Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

6860「高座のアクセント3」

2018年7月2日、日本テレビの「笑点」に半世紀・50年間出演し続けた、噺家の、

桂歌丸さんが、亡くなりました。81歳でした。

7月12日の夜7時から、日本テレビで追悼番組が生放送で、「笑点」メンバーも参加して華やかに賑やかに、少ししめやかに営ま・・・放送されました。

そのナレーションで、何度も何度も出て来た男性ベテランナレーターの「高座」のアクセントは、「頭高アクセント」の、

「コ\ーザ」

でした。また、歌丸さんの後の「笑点」の司会者となった春風亭昇太さんも、「頭高アクセント」で、

「コ\ーザ」

でした。ちなみに「私たちの高座」をイタリア語では、

「コーザ・ノストラ」

と言います。ウソです。それは、マフィアです。これ、前にも書きました。たまたま同じネタです。

「平成ことば事情2973 高座のアクセント」

「平成ことば事情3768 高座のアクセント」

「平成ことば事情5964 続・高座のアクセント」

もお読みください。・・・と書いて、よく見ると、「平成ことば事情5964 続・高座のアクセント」は、

「2016年1月20日」

に書きかけのままで、まだネットにアップしていなかった!(未完)

何を書きかけていたかというと、こんなことでした。

「桂春団治追悼番組で。小佐田定雄さんも、桂春の輔師匠も、

『コ/ーザ』

と『平板アクセント』でした!」

つまり、

「江戸落語では『高座』は『頭高アクセント』の『コ\ーザ』だが、

上方落語では『平板アクセント』の『コ/ーザ』だ」

と言いたかったのですね。

それにしても「平成ことば事情2973高座のアクセント」「平成ことば事情3768高座のアクセント」は、「同じこと」を「全く同じタイトル」で書いていたか。

改めて読み直してみると、「平成ことば事情3768高座のアクセント」と「平成ことば事情5964(未完)続・高座のアクセント」は、それぞれ「名人落語家が亡くなった時」なんですよね・・・。

「平成ことば事情3768 高座のアクセント」

=五代目・三遊亭円楽(2009年10月29日没)

「平成ことば事情5964(未完) 続・高座のアクセント」

=三代目・桂春団治(2016年1月9日没)

そして今回が、

=桂歌丸(2108年7月2日没)

さんです。合掌。

(2018、7、12)

2018年7月12日 21:02 | コメント (0)