Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7198「ミニカバか?コビトカバか?」

少し古い話になってしまいましたが、ことし3月12日放送の読売テレビ「かんさい情報ネットten。」で大阪・万博公園の動物園(?水族館?)の、

「ニフレル」

(「ニフレル」、行ったことないけど「~に触れる」から来ているのかな?ネーミングは)で、「ミニカバ」の赤ちゃん誕生の密着取材を放送していました。それを見ていたら、

「ミニカバ」

という表現に対してスタッフなどから、

「昔は『コビトカバ』と呼んでいたのではないか?『コビト』が差別的表現だから、名前が変わったのか?」

という疑問が出ました。私はまた、

「赤ちゃんのカバ(=カバの赤ちゃん)」

を指して「ミニカバ」と言っているのかと思っていました。

それから3週間がたった4月3日、何気なく見ていたテレビで、カバが気持ちよさそうに泳いでいるコマーシャルが流れていて、そこに、

「コビトカバ」

の文字が。どこのコマーシャルかなと思ったら、

「神戸どうぶつ王国」

のコマーシャルでした。関西の動物園でも、動物園によって呼び方が違うんだ!

つまり「コビトカバ」という表現が禁止されているわけではなく、それよりも「ミニカバ」と言ったほうがかわいいから、そう呼んでいるのかな?と思いました。

調べてみると、「ミニカバ」は「コビトカバ」の「別名」で、学名では、

「カバ科コビトカバ属」

に属する偶蹄目(ぐうていもく)ということです。

グーグル検索では(8月6日)、

「ミニカバ」 = 7万8200件

「コビトカバ」=21万2000件

と、「コビトカバ」のほうが3倍多く使われていました。

ちなみに、10年ぐらい前(2007年)に、日本魚類学会が「差別的な魚類の名前」を「改名」したことがありました。その場合は、

×「アシナガゲンゲ」→〇「ヤワラゲンゲ」

×「オシザメ」   →〇「チヒロザメ」

×「セムシウナギ」 →〇「ヤバネウナギ」

×「テナシゲンゲ」 →〇「チョウジャゲンゲ」

×「ミツクチゲンゲ」→〇「ウサゲンンゲ」

×「メクラアナゴ」→〇「アサバホラアナゴ」

×「メクラウナギ」→〇「ホソヌタウナギ」

という具合でした。

(2019、8、6)

2019年8月 6日 16:30 | コメント (0)