Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

6588「進化系」

11月7日の「かんさい情報ネットten.」を見ていたら、奈良市内をぶらぶら歩いてお店に入るという企画で、

「進化系!創作もんじゃ」

というサイドスーパーが出て来ました。この「進化系」という文字を見て、

「あれ?これは『進化形』ではないのかな?」

と思いました。そこで、11月16日に岡山で開かれた新聞用語懇談会・秋季合同総会の席で、ちょうど現在、関東幹事会で話し合われている『新聞用語集』の見直し審議についての報告があった際に質問しました。関東幹事会では去年9月から、

「同音異義語」

の検討をしているそうなので、好都合です。

「同音異義語の例として『系』と『形』の用例は載っていますか?先日番組で、

『癒やし系』

などで使われる『系』を使った、

『もんじゃ焼きの進化系』

という表記が出て来ました。これは本来『進化形』と『形』を使うのではないでしょうか。しかしネット検索してみると、この『進化系』のパターンも結構、出て来るんです。こういったところも、載せるように検討してほしいです。」

これに関して、日本新聞協会の用語アドバイザーからは、

「それは『イチオシ』を『押し』と書くか『推し』と書くかといった"流行語的"なものじゃないの?」

と言われたのですが、

「もう『イチ押し』『イチ推し』も、10年以上使われているので"流行語"ではなく、定着していると思われます。用例で取り上げるべきではないでしょうか?『進化系』『進化形』も、同じような感じだと思います」

と答えたところ、議長から、

「関東幹事会で検討します。」

というお答えを頂きました。

グーグル検索では、(11月28日)

「進化系」=43万6000件

「進化形」=51万4000件

と、大変、拮抗していました。

(追記)

「ミヤネ屋」でも12月15日の放送で、

「冷凍食品の"進化系"」

というテロップの発注が出て来たので、

「進化形」

に直しました。

(2017、12、18)


(2017、11、28)

2017年11月29日 16:47 | コメント (0)