Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7282「歌詞が心臓に突き刺さる」

11月27日、日本テレビの「ベストアーティスト2019」の4時間の生番組、残業をしながらチェックしていたら、

「King Gnu(キング・ヌー)」

というグループの曲「白日」を紹介していました。それによると、このグループの曲は、

「サブスクで1億再生超」

なんだそうですが、まず「サブスク」が分からない。「サブスプリクション」?聞いたことはあるけど意味は分からない。つまり、知らない。調べよう。

ちょうど半年前の2019年5月29日付で、

『今さら人には聞きにくいけど「サブスク」って何? メリットと注意点とは?』

というサイトがあったぞ。それによると、

*「サブスク」=「サブスクリプションの略。「大辞林 第三版」では、

「製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式」と解説していますが、「月額課金」や「定額制」という言葉の方が、なじみが深いかもしれません。 身近なところで例を挙げると、「Netflix(ネットフリックス)」「Hulu(フールー)」などの動画配信サービスや「Apple Music」「LINE MUSIC」などの音楽配信サービスがサブスクリプションサービスにあたります。」

なーんだ。新しく見せるために「横文字」を使っただけですね。

「月額課金」「定額制サービス」

ならわかりやすい。で、

「サブスクで1億再生超」

ということは、やっぱり「1億再生超」の「1億超」がすごいってことですよね。でも「定額制」だから、同じ人が何回も見ているのかもしれないな。「のべ」ということですね。ややこしく、しやがって。

いや、こんな話をしようとしたわけではありません。その「サブスク」で見た人の感想の中に、こんなフレーズがあったというのです。

「歌詞が心臓に突き刺さる」

...それ、死んでますよね。凶器は「歌詞」か。「仮死」か?

ここ数年、

「心(ハート)に響く」

という意味で、

「刺さる」

という言葉が使われていますが、それで言うと、

「歌詞が刺さる」

でいいのに、妙な説明を加えたら、

「歌詞が(心臓に 突き)刺さる)」

というように、"殺人事件のような状態"になってしまったんでしょうね。

「心に刺さる」だけだと物足りない気持ちが、そうさせたのかな、きっと。

(2019、11、28)

2019年11月28日 19:07 | コメント (0)