Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7217「犠牲」

10月2日に開かれた関西地区新聞用語懇談会で、中国新聞の委員からこんなテーマが出されました。

*「亡くなられた」「犠牲者」

京都アニメーション放火事件にからみ、死者名簿に付けた見出し(タイトル)が、

「亡くなった方々」「亡くなられた方々」「京都府警が身元を公表した犠牲者」

など各紙いろいろだった。「亡くなった方々」は丁寧さに欠ける、「亡くなられた方々」は敬い過ぎ、「犠牲者」は何かの成功の陰で命を失ったというニュアンスもあり不適当、などの議論がある。何がふさわしいのだろう。

しかし当日は、4時間半にも及ぶ討議でも議題が消化しきれず、この議題に対しての討議は「されず終い」でした。

そしてきょう(10月11日)、週末に襲ってくる過去最強クラスの「台風19号」に関して午前11時から行われた気象庁会見で、

「今回の台風は昭和33年(1958)の"狩野川台風"に匹敵する」

というコメントを受けて出た、NHKのニュース速報の字幕及びL次画面で、

「【狩野川台風】昭和33年 静岡や関東 1200人以上が犠牲」

というように、「台風被害での死者」に対して「犠牲」という言葉が使われていました。

「死亡」だと冷たい感じがするということと、

「何の罪もないのに、自然の脅威の前に、なす術もなく亡くなった」

という部分が、

「犠牲」

という言葉を使わせているのでしょうかね。

実はこの言葉に関しては、私も以前、引っかかったことがありました。

・平成ことば事情3340「犠牲者という表現」

・平成ことば事情5376「犠牲」

もお読みください。

そして皆さん、くれぐれも「台風19号」にはお気を付けください。

(追記)

10月12日の各紙朝刊に、京アニ放火事件で10月4日に死亡した24歳の女性の身元が発表されたという記事が出ていました。その見出しと本文は、

(見出し)            (本文)

(読売)36人目の犠牲者の身元発表    36人目の犠牲者の身元について

(朝日)京アニ36人目犠牲者は24歳女性 事件の犠牲者は36人で

(毎日)36人目死者 24歳女性      36人が死亡した

(産経)京アニ36人目犠牲者の身元発表  36人目の犠牲者の身元

(日経)犠牲36人目 24歳の女性     36人目の犠牲者となった

ということで、各社「犠牲者」を使っている中で、「毎日新聞」のみ「犠牲者」を使わずに、

「死者」「死亡」

を使っていました。

(2019、10、14)


(2019、10、11)

2019年10月11日 17:44 | コメント (0)