Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

6642「TV NE~」

兵庫県立美術館で行われている「大エルミタージュ展」を見て来ました。

0110.jpg

その中で、

「十戒」

の書かれた石版を持っているモーセの絵(「預言者モーセ」フィリップ・ド・シャンパーニュ)がまるで写真のようで、「十戒」のラテン語で書かれた文言がハッキリと読み取れました。と言っても、ラテン語が分かるものはなく・・・。

しかし、合唱団で「ミサ」を「ラテン語」(カタカナでルビを振って)で歌ったことがあるので、

「もしかしたら、意味が分かる単語があるのではないか?」

と思って見ていたのですが、やっぱり無理でした。しかし1つだけ気付いたことがありました。それは、文章の中に、

「TV」

がよく出て来るのです。もちろん、当時「テレビ(テレビジョン)」があったわけもなく、別の言葉なのでしょう。そこで「ハッ!」と気付きました。「V」に見える文字は、恐らく、

「U」

なのだろうということです。そうすると「テレビ」に見える「TV」は、実は、

「TU」

なのだ。あ、それならば(ラテン語起源である)「スペイン語」を少しかじったことがあるので、スペイン語の「TU」は、

「あなた」

の意味の「二人称」を示す。これではないか?そう思って見ると「TV(TU)」の後には、

「NE」

と出てくる。「N」で始まるこの言葉は「NO」、つまり「否定形」ではないか?

ここでまたハッと思い出しました。「十戒」の文章と言えば、

「汝、〜するなかれ」

ではありませんか!そのラテン語の表記は、

「TV NE~」

という形(文型)だったのです!

絵画展に行って「絵」を見るより、そこに書かれた「文字」に注目してしまいました。

(2017、1、9)

2018年1月10日 13:10 | コメント (0)