Top

『道浦TIME』

新・読書日記 2019_078

『真夜中の太陽』(米原万里、中公文庫:2004、8、25)

米原万里さんが亡くなってもう13年経つのか・・・2006年の5月25日没。

ツイッターで見かけた「ブレジネフ書記長」に関するアネクドート(政治的小噺)を、どこで読んだのか、阿刀田高か米原万里か?と思って、米原さんの本を読み返してみた。ブレジネフのアネクドートは見つからなかったが、斜め読みしていて気付いた。

15年前の本は、字が小さい。

いや、そういうことではなく、

「米原万里さんのエッセイは、それ自体がアネクドートである」

と。クスッと笑わせて、チクッと刺す。

「1990年代後半から2000年代前半にかけて、あれだけ忠告したのに、ほ-れ、ごらんなさいな」

と、あの世で言っていることだろう。


star4

(2019、6、18読了)

2019年6月20日 19:07 | コメント (0)