Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7172「刺さる」

最近、何気なく聞いていて増えてるなあと思う表現に、

「刺さる」

があります。あるいは、さらに強調表現として、

「突き刺さる」

「何」が「どこ」に「刺さる」のかというと、

「畳に包丁が刺さる」

のではありません。

「心に<何か>がインパクトを与える」

という意味です。つまり、これまでの言葉で表現すると、

「心を打つ」

という意味だと、私は感じています。

耳にはしますが、私は使ったことはありませんし、多分、今後も使わない表現です。

ひと昔前に、

「心が折れる」

という言い方が出て来て定着しましたが、これも私は使いません。

折れたり刺さったり、なんか痛そうなのですよね、今の人たちの「心」は。

グーグル検索では(6月20日)

「心に刺さる」  =163万0000件

「心に突き刺さる」= 53万4000件

でした。トップに出て来た「コトバンク」で「心に刺さる」を見ると、

「『胸に刺さる』を見よ」

となっていて、「胸に刺さる」を見ると、

「心に強い衝撃を受ける。心に刺さる。(例)恩師の言葉が胸に刺さる」

とありました。

「胸に刺さる」「心に刺さる」

という言葉から「胸に」「心に」を省略した言い方が、

「刺さる」

なのですね。でも「胸に突き刺さっ」たら、死んじゃうよ。

(2019、6、20)

2019年6月20日 19:00 | コメント (0)