おはよう!ドクター

日曜あさ5:50~放送

トップにもどるバックナンバー
公式youtubeチャンネル

番組は、読売テレビのyoutube公式チャンネルでもご覧いただけます

2016.3.19

#74 乳がん最新薬物療法 

女性の12人に1人が、乳がんにかかるといわれています。
亡くなる方は年間におよそ1万3千人にも及んでいます。

今回のおはよう!ドクターは、乳がん最新薬物療法をお送りします。

まずは所属されている、臨床腫瘍科は聞きなれない科ですが
どのような部門なのですか?

臨床腫瘍科はがんの種類を問わずがんに対する抗がん剤治療などを行っている
診療科です。
医師、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカーなど多職種でチーム医療として
診療にあたります。
また、がん薬物療法専門医、がん化学療法認定看護師、がん性疼痛認定看護師、
がん看護専門看護師、がん専門薬剤師など高度なレベルの専門知識を身につけた
スタッフもいます。

具体的には、どのような治療を行っているのですか?

治癒を目指す術前・術後の薬物療法、生活の質(QOL)の維持と延命を目的とした
手術不能例や再発例に対する薬物療法、また、新規抗がん剤や分子標的薬剤の
いち早い導入、未承認薬を用いた治験にも積極的に参加しています。

乳がんの治療は、どのようなものですか?

乳がんに対する治療法は、手術・放射線と薬物療法があります。
薬物療法には再発予防のために行うものと生活を維持するために行うものが
あります。

薬物療法もいろいろあるのですね。

治療の目的も違いますし、用いる薬剤もいろいろあります。
例えば、女性ホルモンを栄養にして癌が増殖する場合、それを抑えるために
ホルモン剤を使用し、それをホルモン療法あるいは内分泌療法と呼びます。
また、活発に増殖するがん細胞をやつける抗がん剤療法や、がん細胞だけを
ピンポイントに狙い撃ちする分子標的療法があります。
これらの、薬を用いた治療をまとめて、薬物療法とよびます。

YouTube動画をみる

大阪府立成人病センター 臨床腫瘍科   吉波 哲大先生

ページTOPへ