情報ライブ ミヤネ屋

レシピ集「ミヤネ屋で過去に紹介したレシピ集。今日の献立にいかがですか?」

放送日:2009/3/31(火)
焼き餃子

紹介した料理

■今回の悩み
3人のお子さんによく焼き餃子を作ってあげる高瀬さん、
しかし、いつも満足出来るものが出来ないそうです。
是非、お店で食べるような焼き餃子を作ってみたいそうです。

■ご主人・お子さんの感想
おいしく食べてくれたのはもちろん、残った一つを取りあいに!
満足してくれた証ですよね。

レシピ

材料
(4人分)
豚ミンチ(100g)キャベツ(200g)
ニラ(1/4束・20g)白ネギ(15g)
ショウガ(チューブ/5g)餃子の皮(20枚)
※通常のショウガなら10gが目安

塩(小さじ1/2)、コショウ(少々)、酒(小さじ2)、濃口醤油(大さじ1)
ゴマ油(小さじ2)、うまみ調味料(好みの量)
作り方
【キャベツの下処理】
まずキャベツ(200g)は一枚一枚水洗いして、よく拭いておきます。
そのキャベツを葉が柔らかくなるまで熱湯でゆでます。
この時、芯まで柔らかくなると、ゆで過ぎなので注意しましょう。
※ 芯まで柔らかくなるとゆで過ぎ!(下イチ/極太明朝)

柔らかくなったらザルに引き上げ、塩(適量)をふり熱が取れるまで置いておきます。
熱が冷めたら、みじん切りにします。
みじん切りにしたら水気がよく切れるように、手のひらを平らにしてキャベツを絞ります。これでキャベツの準備は完了。
その他の野菜、ニラ(1/4束・20g)と白ネギ(15g)も細かく刻んでおきましょう。
【焼き餃子のタネ】
まず、豚ミンチ(100g)に塩(小さじ1/2)を加えてよく練ります。
よく練ったら、コショウ(少々)、酒(小さじ2)、濃口醤油(大さじ1)、ゴマ油(小さじ2)、ショウガ(チューブ/5g)、うまみ調味料(好みの量)を加える。
そこに先ほどの野菜を加えて練ってタネ作り完了。
※時間があればしばらく置いておくのがベストです。
【焼き方】
フライパンに油をひき、よく熱します。
そこに皮で包んだ餃子を置いていきます。
すぐに焼かずに、ある程度焼き色が付いてから、水ではなく湯(40~50cc)を皮のヒダに当たるようにかけます。
フタをして中弱火で蒸し焼きにします。
焼音が“ブツブツ”→“ピチピチ”という高い音に変わったら焼き上がり。
酢と濃口醤油を混ぜてタレを作ったら完成。
  • 前のページに戻る
  • ミヤネ屋レシピ集へ
TOPへ戻る