おはよう!ドクター

日曜あさ5:50~放送

トップにもどるバックナンバー
公式youtubeチャンネル

番組は、読売テレビのyoutube公式チャンネルでもご覧いただけます

2017.2.25

#86 胃がんの最新治療!術前化学療法から手術の最前線

年間約5万人が死亡する胃がん。
日本人に多いがんで、男性が女性のおよそ2倍もあります。
そんな胃がんの最新治療をお送りします。

今回のおはよう!ドクターは、胃がんの最新治療!術前化学療法から手術の最前線をお送りします。

胃がんはどのような症状がでるのですか?

胃がんは、早期では自覚症状がほとんどありません。
そのため、進行して見つかるケースが多く、発見された時点で胃がん末期と診断されることもあります。

最近、術前化学療法という言葉をよく聞くのですが、どういった治療になりますか?

病期が進んだ進行胃がんの人だけが、術前化学療法の対象となります。
術前化学療法は手術前に抗がん剤を用いてがんを小さくする治療です。
2000年以降胃がんに効く抗がん剤がどんどんと開発されてきています。

術前化学療法で、がんを小さくしてから手術になるんですね。

進行している胃がんでは、手術をしても取りきれず、そのままお腹を閉じざるを得ない場合もあります。
そこで私たちは進行した胃がんの患者さんを対象に、手術前に抗がん剤治療を受けていただき、小さくなったところで手術をする術前化学療法を行っています。

YouTube動画をみる

大阪府立急性期・総合医療センター 消化器外科主任部長   藤谷 和正先生

ページTOPへ