Top

『道浦TIME』

新・読書日記 2019_108

『真夏の雷管』(佐々木譲、角川春樹事務所:2019、7、10)

ことしの夏休みの旅行中(8日間)に読んだ本は全部で6冊。そのうちの1冊目

普段は、仕事の行き帰りに通勤で社で読むと、長めに続けて読めずにブチ切れになってしまうので、やはり推理小説・警察小説なんかは、休みの時に一気に読めるのが良いなあ。飛行機の中とか。

佐々木譲の警察小説は好きで、10年ほど前に初めて読んでから、この「北海道警シリーズ」最初の何冊かは読んでいたが、この本を読んでわかったのは、途中、何冊か読んでいないのがある(抜けている)ということ。

  1. 笑う警官

  2. 警察庁から来た男

  3. 警官の紋章

  4. 巡査の休日

ここまでは確実に読んだ覚えがある。内容はともかく、タイトルは覚えていた。しかし、

  1. 密売人

  2. 人質

  3. 憂いなき街

は、どうかなあ・・・あらすじを見たら、読んだような気もするけどなあ・・・。

これに続く「シリーズ第7作」が本書でした。あれ?いつのまにか、二人そういう関係になってたんだ!という気もするが・・・。

このお話では、事件は起こりそうで、でもまだ何も起きていないのに、警察が必死に「事件が起きるのを防ごうとしている」。実際は、ここまではなかなか出来ないんだろうなあと思った。


star4

(2019、8、8読了)

2019年8月23日 15:01 | コメント (0)