Top

『道浦TIME』

新・読書日記 2019_105

『世界の危険思想~悪いやつらの頭の中』丸山ゴンザレス、光文社新書:2019、5、30第1刷・2019、6、10第2刷)

お、今初めて気づいたけど、発売10日で2刷とは、なかなか売れているんではないですか!知らなかった。なかなか興味深い・キャッチーなタイトルですものね、特にサブタイトルの「悪いやつらの頭の中」が。

考古学者崩れの著者は、世界中の「危険な所」を歩き回ってリポートとしている。冒頭から緊張感のある「殺し屋」へのインタビュー・・・。

「生」と「死」のボーダーラインが低い国、つまり「命の値段が安い」国では、私達が思っている「人を殺す」ということへの抵抗感も、信じられないほど低い。

そういったことは、あまり知りたくないのだが・・・・。

世界中には、日本に住む日本人とは違う考え方をしている人たちが、たくさん住んでいるというのは、よくわかった。


star3

(2019、7、31読了)

2019年8月 7日 18:49 | コメント (0)