Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7279「『度』か『回』か?4」

平成ことば事情5070「『度』か『回』か」

平成ことば事情5562「『度』か『回』か2」

平成ことば事情7037「『度』か『回』か3」

の「令和」に入ってから初めての続編です。

11月23日大相撲九州場所で、翌日の千秋楽を待たずに、横綱・白鵬が、史上最多の自己記録を伸ばす、

「43回目・43度目」

の優勝を決めました。その「回数の助数詞」が、新聞によって違います。

(読売)43度目

(朝日)43度目

(毎日)43回目

(産経)43度目

(日経)43度目

ろいうことで、「毎日新聞」だけが、

「回目」

を使っていました。これまでと同じです。毎日新聞は「優勝 43回目」だけでなく、

「十四日目までに優勝を決めたのは20回目」

「九州場所での優勝9回」

など、全て「回」で、「度」は使っていませんでした。

ただ、中身を見てみると、

(読売)「優勝回数」(一覧表)

とありました。読売新聞は、「優勝回数」を

「43度」

と言うのか?それとも、

「43回」

なのかが分かりません。一覧表には「数字」しか書かれていなかったので。

また、同じ日に、ローマ教皇として38年ぶりの来日を果たしたフランシスコ教皇ですが、ローマ教皇の来日は、

「2回目・2度目」

どちらなのか?

「毎年必ずある場合」は「回」を使い、大相撲の「優勝」のように「いつあるかわからない場合」は「度」を使うという「使い分け」があるのかないのか?という話なんですが、もし「使い分けがある」とすれば、「ローマ教皇の来日」は、「いつあるかわからない」ので、大相撲の優勝でも「回」を使っている「毎日新聞」以外の各社は、

「度」

を使うのではないか?と思うわけですが、実際は、

(読売)***

(朝日)2回目(11月24日)

(毎日)2回目(11月24日)

(産経)2回目(11月24日)2度目(11月23日)

で、「産経新聞」は両方使っていました。読む理新聞はその表記が見つかりませんでした。「38年ぶり」は載っていましたが。

また「日経」は、同じフランシスコ教皇の「来日」(=日本訪問)に関しては見当たらなかったのですが、日本に来る前に「タイ」を訪問されていて、それに関する「11月21日」の記事では、

「2回目」

と表記していました。

(2019、11、27)

2019年11月27日 20:26 | コメント (0)