Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7199「タラ味の駄菓子」

プロ2年目、20歳の渋野日向子(しぶの・ひなこ)選手が、全英女子オープンゴルフで、見事優勝を飾りました。1977年の樋口久子選手に次ぐ、42年ぶり2度目の世界5大メジャーでの優勝という快挙です!渋野選手は、

「スマイル・シンデレラ」

と言われるほど、いつもニコニコ。その笑顔が魅力的です。また、プレー中に、

「駄菓子」

を、もぐもぐ食べている様子がテレビ画面に映り、「かわいい」と話題になっています。

なんでも、魚の「タラ」を使った、

タラタラしてんじゃねーよ」

という名前の駄菓子や、スルメが好きなんだそうですが、「駄菓子」だけにネーミングも、「駄洒落」

がお好きなようで...。私も好きです。平昌(ピョンチャン)冬季五輪での「カーリング女子チーム」の、

「もぐもぐタイム」

を思い出しました。女子はお菓子が好きなんですね。私も、女子じゃないけど好きですが。

この渋野選手について、けさ(8月6日)の読売新聞朝刊のコラム「編集手帳」で取り上げていました。その中で、

「タラ味の駄菓子」

という所に目が留まりました。

「タラ味」?

「タラって白身で、あまり味がしない」

のではないでしょうか?しかも、この駄菓子は、

「ビールに合うような、かなり辛い味付けがされている」

と報道されていたので、「タラ味」という表現には違和感が。

「肉」の場合は、

「牛肉味」「豚肉味」「鶏肉味」

などがまだ成り立つかもしれませんが、「魚」の場合は、

「タイ味」「タラ味」「サンマ味」「サワラ味」「イワシ味」

等は成り立たない気がします。特に、

「アジ味」

は、合わない気がする「アキアジ味」とか、舌を噛みそう。

成り立ちそうなのは、魚よりも、

「貝」や「カニ」

などではないでしょうか?

「ホタテ味」「サザエ味」「カニ味」「タラバ(ガニ)味」「イセエビ味」

などは、いけるのと違うかなあ。でも、「タラ味」はダメだと私は思いました。

(2019、8、6)

(追記)

きのう行った、行きつけのスペインバルで、スペインと全く関係が無いのに、なぜかサービスで出してくれました。

20190807.jpg

味は・・・ちょっとスパイシー。つまり辛い。だって袋に、

「エスニック風味 激辛味」

ってちゃんと書いてあります。「タラ味」とは書いてない。「嫌味タラタラ」というわけではありませんが。

(2019、8、7)

2019年8月 6日 21:11 | コメント (0)