MENU

烈弾レッスン

「ダウン&アップ」から始まって、ダンスの基本的な動きをレクチャー!ダンスマスターをめざせ! 烈弾!

烈弾レッスン10【ニュージャックスウィング】

【ニュージャックスウィング】。

なかなか複雑な動きだから、順を追って身につけていこう。

(1)
まずは基本的な動き。これまで基本にしていた「烈弾レッスン1【ダウン&アップ】」とはまたちょっと違う、「前ノリ」という、体を前後にかたむけるリズムの取り方が基本になるんだ。

両足を肩幅くらいに開いて立つ。
そしたらヒザをやわらかくして、体を前後に動かしてみよう。
重要なのは腰の動き。 オンビートでヒザをのばして後ろに、エンビートでヒザをまげて前に、腰をしっかり動かそう。

腰を後ろに動かす時は、「飛んで来たボールをおしりでポーンと打ち返す」イメージ。
背筋を伸ばしておしりをポン。その時、上半身をしっかり前にかたむけよう!

腰を前に出す時も背筋は伸ばして。そしたら今度は上半身が後ろにかたむくよね。その形を大切に。
オンビート、エンビートをしっかり意識して、くりかえし練習してみよう。

「ポン!エン、ポン!エン、ポン!エン、ポン!エン…」

とか、口で言いながらやってもいいかも。


(2)
気持よくリズムを取れるようになってきたら、腕の振りをつけてみよう。動画の僕の動きを参考に…

1、両手を広げて
2、右手を左へパンチ!
3、両手を広げて
4、左手を右へパンチ!

パンチをする時には足のつま先を意識しよう!

右手を左へパンチする時は、右足のつま先も左へ。
左手を右へパンチする時は、左足のつま先も右へ。

打つ方向へつま先を向けるようにすると、自然と体全体が回転して、大きくキレイな動きになるんだ。


(3)
最後はジャンプ。(2)までに慣れたらね。
僕の動きを参考に、軽くジャンプ。

1、左へジャンプ。
2、左へパンチ!
3、右へジャンプ。
4、右へパンチ!

ってイメージかな。これも覚えるまでは「左! 左! 右! 右!…」みたいに言いながらやってもいいかも?
動きを覚えたら、くり返し練習して、大きくキレイな動きを自分なりにさぐってみよう。


なかなか難しいけど、ビートの感じ方からキレのいい動きの作り方まで、この動きには基本が沢山詰まってるから、慌てず少しずつ練習して、しっかり身につけるといいよ!

一覧へ戻る

Copyright © YOMIURI TELECASTING CORPORATION. All rights reserved.