Top

『道浦TIME』

新・読書日記 2019_119

『老嬢は今日も上機嫌』(吉行和子、新潮文庫:2011、2、1第1刷・2011、3、15第3刷)

独特のアンニュイな雰囲気を持つ女優...という認識をしている吉行さんは、エッセイストとしても輝きを放ち、独特の雰囲気をまとっている。一体全体、何歳なのかもよく分からない。多分もう70代‥‥と思って調べたら、何と、うちの両親と同じ「昭和10年(1935年)」生まれ!ということは「今年84歳」ではないか!そうは見えない。さすが、お母様が「107歳」まで生きた「吉行あぐり」さんだけある!ある意味"化け物"ですね。何を食べているのか。

自ら「老嬢」と呼ぶ。たしかに年は取ったが、「お嬢さん」である。台所が汚れるから、お料理は嫌。やっぱりちょっと変わっているなあというか、マイペースだなあと、至る所で感じる。天才肌というよりはマイペース。そんな彼女と気の合う仲間が、女優の冨士眞奈美さん、岸田今日子さん。3人で俳句を読んだり旅行をしたり、山下洋輔の追っかけをしたり・・・「乙女」である。「年を取った乙女」である。だから「老嬢」。そして、この本の解説も書いているピーコさんも。友達も個性的。自分をしっかりと持っているマイペースの人たちだからこそ、仲が良いのであろう。仲は良いけど、お互いの生活には干渉しない。"君子の交わり"かな。

このエッセイを書いている途中で、妹の吉行理恵さんが60代で亡くなり、親友の岸田今日子さんも亡くなる。でも人間、生きていれば、いつかは死ぬのだ、それも「生活の一部」なのだと受け止めているフシがある。傍らで、100歳以上生きて、まだまだ生きる"つもりらしい"『母・あぐり』さんがいる。(その後、お亡くなりになったが。)

人それぞれ。今日も上機嫌。


star3_half

(2019、8、28読了)

2019年8月29日 17:22 | コメント (0)