケを終えた瞬間、番組が完成した瞬間、放送された瞬間…
たくさんありますが、最もやりがいを感じるのは、
「自分だけの力で、おもしろくて新しい企画を思いついた瞬間」です。

質問者 就職活動中のあなたへ

遠藤 偉そうなことを言える立場ではありませんが…
「おもしろいなぁ」と感じることを、たくさん胸に留めておくことが大切だと思います。
「浅く広く」でも「狭く深く」でもどちらでも構いません。
(もちろん私自身も、その作業の真っ只中です。)

たとえば、野球が好きなら、大ファンである●●選手のヒーローインタビューの言い回し。
たとえば、アイドルが好きなら、推しメンである△△ちゃんのダンスのクセ。
たとえば、映画が好きなら、心に残った作品『@@』の宣伝キャッチコピー。
そんな心に留めた「おもしろいなぁ」を材料に、番組内で“パロディ”を一展開作るのもアリ。
“オマージュ”として、VTRの中に少しだけ忍ばせるのもアリ。
いやいや、たとえそこまでしなくとも、作り手の趣向性や些細なおもしろがりは、必ずやその人の作品ににじみ出てくるはずです。
「おもしろいなぁ」の蓄積が、みなさんのスパイスになると信じています。

  • 写真1
  • 写真2

ある日のスケジュール

ある日のスケジュールイメージ
<
all
>