Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7255「菊池と菊地」

11月5日、女優・歌手だった(今はタレント?大学教授?)菊池桃子さん(51)が再婚を発表しました。お相手は、経済産業省の「新原浩朗(にいはら・ひろあき)経済産業政策局長(60)」だそうです。おめでとうございます。

さて、それを報じた11月5日の「ミヤネ屋」のテロップをチェックしていたら、案の定、誤字が見つかりました。「菊池桃子」さんの「菊池」は、

「池」

なのですが、

「地」

の「菊地」が混ざっていたのです。これは見落としやすいし、間違いやすい。

ということで、放送後に「菊池・菊地の一覧表」を作ってみました。

そもそも「菊池」姓は、

「肥後菊池氏」(熊本県菊池市周辺)

が大本で、そこから分かれたものなど、

「陸奥菊池氏」(福島県・宮城県・岩手県・青森県)「遠野菊池氏」とも。)

「常陸菊池氏」(茨城県)

「伯耆(ほうき)菊池氏」(鳥取県会見郡)

があるそうです。

【池】

菊池桃子=新原浩朗(にいはら・ひろあき)経済産業政策局長と再婚

菊池梨沙=「TOKIO」リーダー・城島茂と結婚

菊池風磨=歌手、俳優、タレント「Sexy Zone」メンバー

菊池雄星=MLBシアトル・マリナーズ 投手

菊池保則=広島東洋カープ 投手

菊池涼介=広島東洋カープ 内野手

菊池真理亜(まりあ・長女)中学まではスケート、現在は美容師。

菊池彩花(あやか・二女)(2018、2、9)スピードスケート平昌五輪出場

菊池悠希(ゆうき・三女)(2018、2、9)スケート・ショートトラック平昌五輪出場

菊池萌水(もえみ・四女)スケート・ショートトラック

菊池純礼(すみれ・五女)(2018、2、9)スケート・ショートトラック平昌五輪出場

菊池大介=サッカー選手(柏レイソル・MF)

菊池流帆=サッカー選手(レノファ山口・DF)

【地】

菊地亜美=タレント。「RIZAP」で減量

菊地勲=離婚した小倉優子の元夫。ヘアアーティスト

菊地凛子=女優

菊地美香=女優

菊地ゆうみ=声優

菊地浩輔=タレント

菊地あやか=アイドル

菊地英昭=ギタリスト「THE YELLOW MONKEY」

菊地英二=ドラマー「THE YELLOW MONKEY」

菊地成孔=ミュージシャン

菊地和正=群馬・高崎市出身の元プロ野球投手(日ハム→DeNA)

菊地大祐=千葉ロッテマリーンズ フィジカルコーチ

菊地俊介=サッカー選手(湘南ベルマーレMF)

菊地光将=サッカー選手(大宮アルディージャDF)

菊地直哉=サッカー選手(アビスパ福岡・DF)

といった「きくち姓」の著名人がいました。

プロ野球とJリーグは、今年(2019年)の選手名鑑を見て、「きくち姓」をピックアップしました。このほか、

「菊地原 毅=広島東洋カープ 投手コーチ」

もいました。

少し古いのですが、手元にある「平成30年2月」の『国会便覧144版』では、「菊池」「菊地」姓の国会議員は、見当たりませんでした。

(2019、11、6)

2019年11月 6日 11:32 | コメント (0)