おはよう!ドクター

日曜あさ5:50~放送

トップにもどるバックナンバー
公式youtubeチャンネル

番組は、読売テレビのyoutube公式チャンネルでもご覧いただけます

2016.6.25

#78 乳がん・最新治療の選択肢

日本人女性のがん罹患率1位は乳がん。
どの年代でも乳がんになる可能性があります。
乳がんは、再発・転移を繰り返して命を落とす危険がある怖い病気です。

次回のおはよう!ドクターは、乳がん・最新治療の選択肢をお送りします。

乳がんの手術とは、どのようなものですか?

手術には「乳房切除術(全摘)」と「乳房温存術」があり、どちらを選択するかは、がんの大きさ、広がり、数、位置、リンパ節転移の有無など、さまざまな要因が関係します。

最近は手術と他の治療法を組み合わせて、可能な限り手術を縮小する方向で、治療法が検討されているようですね。

大きいがんを薬物治療で小さくしてから手術を行う術前薬物治療で、乳房温存術が可能な場合もあります。
しかし、乳房を温存した場合、目に見えないがん細胞が切除した周囲に残っていると、同じ乳房に再発する可能性があります。

全摘した後、手術できれいな乳房が形づくれるのか、女性は気になるとおもいますが。

新たな乳房をつくる乳房再建には、シリコンなどの人工物を用いるインプラントと、患者さん自身のおなかの脂肪や背中の筋肉など自家組織を移植する方法があり、美容面からも満足できる乳房をつくることができるようになっています。

YouTube動画をみる

大阪医科大学附属病院 乳腺・内分泌外科   岩本 充彦先生

ページTOPへ