Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7197「アニメ制作か?アニメ製作か?」

7月18日、京都アニメーションの第1スタジオが放火されて35人もの命が奪われ、

33人が負傷するという惨劇が起こってしまいました。亡くなられた方々、また遺族の方々にとっては「なんで?」という思いしかないと思います。謹んで哀悼の意を捧げます。また負傷された方々の、一日も早いご回復を願います。

さて、そのニュースの中で「アニメーション」を作る「せいさく」は、

「制作」か?「製作」か?

という問題が生じました。つまり、「京都アニメーション」という会社は、

「アニメ制作」会社か?「アニメ製作」会社か?ということです。「ミヤネ屋」では、

「製品=製作」

「作品=制作」

という使い分けをしているので、

「アニメ」=「作品」=「制作」

「制作」にしました。ただ、実はこの原則にも例外があって、「映画」は、

「製作」

なのです。そうすると、

「テレビアニメ=制作」

「アニメ映画 =製作」

になるのか?両方作っている場合はどうなるのか?うーんと悩んでしまいます。

そこで他社はどうしているのか、チェックしました。(7月18日)テレビは、

*NHK・MBS(毎日放送)=「製作」

*ABC(朝日放送)・KTV(関西テレビ)=「制作」

新聞(夕刊)各紙は、

*読売・朝日・産経・日経=「制作」

*毎日=「製作」

でした。しかし、唯一「製作」を使っていた「毎日新聞」は、翌日(7月19日)の朝刊では、

「制作」

を使っていました。また、7月20日の「京都新聞」のネット記事では、

「製作」

を使っていました(アニメ製作会社)。

いずれにせよ、アニメは「制作」でいいのかな。

(2019、7、24)

2019年8月 1日 18:18 | コメント (0)