情報ライブ ミヤネ屋

レシピ集「ミヤネ屋で過去に紹介したレシピ集。今日の献立にいかがですか?」

放送日:2008/6/18(水)
シャキシャキの食感!絶品野菜炒め

紹介した料理

■今回の悩み
・野菜が大好きなご主人のために野菜炒めを作るのですが、奥様が作ると何故か水気が多く、"腐ったような…古~い味"がするらしいのです。そんな奥様の願いはご主人が心から「うまい!」と言ってくれる野菜炒めを作ること。

■ご主人の感想
・奥様が作った野菜炒めを食べたご主人。野菜のシャキシャキ感だけでなく、お肉のあまりのやわらかさに「これ良い肉なん?」と聞くほど!もちろん「うまい!」も出て見事完食。大満足だったようです。

レシピ

材料
(4人分)
豚肉150g(お好み焼き用など少し厚みのあるもの) 
キャベツ150g  人参30g  玉ネギ135g  もやし130g
【合わせ調味料】
スープ(「中華の素」と「野菜の切れ端」など)大さじ2  塩少々  白コショウ少々  
濃口醤油小さじ1  オイスターソース小さじ1/2  水溶き片栗粉小さじ1
【その他】
サラダ油適量  ゴマ油少々
作り方
(1)キャベツはざく切り、玉ネギはくし切り、人参は短冊切りにし、流水でよく洗いフキンなどで水気をシッカリとふき取る。
流水で洗うと野菜が生き返りシャキッとします。余分な水分を出さないためにも手を抜かずシッカリと水気はふき取りましょう
(2)もやしは根と芽を取り、水の中で折れないように洗い、フキンで水気をふき取る。
(3)豚肉は一口大に切っておく。
(4)小さめの鍋にお湯を沸かし、氷水を準備しておく。
(5)切った豚肉を「沸かした湯の中(火は止めた状態)」に入れ、色が白く変わったら氷水に移す
(6)豚肉が冷めたら、ザルにあけ、水気を切っておく。
豚肉は炒めると固くなりますが、ボイルすると柔らかく仕上がります。
(7)豚肉をボイルしたお湯に、中華の素を飲める程度の濃さに溶かし、ネギの端やショウガの皮を叩いて入れ、5分ほど炊く。
インスタントのスープはクセがありますが、野菜の端…人参の皮や玉ネギの茶色くない部分などでも大丈夫です…を入れて5分ほど炊くとこのクセが抜け、本格的な味になります
(8)スープ大さじ2を基本に、塩少々、コショウ少々、濃口醤油小さじ1、オイスターソース小さじ1/2、水溶き片栗粉小さじ1(水1:片栗粉1)を入れ、合わせ調味料を作る。
合わせ調味料の水溶き片栗粉は、トロミを付けるものではありません!野菜の艶が良くなるのと炒める時に出てくる水分を絡めてくれるというメリットも
(9)フライパンにサラダ油を熱し、玉ネギ、キャベツ、人参を強火で手早く炒める
(9)フライパンにサラダ油を熱し、玉ネギ、キャベツ、人参を強火で手早く炒める
(10)もやし、ボイルして水気を切った豚肉を加えサッと炒め、合わせ調味料を絡めて、仕上げにゴマ油をふる。
  • 前のページに戻る
  • ミヤネ屋レシピ集へ
TOPへ戻る