イントロダクション

パワハラ、セクハラ、女性活躍推進法、働き方改革、ワークライフバランス…働く女性のリアルな心情を赤裸々に!“女性版 島耕作” が颯爽と働き、アクティブに恋をする!風花凜子は、島耕作が会長を務める大手電機メーカー、株式会社テコットの女性部長。仕事では、新規プロジェクトのリーダーに任命され、異例の若さで執行役員候補に上り詰め、プライベートでは彼氏のジャズ喫茶でサックス奏者としてライブを行い、まさに順風満帆。しかし、それを面白く思わない執行役員のライバル候補たちは、凜子のスキャンダル探しに躍起。そんな最中、部下の突然の出社拒否や、セクハラ接待疑惑まで浮上。さらに、彼氏からは衝撃の事実を突き付けられ…。

果たして凜子は、仕事と恋で立ちはだかる難題を前に、どんな答えを導きだすのか?

登場人物

風花凜子(40)/りょう

風花凜子(40)/りょう
テコット国際本部北米部長。
サックス奏者の顔も持ち、パートナーである高澤光太郎がオーナーを務めるジャズ喫茶で定期的にライブも行う。
仕事も趣味も恋も両立できると考えており、どれも全力で取り組む。
インターネットを使ったIoTビジネスモデルのプロジェクトチームのリーダーに選ばれる一方、光太郎ともそろそろ結婚…と考えていた矢先、部下のトラブルが発覚。光太郎からは衝撃の事実を切り出され、自分が本当にやりたいことは何なのかを見つめなおす。
見た目に似合わず大食いだが、お酒は一滴も飲めない。
コメント
社会進出はおろか差別も根深く残る世の中で
それでもなんとか折り合いをつけて
うっすらとした希望を頼りに
混沌とした現実の中を働き進む女性達へ
一人の人間として真っ直ぐ奮闘する風花凜子の生き様を
力強く演じていきたいです。

原作

弘兼憲史『 会長 島耕作 特別編 部長 風花凛子の恋 』(講談社「モーニング」)※週刊モーニングにて連載中の『会長 島耕作』のスピンオフ企画として、5月24日、6月7日、21日、7月5日、12日、19日にわたり、全6話掲載予定

著者コメント
久しぶりの映像化を嬉しく思います。
僕の漫画をどんな風に料理してくださるのか、ドラマを拝見するのが今から楽しみです。

スタッフ

PAGE TOP