Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

5825「蚊に刺される?食われる?かまれる?」

 

昨年(2014年)、蚊に刺されることで感染する「デング熱」患者が出て、聞き慣れない病気に対する警戒が高まりました。その際に、「蚊に刺される」ことを、方言として、

「蚊にかまれる」「蚊に食われる」「蚊に噛まれる」

ということが話題になりました。(私の周囲で)その際に行ったグーグル検索では、

グーグル検索すると(2014年9月18日)

「蚊に刺される」=45万1000件

「蚊に食われる」= 2万8700件

「蚊に咬まれる」=   4570件

「蚊に噛まれる」= 1万8800件

でした。

ことし(2015年)になって「蚊取り線香」の藤原竜也さんが出ているコマーシャルで、女性とこんなやりとりが。

女「あ、かまれた」

男「今、『かまれた』って言ったね?出身は?」

女「滋賀県だけど」

男「『かまれた』と『刺された』の境界線は、このあたりかな。」

(と言って、滋賀県あたりの地図に「かまれた」と書き込む)

男「刺されても、かまれても、金鳥蚊取り線香」

このコマーシャルは、方言的に見て大変興味深い、面白いコマーシャルですね!

一応、現在のグーグル検索数は(7月21日)

「蚊に刺される」=50万1000件

「蚊に食われる」= 5万6900件

「蚊に咬まれる」= 8万6100件

「蚊に噛まれる」= 7万1600件

「蚊にかまれる」= 1万3800件

でした。

そして、その「境界線」を調査したサイトがありました!やはり「デング熱」がらみでしょうか、去年(2014年)の12月12日の記述です。

http://j-town.net/osaka/research/results/197920.html

「『蚊に食われる』『かまれる』は方言? 『刺される』は都会人?」

というサイトで、そこで行われたアンケート(総投票数1313票、2014年11月7日~12月8日=Jタウンネットしらべ)では、

「刺される」=43,5%

「食われる」=39,8%

「かまれる」=14,9%

で、全国の分布は

「刺される」21=北海道、秋田、栃木、茨城、千葉、埼玉、神奈川、静岡、岐阜、三重、

奈良、和歌山、大阪、滋賀、京都、兵庫、岡山、山口、福岡、大分、熊本

「食われる」15=青森、宮城、山形、新潟、富山、石川、福井、群馬、東京、愛知、

徳島、愛媛、長崎、鹿児島、沖縄

「かまれる」5=鳥取、島根、広島、香川、宮崎

「刺される/食われる」4=岩手、福島、山梨、長野

「刺される/かまれる」1=高知

★その他・少数意見

「くっつかれる」=山梨(22,2%)、静岡(8,3%)

「吸われる」=奈良(9,1%)、市が(5,6%)

「かぶられる」=埼玉(2,0%)、福岡(2,2%)

だそうです。これらを通じて、

『「刺される」が全国で広く使われているのに対し、「食われる」は主に東日本、「かまれる」は主に西日本に浸透していることが確認された。』

としています。

そして翌日の12月13日には、分布の解釈に関して、やや修正というか、

『「食われる」は西日本でも浸透。関西でもかなり使う』

と題して、また日本地図が。

http://j-town.net/osaka/research/results/197921.html?p=all

「蚊に食われる」

を選んだ割合(Jタウンネット調べ)を記して、

「50%以上」13=青森、岩手、宮城、山形、福島、新潟、長野、富山、石川、福井、

長崎、鹿児島、沖縄

「30~50%」20=北海道、秋田、茨城、千葉、埼玉、東京、群馬、神奈川、山梨、静岡、愛知、岐阜、滋賀、大阪、岡山、徳島、高知、愛媛、福岡、熊本

「20~30%」7=栃木、三重、和歌山、兵庫、鳥取、山口、大分

「20%未満」6=京都、奈良、広島、島根、佐賀、宮崎

また、同じく、

「蚊にかまれる」

を選んだ割合は、

「50%以上」3=鳥取、島根、宮崎

「30~50%」5=京都、奈良、和歌山、兵庫、高知

「20~30%」7=山形、滋賀、大阪、徳島、愛媛、山口、長崎

「20%未満」=たくさん(残り全部)

という状況で、「山形」以外はほとんど西日本だけです。

筆者は、

『「東の食われる、西のかまれる」というよりは、ほぼ全国区の「食われる」に対し、関西~中・四国に「かまれる」が食い込んでいる状態。関西では、食われる・かまれるが混在している状態。関西人だからといって「かまれる」とは限らない。』

『「境界線」は東は滋賀、西は山口、南は香川といったところだろう。』

と記しています。更に、言葉の広がり方として「3つの仮説」を立てています。それは、

(1) 元々、西日本は「かまれる」だった。そこへ大阪へ「食われる」が上陸し、関西全体に広がった。

(2) 元々、全国的に「食われる」だった。そこへ広島あたりから「かまれる」が入って来て広がった。

(3) 「食われる」がより古い言葉で、京都から同心円状に広がり、その後「かまれる」が新たに流行り、再び同心円状に広がった。東日本で根付いた「食われる」が逆輸入され、関西で「かまれる」と混在するようになった。

私は、柳田国男の「蝸牛考」の「方言集圏論」である(3)番の意見を支持しますね。

また、「青森」「山形」あたりに、西日本系の言葉が残っていることに関しては、

「北前船の影響」

が残っているのだと思います。

 

私は個人的には「刺される」「かまれる」「食われる」、全部、違和感なく使います。

(2015、7、21)

2015年7月22日 19:58 | コメント (0)