Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

6594「バーテーションか?パーティションか?」

部屋の「仕切り板」のことは、放送では、

「パーテーション」

でしょうか?それとも、

「パーティション」

でしょうか?

調べてみると、『NHKアクセント新辞典』には「パーティション」しか載っていません。(緑の表紙の旧「NHKアクセント辞典」には、この言葉は載っていません。)

『広辞苑』『新明解国語辞典』『精選版日本国語大辞典』『明鏡国語辞典』には「パーティション」しか載っていません。

『デジタル大辞泉』は「空見出し」で「パーテーション」があり、「パーティションを見よ」となっています。

『現代国語例解辞典』(2016,11)小学館)は「見出し」は「パーティション」しかありませんが、その語釈の中に「パーテーション」も載せています。

また『三省堂国語辞典・第七版』(2014)は「パーティション」の語釈の中に「あやまって、パーテーション・パーテンション」と書かれています。

『岩波国語辞典』『新潮現代国語辞典』には、どちらも見出し語にはありませんでした。

グーグル検索では(11月29日)、

「パーテーション」=4030万件

「パーティション」=4000万件

と拮抗しており、「仕切り板の販売サイト」も「パーテーション」「パーティション」、両方あるようです

(2017.11、29)

2017年12月 8日 12:56 | コメント (0)