Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

4930「与太郎のアナウンス研修」

 

アナウンス部の後輩たちの失敗、放送に出なければ「笑い奈話」で済みますが、出てしまうと大変です。でも、時々出てしまうことがあります。いろいろと教育をしているつもりですが、100%防ぐことはとても難しい。だからと言って、注意してばかり、叱ってばかりでは萎縮してしまう・・・そこで、笑いながら「ああ、あれは間違いなんだ!」と気付いてもらい、印象付けるにはどうすればいいかと考えて、失敗談を「落語風」にしてみました。落語で、失敗をする人と言えばやはり「与太郎」。そこで、与太郎がアナウンサーを目指したら・・・というお話を作ってみました。

 

 

与太郎(与太)「こんちはー」

ご隠居「おや、与太郎か。まあこっちにお上がり」

与太「言われなくても、もう上がってらい」

隠居「なんだね早いね、どうも」

与太「ご隠居さん、おいら仕事に就こうと思うんだ」

隠居「それは、お前さんにしては、なかなか見上げたもんだね。で、どんな仕事に?」

与太「『ア』が付く仕事だよ」

隠居「『ア』が付く・・・それは夜働く仕事かい?」

与太「早朝も働くけど、夜も働くね」

隠居「・・・泥棒だな?」

与太「なんで泥棒なんだよ!『ア』が付いてないじゃないか」

隠居「じゃあ、『朝泥棒』」

与太「そんな仕事、無いよ!大体、立場が逆じゃないか、古典落語と!」

隠居「おやおや、少し見ない間に、お前さん勉強したね。で、その『ア』の付く仕事ってえのは、なんだい?」

与太「アナウンサーだよ!」

隠居「アナウンサー!?あのアナウンサーかい?ニュースを読んだり司会をしたりする。『穴があったら入りたいさー』の間違いじゃないのかい?」

与太「ニュースを読んだり司会をしたりする、そのアナウンサーだよ!」

隠居「でもアナウンサーの試験は難しいんだろ。勉強はしたのかい?」

与太「エッヘン!・・・全然してない。」

隠居「それじゃあ、受からないじゃないか」

与太「だからここに勉強しに来たんだい。ご隠居さん、おいらをアナウンサー試験に受かるように訓練しとくれよ!」

隠居「おやおや、たまに顔を見せたと思ったら、そういうことかい。しょうがねえなあ、こいつは」

与太「"しょうが"なくても、"福神漬け"があらい!」

隠居「だれが漬物の話をしたよ。口だけは達者だな」

与太「口が達者だから、アナウンサーになるんだい!」

隠居「わかった、わかったよ。アナウンサーの訓練ってやつをやってやるよ。これでも昔はアナウンサーで鳴らしたんだ」

与太「え!ご隠居さん、アナウンサーやってたのかい?」

隠居「ああ、小学校の放送部でな」

与太「なぁんだ、小学校か」

隠居「なぁんだってヤツがあるか。お前さんよりはずっと上だ。それじゃあ、私について

同じように言ってみろ。『アメンボ赤いな、アイウエオ』、ハイ!」

与太「・・・」

隠居「どした?続けて同じように言ってみろ。『アメンボ赤いな、アイウエオ』だ」

与太「ご隠居さん」

隠居「なんだ?」

与太「ウソを言ちゃあいけない」

隠居「何がウソだ、人聞きの悪い!」

与太「だって・・・アメンボって・・・赤いかい?」

隠居「なんだ、そんなところで悩んでやがる。いいんだよ、そんなこたあ、口と舌が回る練習の文章なんだから」

与太「でもさあ・・・アメンボは・・黒いよ」

隠居「だーかーらー。滑舌練習なんだよ」

与太「ウソは良くないな。真実を報道するアナウンサーがウソのことは言えない!」

隠居「あーうるさい、わかったわかった。じゃあこうしよう、

『アメンボ黒いな、アイウエオ』」

与太「それならいいや。『アメンボ黒いまアイウエニョ...』あたッ。舌かんじゃった!」

隠居「どうしようもねえなぁ、ほんとに」

与太「ご隠居さん」

隠居「なんだよ、今度は」

与太「こんなアメンボの話じゃあなくて、ニュース原稿の練習をさしておくれよ」

隠居「なんだか生意気だね。じゃあ、これだ、読めるものなら読んでもらおうか。ホラッ!」

与太「パナソニックは、カミ半期の業績を『カミガタ』修正しました」

隠居「『カミガタ』修正じゃないよ、床屋じゃあるまいし」

与太「でも『上』に『方』と書いたら『カミガタ』だろ。『カミガタ落語』に『カミガタ漫才』、『カミガタお笑い大賞』は読売テレビだ」

隠居「ヘンなところに妙にくわしいね。でも『カミガタ』じゃあない」

与太「え?じゃあ『ウエガタ』?」

隠居「そうじゃあーねえよ。『ジョーホー』って読むんだよ」

与太「ああ、ジョーホー化社会」

隠居「シャレてんじゃないよ、そんな漢字も読めないくせに。じゃあこれはどうだ?スポーツニュースの原稿だ」

与太「ドラフトの目玉は、甲子園を沸かせた『ミギウデ』です」

隠居「それは『ミギウデ』じゃないよ」

与太「え?『ヒダリウデ』」

隠居「バカッ!『左』のわけねえじゃねえか」

与太「この漢字は『ミギ』だろ?」

隠居「『ミギ』だね」

与太「で、こっちは『ウデ』でしょ」

隠居「『ウデ』だね」

与太「じゃあ、『ミギウデ』で合ってるじゃねーか。ほんとにいじめやがって。教育委員会に言いつけてやる」

隠居「そういうことは知ってやがるんだ。あのなあ、漢字には『音読み』ってえのと『訓読み』ってえのがあって、この場合は野球のピッチャーのことだから『音読み』で『ウワン』って読むんだよ」

与太「(怒って)そんなの『ミギウデ』でも『ウワン』でもわかりゃあ、いいじゃないか!」

隠居「何、怒ってやがるッ。お前さんが教えてくれと言ったから、教えてやってるのに、なんだ、その態度は!(ポカッ)」

与太「ウワーン、ご隠居さんが殴ったあー、ウワーン、ウワーン(右腕)!」

隠居「そうそう、最初から、そう言えばいいんだよ」

(了)

 

(2013、1、7)

2013年1月 8日 23:02 | コメント (0)